JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

過食嘔吐について 大学進学で1人暮らしを初めた頃、たまたま手にしたダイエットマンガに過食嘔吐が載っていました。 当初は気持ち悪いと思いましたが、いつしか試し、癖になっていました

解決済みの質問:

過食嘔吐について
大学進学で1人暮らしを初めた頃、たまたま手にしたダイエットマ ンガに過食嘔吐が載っていました。
当初は気持ち悪いと思いましたが、いつしか試し、癖になっていました。
といっても連日ではなく時々でした。その後実家に戻り、相変わらずの状態が続きました。気がつけば10年たっていました。
結婚し、新しい仕事、家事、敷地内同居とストレスがたまり、いつの間にか毎日となりました。妊娠しつわりが終わり、再開。産後は少しずつ減り、最近では体重が増えてもあまり気にならなくなり、何でも美味しく頂いていました。
そこに第二子の妊娠。つわりで嘔吐し続けていました。つわりが楽になってから、体重管理しなきゃなあと思い初めて以来、自分の気持ちの変化に困惑しております。今だかつてない 過食衝動と嘔吐。
こんなことはしたくありません。一刻も早くやめたいです。なのに…。
いったいどうすれば良いのでしょうか?
また、子供の頃から変わった子たと言われ、最近では発達障害の気がある子だったとも言われました。診断は受けていないのでわかりませんが、考え方、感じ方などそれとの関連性などはあるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

過食・嘔吐が、10年間に渡って続いているということですと、なかなかこれを自力だけで克服することは難しいと考えます。

少し補足情報を下さい。

ご主人や他のご家族は、相談者様の過食・嘔吐のことをご存知なのでしょうか。

相談者様の現在の身長と体重を教えて下さい。

心療内科・精神科の受診は検討されていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。 週に1回から月に1回位が10年続いたあと1年位悪化し、3年程度年に数回から0になっていました。
実家暮らしの頃は、朝6時頃家を出て、夜中1時頃帰宅するような職場でしたので、親はしるよしもないと思います。主人は悪化時期がちょうど妊娠中のため、つわりと思っているようです。
身長は155cm.体重はもともとやせ型の子供で、第一子妊娠までは中学生の頃からかわらず40kg前後。産後は一度戻ったものの体を壊して運動をやめ、少しずつ増え44kg.つわりで落ちて38kg。今は戻り初めて40kg位です。
病院は母の兄が精神疾患で入院中に自殺したこと、そして仕事上で地元のそれなりの病院には顔がしれていたり、裏話を知っていたりするのであまり気がすすみません。ただし、個人医院では検討の余地があろうかと思っています。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

少し説明が長くなりますが、お付き合いください。
あくまで一般論ですので、相談者様には当てはまらない部分もあるかもしれません。

過食とは習癖の異常であり、依存症に近い性質をもった症状です。
過食の対象となるのは炭水化物が多く、患者様の思考は食べることで占拠され、日常生活にも支障をきたすようになっていきます。
過食をすればするほどその頻度や量が増えていく傾向があり、我慢が難しくなっていきます。またしばしば、症状が進行する中で、患者様は「正常」な食事量・食事内容といったものがわからなくなってきてしまいます。
また、過食そのものが自己目的化していき、過食によって得られる「快感」のために過食し、過食してしまったことを後悔し、そのストレスを発散するためにまた過食する、という悪循環も起こりえます。

患者様の側の素養というものもございます。たとえば相談者様の場合、つわりが嘔吐の引き金になったかもしれませ んし、育児ストレスが過食を加速しているかもしれません。発達障害の傾向があることは、ある程度の悪化因子ではあるかもしれませんが、発達障害の当事者様に高率に過食・嘔吐が起こるわけではありませんし、過食症の患者様に特別発達障害の方が多いというわけでもありませんから、これについてはあまり大きな要因として考えられる必要はないでしょう。
摂食障害を起こしやすい素因のようなものはあると言われています。同じようなダイエットをして同じ程度のストレスがあっても、過食を起こさない方は起こし ません。むしろ、大多数の女性は、ダイエットもし、ストレスもありますが、摂食障害を発症することはありません。

過食の治療法は、喩えは悪いですがアルコール依存症に似ていて、とにかく過食を我慢することに尽きます。初めは「禁断症状」が出て非常に苦しいのですが、あるところで楽になっていきます。そうすると、自然に過食は寛解に向かいます。
アルコール依存症よりもある意味で難しいのは、「適量」は食べなければならないことです。
アルコールなら完全に0にできますしそれを目標としますが、食事ではそうもいきません。

治療法としてもっとも確実なのは入院、次いでご家庭内で協力者がいて食事の「リセット」とも言うべきサポート(過食を止めるとともに、適切量・内容の食事を 作ってくれて、それを食べることを見届ける)を得られることですが、相談者様の置かれた環境の中ではそれはどちらも難しいように思われます。

既に自制が効かなくなっているようですから、現時点で摂食障害の治療実績がある精神科や心療内科の医療機関を受診されて(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・ 紹介を行っていません。ご了承ください)、カウンセリングを中心とした心理療法と、管理栄養士による食事指導を受けられることをお勧めいたします。
医療機関の規模はあまり関係がありませんが、摂食障害の治療は精神科・心療内科ならばどこの病院・医院でも行えるというわけではありません。
いま動かなければ、上述したような悪循環が生じてしまい、過食症としての本格的な治療を否応も無く受けざるを得なくなる可能性を否定できません。医療機関を探され、受診することをお勧めいたします。
病院の探し方がよくわからない場合は、地元の精神保健福祉センターで情報を得ることができます(得ることができる場合が多いです)。

【全国の精神保健福祉センター一覧】

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/mhcenter.html


以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問