JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
CVSURGERYに今すぐ質問する
CVSURGERY
CVSURGERY, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 64
経験:  医師歴20年以上、複数専門医資格、指導医資格保有
72019546
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
CVSURGERYがオンラインで質問受付中

看護師です。先日血小板輸血10単位を4時間かけて投与しなければならない指示をクレンメの手技や安定した場所で血管確保で

質問者の質問

看護師です。先日血小板輸血10単位を4時間かけて投与しなければならない指示をクレンメの手技や安定し た場所で血管確保できずに投与したことにより、急速投与してしまいました。
指示通りにできなかったですが、他の病院では血小板を長時間置いておくと、凝固因子が低下することから、全開で落としているとネット上での記載がありました。
①一般的にどのぐらいの時間をかけて投与していますか?
②血小板の急速投与も循環過負荷の合併症リスクはありますか?
③血小板ルートのクランプはどのぐらいの時間でルート内が凝固してしまうのでしょうか。
回答お願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  CVSURGERY 返答済み 4 年 前.
心臓外科医です。10単位200mlの血小板を、急速輸血されましたが、指示では4時間でというところ指示通りでなく輸血がなされてしまいました。看護師さんからの質問ですので、専門的な事も十分ご承知と思われます。どちらかというと、現場で指示通り投与されなこったことに関しての是非が問題となっているように伺えます。そして、急速投与の背景には質問いただいた看護師さん自身が、クレンメ等の影響もあるでしょうが、経験上血小板は急速投与するものと思っていた様にも伺えます。問題点は二つです。一つは指示通りに投与しなかったこと。これは仕方がありませんが、弁解は難しいと思います。では、2つ目として、指示通り行わなかったことが患者さんにとって有害事象になったのかという点です。正直申しまして、私も血小板は新鮮なので早く落とした方が良いと教わったものです。そこで当院麻酔科と輸血部に確認いたしました。「成人の場合は、通常、最初の10~15 分間は1分間に1mL程度で行い、その後は1分間に5mL程度で行う。小児では10単位を3~4時間かけて投与する。」とのマニュアル通りの答えが返ってきました。患者さんは成人ですか?なら40分で終了する計算になります。4時間は長くはないでしょうか。(実際に我々は、手術室では全開投与しています。)そこで②の質問と関連してきます。患者さんが高齢、心臓弁膜症、心不全、腎不全などの急速容量負荷で状態が不安定になるような方だったとしましたら、200mlの急速輸血が患者さんの具合を悪くする可能性はあると思います。まとめます。指示医師が、患者の血行動態が不安定なため、本来一時間以内で落としたいところ敢えて4時間にしたならば、そうすることに妥当性があると思います。指示医師が、他の輸血度同様にゆっくりと落とすものだと思って、全身状態にかかわらず4時間を指示した場合は、状況は異なります。血小板を必要とする患者さんは全身状態も良くない場合が多いと思いますが、患者さんのリスク、全身状態、年齢、疾病などを鑑みていかがでしたでしょうか。大変デリケートな問題です。患者さんの容体もわからぬままの返答ですので、あくまで参考意見としてお読みいただけたらと思います。追加質問ございましたら承ります。それでは失礼いたします。

医療 についての関連する質問