JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

数年前より身体のあちこちが内出血しやすく少し変かな?と漠然と感じていましたが、最近皮膚に黄色(黄緑色)の跡のようなも

解決済みの質問:

数年前より身体のあちこちが内出血しやすく少し変かな?と漠然と感じていましたが、最近皮膚に黄色(黄緑色)の跡のようなものも出来ては消えの症状があります。
また1週間ほど前から少し生活の中で貧血ぎみのような 感じもあり手のしびれなども少しあります。

今年2/14に受けた人間ドックの血液検査の結果中に全く無知なのですが結果を見ると血清蛋白・アルブミン、3.8とA/G比1.23と少し所見の異常値はありました。
どうも食欲もなく何か重大な病か?と心配の日を送っています。
近いうちに病院を受診しようと思いますが専門の先生のお話をお聞きしたいのですが
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
貧血ぎみのような 感じとはどんな感じですか。他になにか症状はありますか。何かきっかけのようなことに気ずいていますか。
他に病気がありますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

身長169cm 体重 61kgです。食欲もあまりないのですが若干1~2kg


以前より減り気味です。


 


貧血はじっとしているとき身体がふわふわした感がありなにかしっかりとした感じがないというような日常生活です。特別なきっかけはない様なきがしますが


ほんの一週間から10日前からそんな感じです。


 


逆流性食道炎は3~4年前から胸やけ胃の違和感などあり内視鏡でもドックで指摘を受けて薬を処方されています。


後、慢性の腰痛と首から方にかけてのはりが現在はあるところです。


 


父親が54歳で重度の脳梗塞でほぼ全身麻痺状態になり33年間の闘病生活を続けています。弟も5年前に軽い脳梗塞を発症しています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
漠然とした症状で病気をしぼることが容易ではありません。
内科を受診して一般的身体所見の検査と血液検査、尿検査、便鮮血の検査をしてもらってください。最近、内視鏡をうけていないなら内視鏡の検査を受けてください。50歳を超えていますから大腸ファイバーの検査を受けていないようなら検査をしてもらってください。慢性の腰痛にしてレントゲンを念のため撮ってもらってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

皮膚に出る内出血の跡は結構病気の前兆や症状とばかりではないのでしょうか? 体質とかで?


貧血っぽい?などで血液内科の受診でいいでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
内出血をおこしやすいなら血液検査で分かる可能性があります。数年前からあり血液検査で何も異常はないのは不思議です。しかし、どこまでの血液検査をしたか分かりません。普通の血液検査では凝固能の検査は行ないません。まずは大きな病院の総合内科を受診してみてください。それで異常が見つかれば専門の内科に回されるはずです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

20年近く近隣の病院で人間ドックを受け今年2月に検査した項目に


血清蛋白・アルブミン、3.8とA/G比1.23と少し所見の異常値はありました。 それ自体いまの症状と関連が少しでも関係あるのかどうかはやはりもっと詳しい別の検査もあるということなのですか?


総合病院に行くときに直近で受けたドックの結果などは持って行ってもプラスにはならないのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
アルブミンは多少低下しています。次の可能性があります。
肝機能疾患
栄養不足
膠原病
悪性リンパ種
関節リウマチ
慢性感染症
ネフローゼ症候群

A(アルブミン)/G(グロブリン)比が正常下限であり、それはアルブミンの低下が原因と考えられます。しかし、グロブリンの増加も否定はできません。
グロブリンの上昇を反 映した病態
多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、膠原病、肝疾患(肝炎、肝硬変)、慢性感染症 など

しかし、現在の状態はドックの結果の時より悪い状態で血液検査の中のほかの項目に異常が表れたかもしれません。一般に肝機能が低下すると血液凝固に関与するタンパクの肝臓での合成が低下し、出血傾向を起こすことが有ります。直近で受けたドックの結果を持っていくことはその時の血液検査の結果と比較する上で参考になると思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

詳しく説明をしていただきありがとうございました。


可能性のある病気の中に心配していた疾病があったので大変心中おだやかではないのですができるだけ早く受診したいと思います。

医療 についての関連する質問