JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
CVSURGERYに今すぐ質問する
CVSURGERY
CVSURGERY, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 64
経験:  医師歴20年以上、複数専門医資格、指導医資格保有
72019546
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
CVSURGERYがオンラインで質問受付中

ペースメーカーを入れて4ヶ月になります。本日検査したら不整みやくが出てるという事で、ホルター心電図をつけています。ペ

質問者の質問

ペースメーカーを入れて4ヶ月になります。本日検査したら不整みやくが出てるという事で、ホルター心電図をつけています。ペースメーカーを入れても、不整みやくは出るものです
?拡張型心筋症もあります。
薬はワーファリン、高圧剤、利尿を飲んでいます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  CVSURGERY 返答済み 4 年 前.
心臓血管外科医です。ご質問を読みますと、まず重要なのは拡張型心筋症です。入れたのはペースメーカです か?心室同期療法という機能があるペースメーカはありますが、あくまで心機能改善が目的であり、致死性不整脈の治療には別の機能が必要となります。拡張型心筋症で問題になるのは、心室細動や心室粗動などの致死性不整脈(突然死を起こすような重篤な不整脈)を起こす可能性があることです。恐らくどのような不整脈のタイプかを確認するためにホルタ―をつけられているのでしょう。他にも様々な検査がありますが、致死性不整脈を起こす可能性が高いと判断された場合には、除細動機能(致死性不整脈を感知したら電気ショックで整脈に戻す機能)を備えたデバイスの植え込みが必要となります。植え込み型直流除細動器(ICD)や、心室同期療法に除細動機能が備わったもの(CRT-D)などの植え込みです。質問内容からは、心機能やペースメーカ植え込みに至った経緯などの詳細が解りませんのであくまで一般論としてのお答えとして参考にしていただけましたら幸いです。追加質問にもお答えいたします。どうぞお大事になさってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有難うございます。全く基本的な言い間違いをしてました。肥大型心筋症です。15年前に肥大型心筋症から、心房細動を来たし1回目の心源性の脳梗塞を起し、その5年後に再度血栓が飛んで2回目の梗塞を起こした所で、メイズの手術をしました。その10年後に洞調律不全を起しMRI対応のペースメーカーを装着しましたが


心室性期外収縮を認められ本日の質問をいたしました。


 


よろしくお願いいたします。


 

専門家:  CVSURGERY 返答済み 4 年 前.
肥大型心筋症とのことですね。同じ心筋症でも拡張型とはだいぶ病態が異なりますが、不整脈による突然死のリスクがある点で は共通しています。心房細動はそれそのものでは死亡することがないいわゆる良性不整脈ですが、質問者様のように心源性の血栓を形成して脳梗塞を起こすことが最大の問題であります。ワーファリンは再発予防で服用されているのだと思います。洞不全症候群はメイズ手術で起きやすいものです。それに対するペースメーカが入っていることを理解しました。心房を刺激する1本リードか、心房心室にそれぞれ計2本リードが入っているかのいずれかと思われます。今回は心室性の期外収縮ですので異なった対応が必要となる可能性があります。既にご存じのことと思われますが、肥大型心筋症で問題となることの一つに、心室頻拍による突然死が挙げられます。期外収縮が連続して起こるものと考えていただいてよいと思います。すると血圧が出なくなり失神、死亡することがあります。怖い話で申し訳ありません。ホルタ―心電図は、そのような不整脈が何回出ているか、同じ場所から出ているのか、連発して出ているのか、出ているとしたら何連発か、、等がわかるため、重要な検査です。さらにTWA(T波オルタナンス)、LP(遅延電位)、フラグメンテーションなどの解析をすることにより、より詳細に突然死リスクの解析ができるようになってきました。専門的になってしまいましたが、対応として薬のみならず先ほどお答えいたしました(CRTDや)ICDも考慮される場合がありますので、主治医先生と相談され、その適応を慎重に決定してください。怖い話も書きましたがしっかりと対応すればかなりの確率で予防することができますので良く病態評価と現状の把握をして相応の対応を早期にとることが最も重要です。左室流出路の圧格差など、他の病態も新たなデバイス植込みの際にはその選択を左右しますので、検査結果を踏まえて、先生の評価を納得されるまで聞いていただきたいと思います。また質問ございましたらお答えいたします。お大事になさってください。それでは失礼いたします。
CVSURGERYをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

詳しく説明くださり、感謝致します。主人の状態を聞きまして、私が書くものですから,お解り難いかと思います。山口県に住んでいまして、治療してますが、メイズの手術をしたほうガ。良いという事で、大阪の病院で手術しました。その後 ペースメカーも同じ先生にしてもらいました。術後は地元の今かかりつけの先生に見てもらっております。今回の不整みやくの件に関して、先生の説明が納得いかないようなので、私が質問のメールをしました。


今回のご回答頂いて、主人も、感謝しておりまして、今後、疑問が起きた場合は自分で質問したいと言っております。先生を限定して質問するは、どのようにしたら良いですか?

専門家:  CVSURGERY 返答済み 4 年 前.

拝読いたしました。メイズ手術は心臓の電気経路を治す手術で、目に見えて悪い部分を 取り除いたりするわけではありませんので、心房細動歴や心臓の状態によって治る割合が変わってくる”確率の手術”でもあります。ですから、心房細動が治らなかったり、治っても洞不全を呈したり新たな不整脈を生じるなどの可能性も恐らく手術前に説明を受けられたことと思います。心室性不整脈に対する評価、治療、除細動器植え込みなどに関しては、これ一つという対応はございません。心筋症の病態も合わせて治療の判断は難しいものです。時には抗不整脈薬の催不整脈作用と言って、薬がかえって症状を悪化させることもあり、かなりの専門的な判断を要しますので、実際の診療とデータに基づいた詳細な検討が不可欠です。オンラインでのアドバイスには限界がありますが、今後もできる範囲でお答えいたします。限定の質問に関しては、ジャストアンサーの係に私から質問してみます。お答えに少々時間を要するかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。タバコ、ストレス、疲労なども不整脈に影響しますのでもし改善点ありましたら行ってください。お大事になさってください。

医療 についての関連する質問