JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

前略 お世話になります。 昨年暮れに直腸癌が見つかり、12/20に開腹手術をし1/11に退院しました。退院後は下

質問者の質問

前略
お世話になります。
昨年暮れに直腸癌が見つかり、12/20に開腹手術をし1/11に退院しました。退院後は下腹部の放射線治療と UFTとユーゼルを服用し抗ガン治療を続けました。血液検査は5月までは回を追うごとに良好で腫瘍マーカーは平均値を下回っておりました。
ところが、術後半年後の検査と言うことで先日CT検査をしたところ肝臓に4箇所のしこりが発生していました。肝臓全体の3分の1~4分の1位の部位だと言います。
直ぐに点滴と錠剤による抗ガン治療を始めるということになりました。
①こんなに急激に転移が拡大するものでしょうか?
②血液検査の数字が良くても転移が進むものでしょうか?
③だとすれば、CT検査はこまめにやるべきなのでしょうか?
④点滴抗ガン剤治療が最適なのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
その報告を聞いて非常に残念です。

①その癌の組織型及び手術時のリンパ節の転移の有無により急激に転移が拡大する可能性があります。特に未分化癌はその傾向が有ります。
②稀ですがその癌がその腫瘍マーカーを産生しない癌に変わった可能性があります。
③CT検査は症状、身体学的所見、腫瘍マーカーの増加によって行ないます。
④遠隔転移をしているので点滴抗ガン剤治療が最適と思われます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

初回回答ありがとう御座います。


質問を続けさせて頂きます。


①未分化癌とはどういうものですか? 対処の仕方は?


②先月まで腫瘍マーカーの数字が良くて、1ヶ月で急激に数字が悪くなるという症例は実例としてあるのでしょうか?


③転移した肝臓癌は通常の原発肝臓癌とどのように違うのでしょうか?


④直腸癌の時のように肝臓癌の性質・進行度等は治療に先立って調べる 必要はないのでしょうか?


⑤今後どんな部位に転移する可能性がありますか?


⑥「遠隔転移」と言われますがこれに対して「近接転移」なるものもあるのでしょうか? どう違いますか?


⑦先進医療として、ラジオ波焼灼治療、ラジオ波凝固治療、動脈塞栓治療、エタノール局注治療、マイクロ波凝固治療、尾状葉単独全的手術・・等を耳にします。俄知識で恐縮ですが、簡単な特徴を教えて下さい。


⑧私の治療に適していると思われるものはないでしょうか?


 


 長くなり申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。


 


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
①未分化癌は分化癌に比べて悪性度が高い癌です。現時点では抗がん剤療法です。
②段々と悪くなってきたと思い ますがその腫瘍がその腫瘍マーカーを産生しないために分からなかったと思います。
③組織型が違います。
④あなたがB型またはC型肝炎、肝硬変を持ってないならば十中八九直腸がんからの肝臓への転移です。
⑤肺、リンパ節や腹膜などに転移します。
⑥近接転移は直腸から膀胱等のとなりの臓器に癌が直接浸潤することです。遠隔転移は血行性、リンパ行性に遠くに転移することを意味します。
⑦もし、その転移がんが切除できるならあなたの担当医は切除すると思います。切除不可能、または、他にも転移がある場合には抗がん剤を使います。転移がんは固いためにラジオ波焼灼治療、ラジオ波凝固治療、マイクロ波凝固治療、エタノール局注治療の針が刺さりにくく一般に行なわれてはいません。動脈塞栓治療はその腫瘍を養っている血管を塞栓するもので局所的にある癌に対して行なわれます。尾状葉単独全的手術は肝臓の尾状葉のみにその癌が存在する場合に行なわれます。
⑧その転移がんが切除できるどうか担当医に聞いてみてください。その後抗がん剤療法を加えることができます。もし、できなければ抗がん剤療法のみとなります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 早速的確なご回答ありがとう御座います。


続いて質問させて頂きます。


 


① ④でお伺いした、「直腸癌の時のように肝臓癌の性質・進行度等は治療に先立って調べる 必要はないのでしょうか?」についてのお答えを改めてお伺い致します。 直腸癌の時は素材を抽出して検査したり、浸潤度を調べたり、写真を撮ったりしたのですが、肝臓癌はその必要性がないのですか?


②担当医の先生は手術も放射線治療も出来ないので抗ガン剤の点滴方法しかないと言う見解でした。そして完全に無くなることは無い、そうなのですが一生抗ガン剤を続けることになるのでしょうか?


③セカンドオピニオンを求める場合のアドバイスを戴けますか?


 

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
返答が遅くなって申しわけありません。米国にいるために最後の回答をしたときには夜中の十二時を回っていたため 今日の仕事のために就寝しました。
①その肝臓癌は直腸癌の転移でありその肝臓癌の組織は直腸癌の組織と同じであり調べる必要は有りません。
②抗ガン剤はその腫瘍が無くなるまでつずけます。もし、再発するようであればまた、抗がん剤を使います。
③セカンドオピニオンとしてのアドバイスは大学病院または県立病院のような大きな病院に行くことをお勧めします。その病院によっては手術をするかもしれません。それと抗がん剤治療の分子標的薬の併用について尋ねてみてください。次のサイトを参照してください。
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/index.html
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/lic06/index.html
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

時差の違いでライフサイクルが違うのに無理をして貰って申し訳ありません。


親身な回答に感謝致しております。


 


もう少し質問させて下さい。


 


①保険外治療で 免疫を高めてガン細胞を減少させる治療が宣伝効果を派手にして各種メディアに登場しています。①免疫細胞治療 ②樹状細胞治療 ③ワクチン治療 ④自家がんワクチン治療・・・等はどう評価されますか?


 


②陽子線、重粒子線治療はどう思われますか?


 


 


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。


6/14に再質問したところ拒否されてしまいましたので今一度送信させて頂きます。


 


 


時差の違いでライフサイクルが違うのに無理をして貰って申し訳ありません。


 


親身な回答に感謝致しております。


 


 


 


もう少し質問させて下さい。


 


 


 


①保険外治療で 免疫を高めてガン細胞を減少させる治療が宣伝効果を派手にして各種メディアに登場しています。①免疫細胞治療 ②樹状細胞治療 ③ワクチン治療 ④自家がんワクチン治療・・・等はどう評価されますか?


 


 


 


②陽子線、重粒子線治療はどう思われますか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
次のサイトにように大学病院で行なわれるようになってきていますから効果はあると思います 。
http://camiku.kyushu-u.ac.jp/about/clinic/immune-cell-therapy
http://www.rcai.riken.jp/activity/saibouryouhou/index.html

陽子線、重粒子線治療は直腸がんの肝転移では一般的に適用になりませんが、南東北がん陽子線治療センターでは骨、肝臓、肺などに転移をきたしたがんに対しても、病巣が限局していた場合には陽子線治療の適応となる場合があります。電話できいてみてください。
http://www.southerntohoku-proton.com/indication/case-kidney.html

医療 についての関連する質問