JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 377
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

脊髄梗塞と疑われ下肢が麻痺しました。 早急に脳外科に送れば回復するものでしょうか。

解決済みの質問:

脊髄梗塞と疑われ下肢が麻痺しました。
早急に脳外科に送れば回復するものでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
梗塞が完成して数時間以上経っている場合には脳外科で診察したから、治療したからよくなるというものではありません。
残念ですが、今の医学では、梗塞に対する点滴で経過をみるしかありません。
回復するかどうかは、出来上がった梗塞の範囲(大きさ)と場所によります。

追加のご質問は、遠慮なくどうぞ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

有難う御座いました。


 


下肢麻痺から16時間ごに転送されました。


数時間とは 2~3時間でしょうか それとも5~6時間でしょうか。


 


数時間の内に転送していても、脳の場合と同様一般的な高圧酸素等による回復又は症状軽減の可能性はありますか。

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
脳梗塞に対する血栓溶解剤(t-PA)の適応は、現在のところ4.5時間以内に使用となっておりますが、脊髄梗塞に対する適応ではなくあくまで「脳」梗塞にたいするものです。
上記の意味で、脊髄を脳と同様に考えると4.5時間以内に薬を使用するためには、病院に発症から2時間以内に搬送することが条件になるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

有難う御座いました。 


 


脊髄の場合は即座に転送しても回復乃至軽減の余地は無いと主張されました。(具体的にはC7~Th2の梗塞)



 脊髄梗塞の場合も即座に転送すれば回復乃至軽減の可能性は相当の程度見込めるとお考えでしょうか、それとも脳の場合とは違い効果は小さいものと考えるべきものでしょうか。



專門医にMRI等のデータを持参して相談するかどうか思案しております。



有難うございました!




専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
脊髄梗塞の原因が何かによって回復の度合いも異なる可能性があるでしょうね。
通常、動脈硬化による場合が多いと思いますので、(あなたの年齢が不明でしたが)
t-PAの効果は非常に期待薄です。

よろしければ、回答に対する最終評価をお願い申し上げます。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問