JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の従妹で川越市在住、60歳の女性についてご相談します。 88歳の母親と二人暮らしでしたが、昨夏、母親が大たい

解決済みの質問:

私の従妹で川越市在住、60歳の女性についてご相談します。

88歳の母親と二人暮らしでしたが、昨夏、母親が大たい骨骨折で入院手術、現在リハビリ中
のため、現在独居中ですが、幼少時の脳炎がもとでてんかん発作をたびたび起こしています。
最近も買い物先の店内で倒れ、救急車で運ばれたことがあるそうです。障害者手帳も持っているとのことです。

彼女が1人で生活するうえで 不安がある場合(医者(精神内科医)からサポート者をつけるように言われたそうです)どこへ、どのように相談したらいいでしょうか。医者の診断書では
病名は「症候性てんかん」です。

私は彼女からサポートの要請を受けましたが、私は71歳川崎市在住で、日常的に支援することは不可能です。また彼女とは17年前、彼女の父親(私の叔父(私の母の弟))の葬儀で会って以来、年賀状以外の付き合いはなく、詳しい状況を把握していません。3月に叔母の入院を知り見舞いに行って、彼女と17年ぶりに会いました。支援できそうもないのに立ち入って質問もできず、と言って放っておくこともできず困っています。
(1)今すぐやるべきことは何か
(2)誰がそれをやるべきか
(3)今後計画的にすべきことは何か
(4)私がやるべきこと、できることは何か
(5)かかりつけの医者に私が電話等で彼女の病状や支援方法を訊くことは可能か

ご指導ください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

結論としましては、独居が困難で、お母様もご高齢ですから、福祉施設への入所を検討されるべきだと考えます。
「サポート者をつける」というのは現実的ではないでしょう。

(1)(3) 埼玉県庁の福祉部社会福祉課に連絡を取られ、問い合わせをなさって下さい。
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/sisetumeibo.html

(2) その女性にもっとも近しいご親族でしょう。

(4) 他に手続きをとる方がおられず、手間・時間がかかることをいとわれないのであれば、上記手続きを行われることが最大限できる援助ではないかと思います。

(5) その女性からの委任があれば可能だと思います。どのていどの形式を踏めばよいかは(正式な委任状の要否など)病院ごとに異なります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問