JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2813
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

手術室勤務のナースです。 ラテックスアレルギー陽性の8歳男児の手術があります。整形外科手術で筋肉・腱の手術です。

質問者の質問

手術室勤務のナースです。
ラテックスアレルギー陽性の8歳男児の手術があります。整形外科手術で筋肉・腱の手術です。
初めての事なので麻酔科医の指示の元で手術室で使用する物品・器具などラテックスフリーであることを確認し、当然グローブも準備しました 。
経験年数6年足らずの准看護師がおり、「体に留置するもの(バルーンカテーテルなど)は危険だけど、グローブは手術中しか接触しないし食べる(体内に入れる)訳ではないので危険性は少ない」と勝手な解釈をして譲りません。
普段から(知識が無いゆえの)医療従事者とは思えないような発言も多く、同僚からもあきれられています。過去には『レントゲン撮影や透視はスイッチを切れば直ぐに履影響が無くなるのだからEOGガスも同様に残留ガスの影響は瞬時に消える』と言っていました。
彼女にも理解できるように説明したいのですが、アドバイスお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

発達障害かパーソナリティ障害か何かをおもちなのかもしれませんが(経験年数の問題ではないでしょう)、その准看護師さんは、医療者向けの人材ではないのではないでしょうか(他のどのような職業に向いているのかは判じかねますが)。

その方に、今回のこの件について「理解できるように説明」したとしても、次にまた別の問題が起きるでしょう。

その方には辞めていただいた方が患者様のためでもあり、組織防衛上の視点からも正しい対処ではないかと愚考しますが、病院側としてはあくまで、その方の社会技能訓練の場として手術室を利用されるご意向なのでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

質問者: 返答済み 4 年 前.

早々に回答いただきありがとうございます。
私としては准看護師の処遇ではなく具体的に、例えば接触だけが発症リスクではなく、切開部の粘膜や静脈からの吸収やラテックスパウダーの呼吸器経由の吸収もあることに加えて、他にも何かないかな・・・とアドバイスを求めたのです。


私の現段階の知識ではこれくらいで恥ずかしいのですが、他に具体的に説明できそうな部分はありますか?


 


(処遇については様々な職員・患者からもクレームがあり、以前から解雇すべきレベルでは…といわれています)

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

どのように具体的に説明しようがその方が持論を曲げないから相談者様も困られているのではないかと推察します。
正当な理屈を受容して自分の思い込みを修正する能力が無い方にいくら理屈を積み重ねても無為な努力に終わる可能性が高いと考えます。

その方でも理解できるような次元での説明ーー然るべき立場の方からの業務命令等の強制力をもって、その方が納得していようがいまいがラテックスを含む器材を使わせないというアプローチをとられるべきでしょう。

理屈で論破しようとしても、その方の特性とは噛み合わないと考えます。
ラテックスアレルギーがある患者様の手術においてラテックス含有器材を用いない理由として「接触だけが発症リスクではなく、切開部の粘膜や静脈からの吸収やラテックスパウダーの呼吸器経由の吸収もある」以上の説明があるとは思えないのですが。

相談者様の努力の方向が、エネルギーの浪費になっているのではないかと懸念致します。
仮にその方を論破できず、納得させられなかったら、その患者様の手術において、その方がラテックスグローブを使用することを認めるのですか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

最初の質問にも書きましたが、彼女は『グローブは手術中しか接触しないし食べる(体内に入れる)訳ではないので危険性は少ない』と言っています。さすがにゼロとまでは思っていないようです。


アレルギーの事実を知ったのが3日前で、私がラテックスフリーのグローブを業者に発注し何とか当日の午前中には届き、オペは可能になったのですが、『何をそんなに必死になってるの?』と感じていたようです。


 


猫山さんの『仮にその方を論破できず、納得させられなかったら、その患者様の手術において、その方がラテックスグローブを使用することを認めるのですか?』という問いかけに対しては、当然 NO です。しっかり勉強してから改めて考えなさい、と言ってもいいですし、私の上には師長も麻酔科医も院長もいますので手に負えないと判断したら報告して適切に対処します。

私としてはアレルギー専門医や皮膚科医からの回答を期待していたのでこれ以上の回答は結構です。


ありがとうございました。

医療 についての関連する質問