JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

58歳の私の母についてです。 26歳に脳出血により、左半身麻痺になり、32年間障害者生活を送っています。 ADL

解決済みの質問:

58歳の私の母についてです。
26歳に脳出血により、左半身麻痺になり、32年間障害者生活を送っています。
ADLは自立しており、最低限の家事もできていました。
今年に入って徐々に腰が曲がり始め、痛みもあるようですが、鍼灸などで普通に生活できていました。腰の曲がりも軽度でした。
外出が好きで毎日のように市内のバスに乗り療養施設のお風呂に入りに行っ ていました。
6月9日に転倒しましたが、骨などには異常は認められませんでした。
しかし、10日位前より急に腰の曲がりが90度くらいになり、首の痛みも強いようで身体をまっすぐにすることができなくなってしまいました。
声も振るえ、呼吸も苦しいようです。
常に視線が足元で前を向くこともできず周囲を見ることをしないので、一人で外出は危険でできなくなってしまいました。
18日に近隣の整形外科を受診して腰部のレントゲンを撮ってもらいましたが、特に異常は認められませんでした。
しかし、ここ2~3日でも、さらに腰の曲がりが悪化したように感じます。
家族も急激な変化にどう対応してよいか悩んでいます。
何か原因など考えられるのでしょうか?また、治療法はあるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
腰部のレントゲン異常がないことはおかしい気がします。頭は打たなかったでしょうか。その屈曲が脳の障害によるかもしれません。脳神経外科と整形外科のある大きな病院を受診して頭のCT、MRIと首のレントゲン、CT、MRI、腰部のレントゲン、CT、MRIをもらってください。治療法はその原因によります。
質問者: 返答済み 4 年 前.


母が言うには転倒は、他の人が転んだ時の二次災害で一緒に左の麻痺側からたおれ、左手を強く打っただけで頭等は打たなかったと言っています。


しかし、腰が伸びず首も上げることもできないので、自分の胸の高さのものも取ることができず、また、床からの立ち上がりも歩行もかなり時間がかかるようになりました。


例えば老化現象としたら、このように急激に悪化することはあるのでしょうか?


ちなみに、先日の整形外科受診では「季節柄痛みが悪化したのでは」といわれたようですが・・・。


日ごろ通っているリハビリのクリニックでも同じことを言われたようです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
可能性としては椎間板の変性が悪化し、その痛みのために首、腰を伸ばすことができないのかもしれません。大きな病院の整形外科で首と腰のMRIをとってもらってください。ステロイドの局所注射でその痛みが取れるかもしれません。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。おそらく検査してみないとわからないことだとは思うのですが、痛みを緩和させることもですが、曲がってしまった腰・首を少しでも戻すことはできるのでしょうか?(治療法はあるのでしょうか?)


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
痛みを緩和させることで曲がってしまった腰・首を戻すリハビリをすることができると思います。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問