JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4104
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

現在交際中の彼(36歳)が、B型肝炎のキャリアであることが半年前に発覚しました。 それまでに、私(34歳)と性行為

解決済みの質問:

現在交際中の彼(36歳)が、B型肝炎のキャリアであることが半年前に発覚しました。
それまでに、私(34歳)と性行為があったため感染しているか不安です。
その後、血液検査は、二回ほどして何の異常も見られませんでした。
しかし、現在海外に住んでいるため、こちらの病院での検査結果になります。
あと数日で一旦日本に帰るため、健康診断を受けようと思ってるんですが、他に詳細を検査する方法はあるんでしょうか?
ちなみに、彼は日本と韓国のハーフで生まれはアメリカです。
そして、日本人の母親からの母子感染です。B型肝炎でも国によってタイプがあると思うんですが、日本人以外の人から感染した場合、劇症化して死に至ることもあるとの事なので、不安です。
ご回答のほど、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
アジアでは遺伝型としてBとCがあります。BとCは母子感染を起こす傾向があります。BとCは慢性肝炎になりやすくAは急性肝炎になり易いです。また、BはBaとBjの二つのタイプがありBaは多くのアジアの国に見つけられますがBjはもっぱら日本で認められます。日本での劇症肝炎はBjと関係していることが報告されています。
ところであなたはB型肝炎のワクチンを子供の頃に打っていませんか。B型肝炎のワクチンにより感染を予防できます。今、打っても効果はあります。免疫ができたかどうかは血液検査でHBs抗体が10 mIU/mLであれば免疫がついたことになります。その免疫は22年までつずきます。また、慢性B型肝炎から肝癌への移行を防ぐことができます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。



 彼が、B型のどちらのタイプかはわかりません。


ワクチンを打つことによってどちらのタイプ(BA/BJ)にも対応でき、感染などを予防できると受けとってよろしいんでしょうか?


 


 子供の頃、肝炎ワクチンを受けているかどうか、まだ確認できていません。もし受けていなかった場合、抗体検査を受け、抗体がなければ、ワクチンも受けたいと思います。


 


 しかし、


現在日本の保険がないため、抗体検査やワクチンを受けるのに約どれくらいの費用がかかるのか


 


 そして、


日本の滞在期間は2週間の予定の為、ワクチンが1回で済ませられるのかも、気になります。


 


再度、ご回答の程よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
日本で通常使用出来るB型肝炎ワクチンには、化血研製の国産ワクチンであるビームゲンと、アメリカのメルク社製の輸入ワクチンである、ヘプタバックス‐Ⅱです。両者の一番の違いは、元にしたウイルスの抗原の違いで、ビームゲンは日本でこれまで流行の主体であった、C型という遺伝子型の抗原を使用していますが、ヘプタバック ス‐Ⅱは、海外で流行いているA型と呼ばれる遺伝子型の抗原を、使用しています。1つの問題は、遺伝子のタイプの違う抗原を使用したワクチンが、そのウイルスの抗原とは異なるタイプのウイルスに対して、果たして同じような効果があるのだろうか、ということです。基礎実験のデータとしては、ワクチンに含まれる抗原により、異なる遺伝子のタイプのウイルスに対しても、中和抗体として充分な働きが認められた、という報告は存在します。
米国のENGERIX-BとRECOMBIVAX HBはB型肝炎ウイルスの全てのタイプに有効であると報告されています。0ヶ月、1ヶ月、6ヶ月と三回打つことが必要です。日本でも同じです。米国でHBsAbのタイターを調べて、それがなければ米国で保険があるなら米国でワクチンを受けてはどうかと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます。


 


日本でワクチンを受けるのと、米国でとなると、料金形態はどのようになりますか?ちなみに、米国での保険は予防接種となると保険外になります。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
B型肝炎ワクチンは事故で感染力の高いウイルス(HBe抗原陽性)の汚染を受けた直 後にHBグロブリンを投与し、続けてワクチンを接種(直後、1、3~6カ月の3回)する事でB型肝炎の発病を抑えることができます。この場合にはワクチン費用は業務上は労災保険又は業務でなければ健康保険の適応になります。B型肝炎の患者の親族(その患者と同居する者に限ります。)のB型肝炎ワクチンの接種に要した費用については、医師による診療又は治療を受けるため直接必要な費用として医療費控除の対象に取り扱われています。B型肝炎ワクチンの接種に要した費用について医療費控除を受けるためには、B型肝炎にかかっており医師による継続的治療を要する旨の記載のある医師の診断書と、B型肝炎ワクチンの接種に要した費用の領収書を、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することが必要です。
しかし、あなたの場合は自費となります。費用はその医療機関でまちまちです。私の調べたところでは安いところでは費用は1回の受診ごとに¥4,000円です(採血料、診察料、注射料等含む)。高いところでは1回の受診ごとに¥8,000円です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

再度、申し訳ありません。



出来れば、米国のENGERIX-BとRECOMBIVAXを受けたいなと思ってます。ハワイの医療機関で受ける場合、料金はどれくらいになりますか?


 


また、日本で1回目接種して、2回目3回目をハワイでというのは、可能なんでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.

ENGERIX-Bは一回の注射が$50くらいでRECOMBIVAXは$60くらいです。日本で1回目接種して、2回目3回目をハワイでというのは、可能ですが、ワクチンの種類は変わります。しかし、本質的に対して変わりはありません。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問