JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

小学校5年生の男児です。夜間、就寝しようとすると激しくせき込み、ゲームをさせると収まります。収まったのでゲームを止め

解決済みの質問:

小学校5年生の男児です。夜間、就寝しようとすると激しくせき込み、 ゲームをさせると収まります。収まったのでゲームを止めて寝かせようとするとまた激しくせき込み、またゲームをするという繰り返しで、朝まで眠れず、明け方に疲れて眠るということが3日間ほど続いています。以前、喘息を発症していたことから、喘息の発症を疑って小児科の先生に診察していただいたところ、酸素濃度も異常なく、ネプチンを吸引しても収まることなくむしろ激しくなることから、心因性の咳で、心療内科でカウンセリングを受けてはどうかと指導を受けました。カウンセリングを受診するとしてもまだ日がかかると思われることから、どうにか咳を和らげたいと思うのですが、何か方法はないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよよろしかったらお力になりますよ。

小児科専門医です。何でも聞いて下さいね。

さて、心因性の咳なのですが、通常たいへん大きなほえるような車の警笛に似たような音の咳で、心因性の咳をするお子さんの姿勢は特徴的であごを胸につけた姿勢で手が喉にいきます。そして面白いことに寝ている間には決して起こらないんですね。
しばしば学校へ行きたくないとか学校への恐怖症からくることが多いようですよ。

心因性の咳と結論付けるには大切な診断を除外する必要があります。
お子様には喘息の持病がありますからほんとうに喘息の発作が起こっていないかしっかりそれを専門医の手で除外することは必要でしょう。

酸素濃度に異常がなくて咳喘息を起こす患者さんはお子さんに限らずおとなだってたくさんおられます。ネプチンやステロイドの吸入(処方されていないようですが)にうまく反応するのに1週間以上かかることもあるんですね。
ですから私ならネプチンは続けます。そしてステロイドの吸入もお願いしてしばらく続けると思います。

息子さんが私の患者さんならネプチン、そしてステロイドの吸入を二週間くらい試してみます。短期間で効果をはかるのは反対です。

http://www.cc.rim.or.jp/~jiei/inhst.htm

そしてよく考えてみますと寝ようとして咳が増すということですから何がゲームをしている時と違うかと言いますとゲームをするときは起き上がりますから体位が違いますよ。
喘息の発作が起きているときは患者さんは頭を起こした坐った状態にして喘息の治療を受けると効果があがるものです。

あと胃食道逆流症が寝ると起こりやすくそれも咳の原因になりえますので胃酸の逆流を止めるお薬もお勧めします。
テオドールは私は使わないです。血液中の濃度が一定に達しないとうまく作用しないしその正常範囲を超えますと毒性が強いからで今現在それを推奨している先生方は古い教育を受けた方に多いのですよ。国際的にテオドールは古いお薬になりつつあります。
あとセレスタミンはステロイドが含まれていますが量がしれているし、これで効果を出すのは無理でしょうね。。。アレルギーの症状をやわらげるにはいいでしょうし蕁麻疹なんかが慢性的にあるなら別ですがこれはもし咳喘息ならあまり効果的ではないと思います。
花粉症対策にはなるかな?という感じでしょうか。

小児科の先生にお願いしてお近くの小児病院に紹介状を書いてもらったらどうでしょう。
小児呼吸器専門医に一度診てもらうといいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%85%90%E5%B0%82%E9%96%80%E7%97%85%E9%99%A2

これらが小児専門病院のリストですので参考にされて下さいね。

カウンセリングはいいことでしょう。
これは必ず行ってくださいね。




質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました。このように回答いただけるとは、大変心強く感じました。ご回答にございました、ネプチンとステロイドの吸入ですが、ネプチンについては、以前喘息の発作を発症した際は、吸入することにより緩和できたのですが、 今回のケースでは全く逆で、吸入すると直後に咳が激しくなり、喉が切れそうに咳が出ます。今は、使用するのが恐ろしくて使えません。また、ステロイドについては、アドエアディスカスを吸入しています。ネプチンは発作時、アドエアは安定時に使用しますので、アドエアで症状が悪化したことはありません。従って、ご指導どおりアドエアは継続したいと考えます。一方、咳ですが、就寝が近づく(必ずしも床に入った状態ではなく)と激しく咳込み始め、日中はコホン程度はありますが、連続しません。眠ってしまうと全く咳はしません。このような状態ですが、やはりアレルギー性の喘息が優位でしょうか?心因性の場合、どうすればストレスを除けるのか分からず、困ってしまいます。本件で、もっともアドバイスいただきたいことは、激しく咳込み(息が継げない程、喉が切れるほど)、数時間も続いてしまいますので、そのような咳を直接的に緩和する手立てをご教示いただければと


考える次第です。激しく咳込み、苦しむ姿を見ると、頓用のメプチンが使用できない状態で手立てがなく、困り果てています。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
そういうことなんですね。
心因性の咳では寝ている間に出ませんからそうなのかもしれません。
そうしますと、就寝時間を繰り上げるために、第一世代の抗ヒスタミン薬を使ってみたらどうでしょうね。
ジフェンヒドラミンがそうですが、それを夕飯の後に飲ませて下さい。
アレグラと併用できますが、アレグラは眠くなりませんが、ジフェンヒドラミンはかなり眠くなります。
いつも朝まで眠れない状態が続いているなら疲れていることでしょうし、咳は体力をたくさん消耗しますし、すぐに眠れるはずです。
ご相談になってはどうでしょうね。
ジフェンヒドラミンは安全ですよ。
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問