JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 372
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

現在25歳の娘は、15歳冬にてんかん発症し担当医の指示にてテグレトールを継続服用(朝1錠・夜1錠)し21歳の春に服用

解決済みの質問:

現在25歳の娘は、15歳冬にてんかん発症し担当医の指示にてテグレトールを継続服用(朝1錠・夜1錠)し21歳の春に服用中止した。その後、半年経過後に再発した。22歳の秋からC arbamazepine100mg《AMEL》、〈100〉、KW161(朝1錠・夜1錠)服用し現在に至っております。服用中の発作等は無い。娘も結婚の予定が有り、 今年の3月に母親が担当医に相談した所、
胎児に影響があるので結婚時期が来たら影響がないものに変更検討したい。との回答でした。
 結婚時期が来たらといっても副作用がすぐに消失とは、考え難いのですが今後も薬の服用は、
継続するしかないのか?また、他の治療法があるのか?のご助言を賜りたいと思います。
お忙しい所、ご回答宜しくお願いいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。

「薬の服用は、継続するしかないのか?また、他の治療法があるのか?」は、お嬢様のてんかんのタイプ次第です。

少し補足情報を下さい。

お嬢様のてんかんの原因を教えてください。15歳発症とのことですが、後天的要因が特定されているのでしょうか。

お嬢様のてんかんの発作型を教えてください。

お嬢様の主治医はてんかん専門医ですか(処方を拝見するにそうは思えませんが)?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承下さい。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

後天的要因で強直間代発作型。


 主治医は、てんかん専門家かどうかは、分かりませんが神経内科です。 


てんかんの原因は、不明ですが時期的には、受験期に発症しています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

てんかんは脳の器質的疾患ですから、精神的なストレスで発症することはありません。受験とてんかんはあまり関係ないでしょう。

ある時点で、お嬢様の脳に、何らかの理由で傷がついたのだと思われます。

強直間代発作は、部分発作から二次的に発展して起こることもあります。
実際、テグレトールが用いられていたわけですから、脳のどこかに焦点を持つ、部分発作である可能性が高いと考えます。

要するに、
お嬢様のてんかんのタイプについて、お嬢様も相談者様も十分な説明を受けられていないということですから、前述の通り、いただいた情報からだけでは、「薬の服用は、継続するしかないのか?また、他の治療法があるのか?」というご質問に回答することは不可能jです。

てんかん専門医を受診されて、今回と同じ相談をされることをお勧めいたします。
以下のサイトから日本てんかん学会認定のてんかん専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本てんかん学会認定 てんかん専門医】
http://square.umin.ac.jp/jes/senmon/senmon-list.html

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
マイナス評価を賜りまして誠に残念です。 初めに述べてありますように評価はあくまで最終評価ですので、私はこれ以上のお役には立てないもの と判断いたします。

相談者様により有意義な情報を、他の専門家が提供できるかもしれませんので、私はここでオプトアウ ト(回答辞退)させていただきます。

どうぞお大事になさって下さい。
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
別の医師が回答し、オプトアウトしましたので、代わりに私が回答申し上げます。

1)結婚時期が来たらといっても副作用がすぐに消失とは、考え難いのですが今後も薬の服用は、継続するしかないのか?

副作用は、すぐに消失いたします。あなたの考え方が間違っております。
妊娠の可能性があるようになってから、薬を変更したので十分間に合います。
もちろん、くすりを変更するとけいれんがおこるかもしれないので、その調整期間を考えておく必要はありますが。
ですから、薬は継続した方が無難です。
テグレトール(carbamazepineと同じ薬)は、比較的催奇形性の少ない抗てんかん薬です。
私の患者さんで、このお薬を単剤(この薬1種類だけ)で内服し続けて、正常な2児を出産された方がおられるくらいですので。

次に、ネット上の文献を少し引用してみます(引用部分はーーーーの間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www1.ocn.ne.jp/~mkclinic/tenkan-room/onuma_101.html
  1. 服薬中の女性てんかん患者に奇形児発生率はどれくらいか:奇形が発生する可能性は妊娠の最初の3か月間であり、この間抗てんかん薬を服用していた すべての患者について調べた結果、平均奇形頻度は11.1%(多剤併用者を含む、一般人口では4.8%)である。一般人口の倍以上で、10人に1人強とに なる。
  2. どのような薬剤が危険か:単剤投与ではプリミドン14.3%、バルプロ酸11.1%、フェニトイン9.1%、カルバマゼピン5.7%、フェノバール5.1%である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2)また、他の治療法があるのか?

抗てんかん薬以外では、手術療法もありますが、それは薬でてんかんがコントロール不可能ないわゆる「難治性てんかん」といわれる場合のみです。
他の治療法はありません。

さぞ、ご心配でしょう。
追加のご質問は、遠慮なくどうぞ。

nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 372
経験: 脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問