JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

31歳主人が1年ほど前から脱法ハーブを吸い始め、ストレスやプレッシャーからハーブを止めれなくなりました。最近になって

解決済みの質問:

31歳主人が1年ほど前から脱法ハーブを吸い始め、ストレスやプレッシャーからハーブを止めれなくなりました。最近になって本人も自分の体の異常を感じ1週間程は吸っていないそうです。食欲不振、胃のもたれ、手のしびれ、発汗、倦怠感、喉の不快感、のどの渇き、不眠
、集中力の低下の症状に悩まされています。自律神経失調症の症状かと思い調べていたのですが、ネットでいろいろ検索すると脱法ハーブの離脱症状と似ています。本人には治療意思があります。しかしどのように、どこで治療すればいいかわかりません。ご教授ください
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
猫山です。
ご指名ありがとうございます。

経過から判断致しますに、現在ご主人が呈されている症状は、ハーブの離脱症状である可能性が高いでしょう。
離脱症状であれば、脳の可逆的な変化ですから、我慢していれば次第に治まっていきます。

ご本人に治療意欲がおありであるとのことですが、これは離脱症状に対する対症的な治療に意欲があるということでしょうか?

そ れとも、このままハーブの使用を止め続ける自信がないので、依存症としての治療を受けられたいということでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

返答ありがとうございます。


本人は脱法ハーブの危険性、自分自身の精神状態がおかしくなる事からもう使用したくない止めたいと思っています。現在使用をやめ離脱症状に苦しんでいるという状態です。このまま我慢していればいずれ治まり、普通の状態に戻るのか、それとも治療が必要なのかわからない状態です。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

脱法ハーブの難しいところは、化学的に精製された物質とは異なり、不純物も多く混ざっていること、そして覚醒剤や麻薬と違って、動物実験のデータや臨床知見の蓄積が困難であるために副作用や離脱症状についての予測が難しい点です。

ご主人においても、従って、1年間にも及ぶハーブの使用によって脳に不可逆的な変化が起こっている可能性が0であるとは申しませんが、このままハーブの使用を中止し続けられれば離脱症状は軽減・消失していく可能性が大です。

ただし、それが辛くてハーブを再開してしまう患者様が少なくないことも事実です。
また、ハーブ依存を含む薬物依存症は、いちど断薬できても再開を繰り替えす経過をたどることが多い疾患です。
http://mainichi.jp/feature/news/20130121ddm013100020000c.html

薬物依存の専門外来を有する精神科医療機関を受診されることをお勧めいたします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)。
離脱症状を和らげる対象治療についても受けられると思われます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問