JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、右目はもともと初期の白内障があります。また、両目とも初期の緑内障があり、点眼薬キサラタン、コソプドの処

解決済みの質問:

はじめまして、右目はもともと初期の白内障があります。また、両目とも初期の緑内障があり、点眼薬キサラタン、コソプドの処方を頂いています。
木曜日の夕方から右目の眼球を左右に動かすと、視野の端に一瞬(稲妻のような線状の)光が見えました。目を開いていてもつむっていても同じように見えました。
翌日の金曜日の朝になったら、光は見えなくなりましたが、右目がかすんで見え、明るいところ を見ると無数の小さな泡が全体を覆っていました。まるでサイダーの入ったビンを通して空を見ている感じです。飛蚊症(濃淡のある煙が視野の右側にあり視線とともに揺れ動く)も強く感じ.ました。
昼頃になって、急に黒い点が現れ、眼球を左右に動かすと視野と一緒に動くので、飛蚊症のひとつかと思っていたら、眼球を動かすたびに徐々に細く長く伸びて消えていく。(イカの墨を水にたらして揺すっているイメージ。これは時々現れますが、現在は現れる間隔が長くなってきました。)
眼球の内部に出血でもあったのかと、あわてていつもの眼科に行って検診を受けました。眼圧・視力・視野・眼底検査も行いましたが、特段の異常も見つかりませんでした。加齢によるものとの説明でしたが、このままの状態から改善することはないのでしょうか。別の病院で再検査も考えています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。

結論としましては、他院眼科を受診されてもう一度検査を受けられることをお勧めいたします。

あるいは受診された眼科で既に説明があったかもしれませんが、「視野の端に一瞬(稲妻のような線状の)光が見え」たのは「光視症」だと考えられます。

眼球の中は硝子体という寒天状の物質が詰まっていますが、この硝子体は加齢ともに縮退し、眼球の内壁から剥がれていきます。
硝子体は眼球後部で網膜と癒着していることが多いため、縮退する時に網膜を引き剥がすように牽引します。
網膜には痛覚神経がありませんが、機械的刺激をすべて光の信号に変換するため、硝子体に引っ張られると、光刺激が無いにも関わらず視神経に光が当たったという信号を送るわけです。これが光視症です。

通常は様子を見ていても問題がありませんが、硝子体と網膜の癒着が強いと、縮退が大きくなっても硝子体が網膜と離れず、結果、網膜が破れて網膜裂孔、はては網膜剥離を起こすことがあります。

また、飛蚊症も、まれに、網膜裂孔、はては網膜剥離の結果として現れることがあります

相談者様が呈されている「イカの墨を水にたらして揺すっているイメージ」という症状は典型的な硝子体出血のものであるように思われます。下記サイトの「症状の現れ方」をご覧ください。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10A50200.html
硝子体出血の原因は様々ですが、やはり網膜剥離などでも硝子体出血が起こることがあるので軽視すべきではありません。

これだけ症状が出揃いますと、「年齢のせい」で片づけるのは少々危険ではないかと考えます。結果的に何事もないということになるかもしれませんが、もう一度、眼球内部、そして網膜に異常が無いか、検査を受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問