JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

5月に左扁桃炎膿傷で入院、7月に右扁桃炎膿傷で入院しました。内科の医師ですが(た近くに入院施設備えた耳鼻咽喉科がない

解決済みの質問:

5月に左扁桃炎膿傷で入院、7月に右扁桃炎膿傷で入院しました。内科の医師ですが(た近くに入院施設備えた耳鼻咽喉科がないのです)咽頭培養していただいたり、菌に合った抗生剤を試していただいたりと一生懸命して下さり3日ほどで退院しました、入院も、3年ほど前に同じ病気で耳鼻咽喉科にかかったところ医師より、入院点滴が早いと言わ れ治療した経緯より、今回2回ともこちらからお願いした形でした。39℃まで熱が上がりましたので自分では入院は正解だったかと思ってます。咽頭培養の結果は溶連菌とわかりましたが、子供と接する機会が全くない環境なので、医師も首かしげていました。溶連菌でここまでひどくなるものなのですか?あと扁桃摘出手術した方がいいのでしようか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
一般に2度の扁桃炎膿傷を持った場合は扁桃摘出手術をすることが望まれます。免疫機能の減弱の可能性はあります。しかし、扁桃炎膿傷以外の頻繁の感染がないならばその可能性はないと思います。未だ同定されない因子がその原因として関係しているかもしれません。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問