JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

家内の帯状疱疹に関する質問です。元々軽い偏頭痛はあるのですが、一週間程前に発症した頭痛は常備薬の鎮痛剤を一、二回服用

解決済みの質問:

家内の帯状疱疹に関する質問です。元々軽い偏頭痛はあるのですが、一週間程前に発症した頭痛は常備薬の鎮痛剤を一、二回服用しても収まらず酷くなる一方でした。近くのクリニック、総合病院へ行きましたが、(その時点では明らかな疱疹が出ていなかったためか)原因不明の偏頭痛とのことで、鎮痛剤(含む頓服)を処方されました。2、3日前から頭部、上腕部などに疱疹が 見られ、医者に行ったら「帯状疱疹」と診断され、抗ウイルス剤などを処方されました。その後、痛みも軽減せず、疱疹も頭部、上腕部から、全身に広がりつつあります。帯状疱疹に伴う頭痛等には、後遺症軽減の目的からも神経ブロックが良いと言われますが、早期に神経ブロックの治療を受けるべきでしょうか?また、抗ウイルス剤は、ウイルス増殖を抑制する効果はあると記されていますが、増殖したウイルス軽減効果は期待できないとの情報もあります。
1)神経ブロックの治療を受けるべきか否か
2)治療が必要な場合、柏市内の病院を紹介して頂きたく
3)ウイルスを駆逐する抗菌剤みたいな薬剤を併用すべきか否か
などについて、ご指導を頂きたくお願い致します。

因みに、現在の居住地は千葉県柏市、患者年齢67歳で、
現在の処方薬は、バルトレックス錠500、ロキソニン錠60mg、メチコバール錠500μg、アラセナ-A難航3%です。

以上、宜しくお願い致します。

柏市しーそん
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

> 1)神経ブロックの治療を受けるべきか否か
ご記載を拝読する限り、帯状疱疹としてはかなり広範囲に皮疹が出現しています。抗ウイルス薬の投与開始も遅かったようですから、重症化していることが推察されます。
抗ウイルス薬は点滴投与すべきですし、鎮痛剤が効いていないのであれば神経ブロックを行うことを考えるべきケースだと言えます。

> 2)治療が必要な場合、柏市内の病院を紹介して頂きたく
病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
これに関してはご了承いただけますと幸いです。

ただ、神経ブロックを受けられるのであれば、ペインクリニックを受診されるべきでしょう。
以下のサイトから、日本ペインクリニック学会認定の専門医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
ただし、専門医の資格をもっていても、手術も麻酔だけしてペインクリニシャンとしての活動をしていない医師もいますので事前に電話等で確認されることをお勧めします。

【日本ペインクリニック学会専門医】

> 3)ウイルスを駆逐する抗菌剤みたいな薬剤を併用すべきか否か
抗菌剤とは、細菌を駆逐する薬剤であって、ウイルスには効きません。
ウイルスを駆逐するお薬はありませんので、現在用いられているタイプのお薬の量を増やしたり、より効率的に届くよう投与経路を点滴に変更するなどの工夫がなされるべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
お役に立てなかったようですのでオプトアウト(回答辞退)いたします。

他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

お大事になさって下さい。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
回答を試みてみます。
1と3に関しては猫山先生と同意見です。
ふつうは体の一側の限られた部分にできます。それが左右にでき全身に広がるようなら免疫機能が何かの原因で劣っている可能性 があります。例えば、重症の糖尿病等です。脳症を起こす可能性があります。大きな病院の皮膚科をを受診し、入院して抗ウイルス剤を点滴で治療してもらってください。抗ウイルス剤は病気の経過を短くし、症状を軽減します。また、後帯状疱疹疼痛を防ぎます。
東京慈恵医科大学付属柏病院はどうかと思います。麻酔科でブロックもできるはずです。
http://www.jikei.ac.jp/hospital/kashiwa/sinryo/13.html

医療 についての関連する質問