JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

先日、小学一年生の子供がわざと小物を飲み込みました。 登校前の朝食の途中で私が離れていた間に飲み込み、すぐに自己申

質問者の質問

先日 、小学一年生の子供がわざと小物を飲み込みました。
登校前の朝食の途中で私が離れていた間に飲み込み、すぐに自己申告してきました。
慌てて病院に駆け込み診てもらいましたが、自然に出るのを待ちましょうとのことで帰宅しました。
理由を聞くと学校を休みたかったからのようで、学校の担任の先生にも相談し、先生からも話を聞いてもらいましたが、理由は「疲れるから」「友達が喧嘩しているのをいつも見ていて嫌な気持ちになる」などでした。
子供本人は意地悪をされていたりとかそういったことはないようです。
また、私が聞き出した話もほぼ同じ内容でした。
家庭でも学校でも病院でも、危ないからもうこんなことはしないように、という話をしました。
しかし週末に今度はおもちゃのミニカーを飲み込もうとしました。
私はその場にいなかったのですが、兄弟が一緒にいて止めてくれて、私に教えてくれました。
理由を聞きましたが、特に理由はないと言うのです。
翌日は休みでしたし、学校の問題とも関係ないのでは、と思いました。
一体子供は何故こんなことをするのでしょうか?
何かのストレスからこういった異常行動をすることはあるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

多くのお子さんには何らかの癖があります。
一番ポピュラーなものは爪をかむ、指を吸う、髪の毛をくるくる指で回す、そして鼻くそほじりです。

あなたのお子さんの場合は何かを口に入れるという癖があるんだと思うんです。そしてある拍子に飲み込んでしまい、それに関してあなた方はたいへんご心配になっているわけです。
ですが、こういう癖は正常な発達過程の一過程にしか過ぎませんのでまずはリラックスして私のお話をお聞き下さい。
つまりこういう癖は悪いことへの警鐘ではないということなんですね。

どうしてこのような癖ができるのでしょうか。

これに関しましてはいろいろなリサーチがされてはいますがエキスパートにも理由ははっきりわからないようです。

ただし、それは学習の結果できた行動であってそれがふつうとてもいい結果をお子さんにもたらすんですね。つまりその行動をとるとお子さんが気持ちよく感じるということをお子さんは知っているわけです。

癖はたいくつしたお子さんのエンターテインメントとして発達することもあれば、不安解消のための行動であることもあります。今度あなたのお子さんが口に頻繁にものを入れるようになったら何かストレスになっているようなことがないか、探ってみてくださいね。

あなた方ご自身が小さかったころのこと、少し思い出してみてください。

指を吸ったり何か癖はありましたか?あるリサーチによりますとたとえばですが爪をかむ癖はある程度遺伝するということらしいです。

また他のお子さんの場合、ある行動をとったらお母さんやお父さんに注意されることを知っていますので親の注意を引くためにわざと癖の行動をとるそうです。



しかしこういう癖はたいがい自然になくなります。

でも今回ご相談されたのはどうしたらよいかと悩んでおられるからですのでいくつか提案を書いてみますのでできるものは実践されて下さいね。

まずはお子さんに静かにあなた方がご両親としてお子さんの癖が好ましくないとはっきり申し上げてください。そしてその癖をやめるよう喚起します。
もちろんその時にはなぜそうなのかをはっきり説明します。
一番大切なことはそのあとにお子さんがものを口に放り込んでいるのを見たときに、けっして叱ったりお説教をしないこと。罰を与えたり、辛かったり、批判しますとその行動が増します。

次に、もしお子さんがものをお口に入れましたら、

「だめよ、口に入れたら」

という代わりにその小物やおもちゃの車を振ってみましょう、とか、回してみましょうなどと言ってみましょう。
こうすることによって癖に気づく習慣ができますよね。

そしてそういう癖が出る前にお手伝いをさせたり、工芸をいっしょにやったりと癖の出る時間をもたせないという工夫も必要ですよ。

そして口にものを入れない時間が作れたら小さなご褒美です。
シールでも何でもいいですね。シールがたまったらゲームセンターとか遊園地とか。
ご褒美は罰よりお子さんには効果的です。
どうかそれを忘れないで下さいね。

最後にどうかあなた方のお子さんに対する態度は一貫性のあるものに徹底してください。あるときには褒めたが別の機会には褒めなかったということではなく。

お子さんも大人も同じで、動機付けがないとうまくいきません。癖ができるまでに時間がかかったのと同じように治るのも時間はかかります。
どうか我慢強くお子さんと接してあげましょうね!!
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答して頂きありがとうございました。
具体例もとても参考になりました。
早速実践しながら様子を見ていきたいと思います。

回答待ちの間に、子供がまた小物を飲み込もうとしていて、(変なせきをしていたので見てみたら小物を飲み込めずに吐き出していたところでした)もうどうすればいいのか分からずについ怒ってしまいました…。
これからは怒らないように気を付けながら根気強く子供と一緒に治していきたいです。
本当にありがとうございました。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。

こちらこそありがとうございました。

うまく解決しますように。

そうそう、もし相談場所に困ったら、児童相談所が無料でいいですよ。
児童心理司がうまく対応してくれます。
カウンセリングが必要なら情報も手に入れられるはずです。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv30/h23.html

医療 についての関連する質問