JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は、青森県在住の38歳の女性で、成田と申します。20年ほど前から左耳の耳鳴りがひどく入院しても完治しないままでした

解決済みの質問:

私は、青森県在住の38歳の女性で、成田と申します。20年ほど前から左耳の耳鳴りがひどく入院しても完治しないままでした。さらに3年ほど前に右側も耳鳴りがひどくなりました。耳鼻科の診察しか受信していないので病名は、両特発性難聴と診断されました。薬を飲んでもよく ならず今は通院していません。中程度難聴のため障害者手帳はもっておりません。補聴器をつけていますが、電話での応対ができなくて困っております。ちなみに耳鼻科にしかかかっていません。
最近、知人から最近になって保険適応になって治療することができると「脳髄液減少症」という病気があるということを聞きました。私はそれにあてはまるかわかりませんがまず診察を受けようと考えております。ただ、青森県には診断できる医者がいないと聞きました。最初から行こうと思っても紹介状がないと診察して頂けません。どのようにしたらいいのでしょうか?回答をお願いしたいと思います。
今の症状は、耳鳴り、難聴、肩こり、首の張り、不眠、いつも不安になる、疲れやすい、汗をかきやすい、冷え性、呼吸がしにくい、記憶力が悪いなどです。
交通事故などはあっておりません。原因不明のためどのようにしたらいいのかわかりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医 圏 神経内科医です。

ご記載から、頭部外傷の既往の無いのに脳髄液減少症だと断定することには飛躍があるように思われます。

脳髄液減少症は色々な症状を呈する疾患でから、症状だけを拾っていけば多くの患者様にこの疾患が疑われてしまいます。

耳鳴り・難聴とそれ以外の症状を一元的に説明を探される必要も必ずしも無いのではないかと考えます。

少し補足情報を下さい。

脳髄液減少症だとして、紹介状さえあれば受診できる医療機関のあてはおありなのでしょうか。

耳鳴りで受診・入院した耳鼻科は耳鳴りの専門医ですか?

実際に診察ができませんのでこのような方法になってしまいますが、下記のサイトで質問に答え、最後に表示される点数を教えていただけないでしょうか?
https://www.cbtjp.net/qidsj/question/01/

以上、確認させていただけますと幸いです。
※これより外来診療が始まりますので、回答は午後以降になります、ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.


猫山様


 


ご回答くださりありがとうございます。


青森県内にある耳鼻咽喉科を受診いたしました。埼玉の神経耳科も受診いたしました。脳のMRIには異常がみられませんでした。


脳髄液減少症かどうかわかりませんが、岩手県にある病院で治療を行えるのは調べております。(脳外科を受診するといいということも)


うつ病のテストは13点でした。


これでよろしいでしょうか?


 


成田


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず、行っていただいたQIDSは、うつ病の診断や重症度評価のための質問票としては信頼性が高いもので、厚生労働省の研究でも使用されています。
インターネット相談では相談者様を直接診察できませんのでこのような方法をとらせていただきましたが、 QIDSにおける13点は、一般的にはうつ病の診断基準を満たす可能性がきわめて高く、可及的速やかな治療を要すると判断される結果(中等症)です。http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/02.pdf

 

もちろん、相談者様を直接に診察できないインターネット相談で確定診断を下せるわけではありませんが、相談者様が、慢性的な耳鳴りや難聴といったストレスを誘因としてうつ病を発症され、そのために「肩こり、首の張り、不眠、疲れやすい、汗をかきやすい、冷え性、呼吸がしにくい」といった身体症状が現れていると考えても不自然ではないように思われます(不安感、記憶力の低下はうつ病の中核症状に含まれます)。

あまり知られていませんが、うつ病は、多彩な身体症状を伴う疾患なのです:http://www.mental-navi.net/utsu/rikai/shojo2.html

 

もちろん、脳髄液減少症も多彩な症状を呈する疾患ですが、ご記載を拝読する限りは、相談者様の症状は脳髄液減少症としえ典型的ではありませんし発症機転を含めて、現時点で脳髄液減少症を積極的に疑う根拠に乏しいように思われます。

 

まずはうつ病を念頭に心療内科を受診されて治療を受けられ、 その結果が思わしくなかったら、その時点でその岩手の病院に紹介状を作成してもらい受診されるのがいいのではないでしょうか。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
2013/06/23 時間 0:54に回答を投稿しております。

ご一読いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


猫山様


 


ご回答いただきありがとうございます。お返事が遅くなり申し訳ありません。うつ病なのかな?と思う症状があるとは自分でも思います。


病院の先生からの回答なので受診する必要があれば心療内科に行こうと思います。ありがとうございました。


 


成田


 


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
プラス評価ありがとうございました。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問