JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

高校生の時から自傷行為をするようになりました。現在27歳です。社会人になって3年目で、自傷行為はまったくなくなったの

解決済みの質問:

高校生の時から自傷行為をするようになりました。現在27歳です。社会人になって3年目で、自傷行為はまったくなくなったのに、最近またしてしまいました。自傷行為はもうなくなったと思ってたのに、またやってしまった後悔と、またしてしまうのではないかと考えるだけで、自分自身を追いつめてしまいます。自傷行為について相談したいのですが、どの病院なら受け入れてもらえるでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
どこに住んでいますか。
何か最近、自傷行為を行なうようになったきっかけのようなことに気ずいていますか。他に症状は有りますか。
以前、自傷行為を行なったときには何と診断され、どのように治療を受けましたか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

大阪に住んでいます。自分に自信がなかうダメな人間だという意識があり、高校時代に英検を受け何度も失敗したことがきっかけで自傷行為をするようになりました。はさみで腕を何本も腕を傷つけました。自傷行為をするのは、何かに失敗しやっぱり自分はダメな人間だと確信したときや、自傷行為をした自分に対して嫌になり、でもやめられない、と考えるとパニックになりかけます。それを鎮めるために傷つけます。


今回は、仕事で失敗をしたのがきっかけで、誰にも話せず、でも自分でもプラスに考えようとしてもネガティブ思考な自分もいてコントロールがきかなくなり、また腕を傷つけました。 


 


今までに自分は病気じゃない、と認められなかったので病院にいったことはなく、なんの治療も受けていません。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
境界性人格障害という病気を持っているかもしれません。心療内科または精神科を受診して弁証法的行動療法のような心理療法を受けてください。薬はその病気を治すことはできませんがその症状に応じて手助けとなります。例えば、鬱の状態であれば抗うつ剤が効きます。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問