JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

首の痛みと微熱の症状があります。 1)掌蹠膿胞症:2010年秋〜冬にかけて、湿疹が出ました⇒ビオチンを飲み、半年ほ

解決済みの質問:

首の痛みと微熱の症状があります。
1)掌蹠膿胞症:2010年秋〜冬にかけて、湿疹が出ました⇒ビオチンを飲み、半年ほどで湿疹は消えました。2012年10月頃より、再び症状が出て、角化がひどくなったため、5月に皮膚科を受診。アンテベート+オキサロール軟膏を処方されました 。
2)首の痛み:6/10前後から寝起きに首の後部がこっているような感じがありました。6/19に上を見たとき、首の痛みがひどくなり、一日とれなくなりました。6/23には寝返りをうっても、寝ている間につばを飲み込んでも、痛みがありました。
6/24に整形外科受診。レントゲンの結果では、経年による頸椎の変形以上の症状はなし。ロキソニン処方。同日皮膚科に行き、掌蹠膿胞症関節炎の可能性について聞きましたが、「関係性はわからないし、調べようもない。」といわれました。
3)昨日、今日、微熱があります。37.3C。それ以前から熱があったかもしれませんが、測ったことがありませんでした。
何かを受診して、どのような検査を受けるべきでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
その痛みはどのような痛みですか。1を最も弱い痛み、10を最も強い痛みとすると1から10でどれにあたりますか。
その痛みはどこかに放散しますか。その痛みを軽減すること、悪化させることが有りますか 。首の後部はまだこっていますか。嘔気、嘔吐がありますか。頭痛がありますか。食欲はありますか。周りに似たような症状を持った方がいますか。他に何か症状がありますか。何かきっかけのようなことに気ずいていますか。
他に病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて何か薬を飲んでいますか。
家系に病気の方がいますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

1)身長:162cm、体重:49.8kg 夏と冬とで3kg程度の差があります。冬は51kg上限、夏は48kg下限。この範囲を超えると気になります。BMI18〜19。体脂肪率17〜19%。やや筋肉質。左右バランス差はほとんどなし、です。


 


2)身動きできない、運動範囲が限られる点では「激痛」です。痛みを訴えるとNRSで質問されることが多いのですが、正直なところ、何をもって10の痛みとするのか、判断がつきかねます。散剤を服用するために上を向くことができない点(主観的な痛みスケール)では「10」ですが、意識を消失するほどの痛み(客観的な痛みスケール)でない点では「10」ではありません。


 


3)当初のだるさ(凝った感覚)は、耳の後ろの骨突起と首の中心線との間のくぼみ部分左右両方、鍼灸の「風知」周辺。


痛みは首後部頸椎両側に下降。ただし、肩甲骨上端より下にはいかない。


ここ数日の拡散の方向=痛みの部位変化としては、首の後部上方から後部下方へ、首の側面から前方という感じです。


首の動きと連動する痛みは、上を向いた時に首後方全体、横を向いた時の痛みは耳下ではなく、首の前面中心両脇、顔と首の境のあたりに感じます。


 


4)どうしても上を向く必要がある時は、首の後ろに手を当てて、体全体をそらすような感じで上を見ています。このことにより、身長より上の位置にある棚のものをとる、洗濯物を干すなどの動作は可能です。散剤を飲むような真上を見る動作は全くできません。コップに入


れた水を飲む動作は、上体をそらす部類に入るため、可能です。


前方下方への運動制限はなく、あごを胸につけることができます。


 


5)凝りというより、首の周りに何か押し充てられているような、軽い圧迫感があります。


 


6)嘔気や嘔吐はまったくありません。


 


7)頭痛:ありません。


 


8)食欲:食べれば食べられますが、口を大きく開けると、3)で書いたような、首前面中心両脇に痛みが生じるため、消極的になります。整形外科で処方されたロキソニンを服用するために、食事をしています。


 


9)寡聞にして、同症状の人は知りません。整形外科、皮膚科でも情報提供はいっさいありませんでした。


 


10)他の症状:自覚していません。


 


11)きっかけ:思い当たることがありません。


 


12)手術:経験なし。(ついでに輸血もありません)


 


13)薬:昨日(6/24)整形外科で処方された、ロキソニン錠60mgとムコスタ錠100mgを一日3回毎食後服用指示。その他、皮膚科処方のビオチン酸0.2%「フソー」0.5g毎食後服用指示。外用薬ロキソニンテープ50mg 7cm×10cm一日一回貼付指示。


 


14)父が2011年1月に84歳で他界。死因は肺炎。母は86歳で健在。


 


単なる「ぎっくり首」なのか、掌蹠膿胞症その他由来のものなのか、その点を知りたいと思っています。「ぎっくり首」で発熱症状が見られるのはよくあることでしょうか?


 


熱は6/24、20:00に37.7℃ありました。ロキソニン服用と貼付の効果か、就寝中の痛みによる覚醒は軽減されました。


メールを書いている現在は、36.8℃です。昼食後にロキソニン+ムコスタを服用しました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
掌蹠膿胞症では首の関節の症状は報告されていません。関係ないと思います。ウイルス饐髄膜炎ではないようです。手、腕の痺れがありますか。その症状が起る前に枕の高さを変えましたか。指で押すと痛みを感じる部分がありますか。喉の痛みはありますか。首の前面が腫れていますか。首、頭の後ろのリンパ腺が腫れていますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

通えそうな範囲でドクターを探します。


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
前回の私の質問に答えていないことからその症状はないと考えます。可能性としては首の筋肉の肉離れが最も考えられます。その微熱は優位な症状とは思われません。痛み止めの他に筋弛緩薬をもらってください。固いベッドで枕なしでねるか、首の枕を買って使用してください。短期間の柔らかい首のカラーをつけることが手助けになると思います。しかし、首の筋肉が弱くなりますので長期間は使用しないでください。数週間以内に良くなるはずです。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

手、腕の痺れがありますか。⇒起床時に右手第1指、第2指にしびれと


浮腫があります。


 


その症状が起る前に枕の高さを変えましたか。⇒いいえ。


 


指で押すと痛みを感じる部分がありますか。⇒特に強い痛みを感じる箇所はありません。


 


喉の痛みはありますか。⇒特に、食事のときに、首の前部正中線両側が痛みます。(咽頭・喉頭の痛みではない、と判断しました。)整形外科ではTMJによるものでは?と言われましたが、そうではないと判断しています。


 


首の前面が腫れていますか。⇒いいえ。


 


首、頭の後ろのリンパ腺が腫れていますか。⇒首の左側がやや腫れて、こわばった感じになっています。


 


 


今回は、worst case scenarioを除外するために、このサイトを利用いたしました。


お忙しい中、お時間を割いていただき、感謝申し上げます。


 


東海岸では、この季節、蛍が樹にとまってクリスマスツリーのように光りますね。GATOのネーム(これがスペイン語であるなら、ですが)に親しみを感じました。


 


ご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます。


 


P.S. 以下のサイトも参考にしました。


 


http://lastofthemohicans.blog88.fc2.com/blog-entry-78.html


http://www3.ocn.ne.jp/~hpps/index.html


http://iwahashi-clinic.com/contents/skin_shouseki.html


 


http://ぎっくり腰になったら.com/category2/entry11.html


 


http://okwave.jp/qa/q7597369.html

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
さらに調べたところ掌蹠膿胞症で胸鎖関節炎を起こすことは有名ですが稀に頸椎の炎症を起こすことが有ります。レントゲンでは炎症ははっきりしないのでMRIをとることをお勧めします。ガリウムシンチで炎症部位を同定することもできます。あと、血液検査で炎症反応があるかどうか調べてもらってください。
大学病院、県立病院のような大きな病院の整形外科を受診してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

先に入れ忘れた、いちばん怖かった例が以下です。


http://www.geocities.jp/hisasi820jp/page041.html

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
この例では頸椎への細菌感染を起こしているようです。その細菌感染が掌蹠膿胞症を引き起こした原因と考えられます。

医療 についての関連する質問