JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

足首伸筋健断裂の手術後のリハビリの期間について教えてください。

解決済みの質問:

足首伸筋健断裂の手術後のリハビリの期間について教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
6週間以降からは、装具に切り替えます。取り外しができるので、取り外してお風呂に入れます。回復にあわせて踵の部分の高さが変えられ、約1週間ごとに上げ底式の踵部分を低くしていきます。最終的に踵が床につく状態にまでもって行きます。
ギプス解除後は硬くなった足首の動きを元に戻すように努力し、ふくらはぎの筋力をつけていきます。しかし、ギプスをとった時期が一番再裁断列の恐れがありので断裂部分にできるだけ負荷をかけずに運動することが大 切です。
8週間ほどからゴムチューブを使ってすねの筋肉を強化するために背屈運動、足のふくらはぎの筋肉や足を下へ向けるする筋肉の強化運動、腓骨筋の強化を行ないます。
10週ぐらいから、カーフレイズを行いふくらはぎの力を強化します。
12週以降になると、バランスボードで感覚訓練を行います。
14週位にハーフスクワットを開始します。
3ヶ月ぐらいで軽いジョギングや水泳などの運動を始めます。
6ヶ月ぐらいで、断裂前の状態に戻ることができます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

1.”ギプスをとった時期が一番再裁断列の恐れがありので断裂部分にできるだけ負荷をかけずに運動することが大 切です”負荷をかけずに運動を具体的に


2.ギブスを外しから8週間までをもう少し詳しく


3.体重をかけても断裂部(前脛骨筋!)には、負荷は及ばない気がしますが?


上記3点について回答を宜しくお願い致します。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
足首伸筋(足首を伸ばす筋肉-底屈)は腓腹筋・ヒラメ筋でアキレス腱の部分で断裂をよく起こします。前脛骨筋は足首を曲げる筋肉(背屈)で逆です。
アキレス腱の部分の断裂と思っていました。
話は違ってきます。
装具にかえる点は同じです。その後、ゴムチューブ等を使ったリハビリを行い、10週で普通の靴を履けるようになります。
ギプスをとった時期が一番再裁断列の恐れがありので断裂部分にできるだけ負荷をかけずに運動することが大 切です。体重をかけても断裂部には、負荷は及ぼしません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

医師が書いた病名をそのまま書いてしまい誤解を招き失礼しました。(足首部前脛骨筋全断裂と思われます→足首が伸びきってピクリとも動きませんでした)


 


ギブスをとった時期は、断裂部に負荷を掛けない方が良いと云う事でしょうか?


(ゴムチューブ等を使ったリハビリを行う場合、断裂部に負荷がかかると思いますが)


 


最後に再断裂の事例(どのような事をして起きたのか)が有れば教えてください。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
ギブスをとった時期は、断裂部に極度の負荷を掛けない方が良いという意味です。最初は軽度の負荷でリハビリを行ない、その後、徐々にその負荷を増大していきます。理学療法士が指導してくれると思います。リハビリ中以外は装具をつけているのでリハビリ中に理学療法士の指導に従えば再断裂の可能性は非常に少ないと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問