JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在68歳の女性です、4月10日ぐらいから、咳が酷くとまらない状態が現在までつずき、行きつけの内科で受診、CT検査を

解決済みの質問:

現在68歳の女性です、4月10日ぐらいから、咳が酷くとまらない状態が現在までつずき、行きつけの内科で受診、CT検査をしていただいたところ,肺が少し白くなっていて、肺炎の疑いがあると言われましたが、血液検査の結果、マイコプラズマ抗体:CFが、4未満 で、百日咳との診断でした、
ですが未だに夕方になると咳が酷く出ます、 セカンドオピニオンとしては何科で診療していただくのがベストなのでしょうか?  ちなみに現在服用の薬は、クラリチンレデイタブ10、と、 
オノン112,5mgを毎日、朝服用しています、よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

ご記載のような症状、検査所見を呈されているのであれば、セカンドオピニオン(もしくは転院)先として受診されるべきは呼吸器内科ということになります。

「行きつけの内科」もCT検査ができるくらいですから一定以上の規模の病院名のではないかと推察しますが、「呼吸器内科」は標榜されていないのでしょうか?

相談者様は患者様ご本人ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

行き付けの内科は消化器内科で、CT検査は別の病院を紹介してもらいました〖逓信病院〗です。 相談者は患者の夫です、症状は咳が酷いのと痰が咽に絡んで出にくいので苦労しています、血液検査の報告書で特に目に ついたのはALT(GOT)36 ALT(GPT)30 γーGT(γーGTP)57


CRP定量 2,63  百日咳抗体:EIA  PT16  FHA31  マイコプラズマ抗体:CF 4未満  といった数値です、


ご検討よろしくお願いいたします。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず血液検査所見の見方から。

ALT(GOT)36 ALT(GPT)30 γーGT(γーGTP)57
これは肝機能の検査値で、すべて正常値です。

マイコプラズマ抗体:CF 4未満
これは咳が止まらないことが特徴の呼吸器疾患の一つであるマイコプラズマ肺炎の原因菌であるマイコプラズマが感染した痕跡(抗体)があるかどうかを調べる検査です。PA法とCF法という2つの検査法がありますが、この病院ではCF法が採用されているということでしょう。CF法の4倍未満は陰性ですので、マイコプラズマ肺炎の可能性は低いということになります。
http://www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/63.html

百日咳抗体:EIA  PT16  FHA31

EIAはやはり検査法の名前です。PTは百日咳毒素、FHAは線維状赤血球凝集素に対する抗体で、どちらも10未満が正常値ですから、相談者様は、百日咳にかかっているか、百日咳菌に感染しているか、百日咳の予防接種を受けたことがあるということを意味します。
http://www.kensin-kensa.com/archives/cat31/eiapt-iggfha-igg/
ただ通常、これだけで百日咳の確定診断は下せません。上記リンクにあるように、さらなる血液検査が診断のためには必要です(相談者様に百日咳の予防接種歴が無い場合は別です。今回の検査だけで百日咳の可能性が大となります。ただ、それでも16と31では確定診断するには低めですが)。

CRP定量 2,63
これは体の中に炎症が起きていることを示す値です。体のどこに炎症が起きているか、何が原因で炎症が起きているのか、まではわかりません。
これとレントゲン写真の所見を合わせて、「肺炎」という診断がくだったわけです。

ただ、上述したように、百日咳による肺炎という診断を決め打ちするには根拠はやや弱いように思います。専門の呼吸器内科でセカンドオピニオンを受けられた方がよいでしょう。
CT写真の借り出し等の手間が省けますから、逓信病院の中に呼吸器内科があるのであれば、そちらを受診されるのが、検査所見の共有という意味では効率的です。

逓信病院に呼吸器内科が無い場合は、他院の呼吸器内科を受診されるのがよいでしょう。
下記のサイトから、日本呼吸器学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、レベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医名簿】
http://www.jrs.or.jp/home/modules/myaddress/viewcat.php?mode=1&cid=1

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問