JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

乳幼児期に、股関節症になりました。 出産を機に痛み出し、今では(現在50歳〉足があがらなくなり、洗面時、もとの体勢

質問者の質問

乳幼児期に、股関節症になりました。
出産を機に痛み出し、今では(現在50歳〉足があがらな くなり、洗面時、もとの体勢に戻すのに、カクンカクンとなり、激痛がはしります。
かかりつけの整形外科医から、手術するしか治らないといわれました。
手術は覚悟していますが、ある事件がきっかけで、強迫神経症と診断され、特に汚物がだめで、もう
20年にもなるのに、いまだに、手とか、何回も洗ってしまいます。
そんな私が、一ヶ月もの入院に耐えられるのか、リハビリができるのか、とても不安です。
きれいな病室で、手術もうまくいって・・・などということが、可能なのでしょうか?
今の外科医からは、当然、手術のうまい医者にかかるのが当然でしょう・・と言われましたが、私の頭の中では、きれいな病室が優先なのです。そんな都合のいい病院を探していますが、私の住む愛知県では、見つかりません。
もう頭の中が爆発しそうです。
あと、私のいない間の家のことも気がかりです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
強迫神経症に対して何か治療を受けていますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

前にも書き込みしたように、月に一回心療内科に通院し、ワイパックス、レクサプロ、メイラックスを処方してもらっています。


カウンセリングは、受けていません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
強迫神経症は完治することは難しいですがその症状を軽減することはできます。薬の他に認知行動療法というカウンセリングを受けてください。認知行動療法は強迫的な行動がもはや必要で なくなるようにあなたの思考パターンとルーチンの再訓練が含まれてます。特にその一つは暴露と応答の予防と呼ばれています。この治療は汚れのような脅威を与えるものにあなたを徐々に曝してあなたにその不安に対処する健康的な方法を教えることを含みます。そのテクニックと新しい思考パタ−ンを学ぶことは努力と練習が必要です。
精神科の担当医に手術のことを話してカウンセリングを受けてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。


心療内科にかかった当初は、カウンセリングを何回か、受けました。


違う医者にもかかり、そこでもカウンセリングを受けました。


しかし、どこの医者も、大学を出たばかりのような若い人達ばかりで、カウンセラーという人達との間に不信感ばかりがつのり、カウンセリングをやめました。


信頼関係がつくれなかったのです。


今、通院している心療内科のドクターには、そういういきさつを話してあります。ですから、カウンセリングをうけるようには言われません。


ただし、手術の件は、深くは話をしたことがありませんでしたので、次回、話をしてみます。今、更年期真っ只中で、ホットフラッシュ、倦怠感、うつ、等々を中心に診療を受けていました。


あと、先回、きれいな病室でとか書き込みましたが、勿論、お金を出せばホテルのような病室があることは、わかっています。ただ残念なことに、私は、ごく普通のサラリーマンの妻。個室・トイレ・シャワー付・・・・・・・・・・・・・・・・で、我慢するしかない、と考えているうちに、我慢するしかない、我慢できそう・・・と、思えるようになってきたような・・・。


それに、あまり時間的余裕がないのも事実で。私の場合、両脚とも股関節脱臼なのです。頼りになる母も80歳。


今の整形では、浜松医科大学、岡崎市民病院を薦められています。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございました。


心療内科にかかった当初は、カウンセリングを何回か、受けました。


違う医者にもかかり、そこでもカウンセリングを受けました。


しかし、どこの医者も、大学を出たばかりのような若い人達ばかりで、カウンセラーという人達との間に不信感ばかりがつのり、カウンセリングをやめました。


信頼関係がつくれなかったのです。


今、通院している心療内科のドクターには、そういういきさつを話してあります。ですから、カウンセリングをうけるようには言われません。


ただし、手術の件は、深くは話をしたことがありませんでしたので、次回、話をしてみます。今、更年期真っ只中で、ホットフラッシュ、倦怠感、うつ、等々を中心に診療を受けていました。


あと、先回、きれいな病室でとか書き込みましたが、勿論、お金を出せばホテルのような病室があることは、わかっています。ただ残念なことに、私は、ごく普通のサラリーマンの妻。個室・トイレ・シャワー付・・・・・・・・・・・・・・・・で、我慢するしかない、と考えているうちに、我慢するしかない、我慢できそう・・・と、思えるようになってきたような・・・。


それに、あまり時間的余裕がないのも事実で。私の場合、両脚とも股関節脱臼なのです。頼りになる母も80歳。


今の整形では、浜松医科大学、岡崎市民病院を薦められています。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
分かりました。浜松医科大学、岡崎市民病院のような大きな病院のトイレ・シャワー付の個室であれば十分にきれいであると思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

またの質問で申し訳ありません。


どこの病院でも、入院期間は、一ヶ月くらいとなってしまうのでしょうか?


症状にもよると思いますが、もっと短期間で退院できるところはあるのでしょうか?


また、手術後、動いてはいけない期間は、2日程度ですか?


というのは、紙おむつとかされるのですか?


 


システムについて質問してもいいですか?


何度でも¥4050で質問できるのは、何日間だったでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
その手術は片方の股関節ですか。どのような手術になるのでしょうか。人工股関節にするのですか。同じ質問の内容であればここで制限なく¥4050で質問できます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

たぶん、片方づつの人工股関節だと思います。


その辺も聞きたくて、先日、医者に行ったのですが、医師は半年以上前の


レントゲン写真をみて、後は、入院する医者を決めるだけだね・・・。と言って他の患者に。


医師は、「前の病院で何件も手術してるから、大丈夫、大丈夫。」と言いますが、私にとっては、金槌や、トンカチ、電動のこぎりで、ガーっト・・・。


大事です。


整形には、股関節専門ということで、週に一回、浜松医科大から岩瀬Drと、岡崎市民病院から鳥居というDrが、診察にきていますが、Drによって、言われることが、全然違ったりして、その辺も悩める問題です。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
片方ずつ行なうことも両方同時の行なうこともできます。両側一度に手術をおこなうと、入院も一度で済み、痛いのも一度で済むというメリットがあります。デメリットは、両方の脚の長さを同じに調節することに関しての医師のストレスがあります。入院期間は3~4週間で手術の翌日から車椅子に乗り、歩行練習や関節を動かす訓練を開始します。早く体を動かすことが退院を早め、術後、機能の回復を早め、血栓等の合併症の危険性を軽減します。紙おむつをつけることはしません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

有難うございました。


医師、病院は、診ていただいた方の中から、もう少し考えて、家族とも相談し、決めることにします。


一回で両脚・・・は、リハビリが大変とも聞きましたが・・・

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
最小侵襲手術を行なえばその入院期間は両側で8日くらいです。次のサイトの動画3、4を見てください。両側同時人工股関節置換術後の歩行です。
http://www.fff.or.jp/seikei/artificialjoint_center/tha.html
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


次回、先生に聞いてみます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


次回、先生に聞いてみます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

たびたびですみません。画像、見させていただきました。ありがとうございました。


MISを行っている病院は、まだ現在のところ少ないようですが、今後、増えていくものなのでしょうか。また、患者によっては、それが行えない場合もあるのでしょうか。


私が、見ていただこうかなと思った病院では、今のところ、手術実績はありません。


MISというものは、危険なものなのですか。それとも、まだ、新しい技術だからですか。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
今後、増えていくと確信しています。まだ、新しい技術でそれができる医師が少ないためと思われます。特に全身状態が悪くない限りはMISは可能で従来の手術よりはるかに侵襲は少ないです。
浜松医科大のサイトを見ましたが大学病院ですから当然の ように低侵襲手術を行なっています。http://www.hama-med.ac.jp/hos_clinic_orthopedic-surgery.html
岡崎市民病院のサイトでは低侵襲手術については何もいっていませんがやっている可能性は高いと思います。尋ねてみてください。http://www.okazakihospital.jp/part/seikei.html

医療 についての関連する質問