JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

50歳の女ですが膀胱炎と腰痛の関係についてご質問します。カナダ在住です。 去年の12月に起床時に背中(胃から胃の裏側にかけて)の痛みがあり、やや歩行困難にもなっていたので、背

解決済みの質問:

50歳の女ですが膀胱炎と腰痛の関係についてご質問します。カナダ在住です。

去年の12月に起床時に背中(胃から胃の裏側にかけて)の痛みがあり、やや歩行困難にもなっていたので、背骨の異常と診断されたのですが、更に38度弱の熱もあったことからクリニックをハシゴし、2度目のクリニックではそれが膀胱炎(ディップスティックでBladder Infectionがある)とと診断されMacrobid 100mgを処方され、数日後には回復しました。

そして今回、同じように朝ベッドの中で腰に痛みを感じ、二日目の今日微熱(37度)があったので、膀胱炎を疑いクリニックで検査してもらうと、やはりBladder Infection でした。 そして、前回と同様にMacrobid 100mgを処方されています。 腰の痛みは前回と微妙に違い、歩行時よりも椅子に座って立つ動作が困難で、まるでウェストの周りが重い感じで腰に鉛をつけている感覚でしょうか。 なお、腰付近を叩いても痛くはありません。

20代の頃から度々膀胱炎を起こしていましたが、今回(2件)のように「頻尿、残尿感、排尿時の痛み」が全く無く、背中や腰の痛みを伴う膀胱炎は初めてです。 歳をとるとそういう膀胱炎もある、ということでしょうか?  怖れているのは腎盂炎の疑いですが、発熱といっても38度以上は発熱していませんし脇腹を叩いても 痛くはないのでそうではないと思いますが、やはり心配です。  
やはり、もう一度尿検査(+培養)をすべきでしょうか? (英語はできますが、医療関係となると十分にコミュニケーションが取れないことがあるので心配です。)
2度の感染はセックスが原因ではないのですが、どちらのケースも過労(精神的ストレスも含む)からきているのが共通しています。 

何かよいアドバイスをよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お久しぶりです。

それで尿の培養はやってもらっていないんですね。
お願いはできないんでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.


前回はありがとうございました。

残念ながら、前回は培養検査はリクエストしておりません。 当地ではファミリードクター制度もあるのですが、私(一家)の場合Walk-in Clinicを利用しているせうで、患者から診察後クリニックに電話で何かを問い合わせをすることは一切できません。 処方された薬についても不明な点があってももう一度(別の日に)診察してもらう必要があり、その時点でDrが違っていたりするので一から説明することになったりと、非常に不便なのですね。。 また処方されたMicorobidで回復した後はすっかり”膀胱炎”のことは忘れていました。
今回(日曜日)の診察でも「炎症反応が出ているから」と結果のみで、「なぜ腰痛か」という疑問を投げかけてもDr.は慌しそうにみえ、ちゃんとした返事はもらえず、また培養検査のリクエスト(Labに行くにはDrにサインをもらうのですが)もしないまま帰宅してしまいました。。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
Macrobid、私はよく妊婦さんに使います。 妊婦さんにとても安全だからですね。
ただし、妊婦さんでない患者さんにはあまり使っていません。
と言いますのはMacrobidに耐性のある大腸菌が多いからなんです。Ciproをよく個人的には処方しています。
こればかりはほんとうに培養してもらわないとわかりません。
もし培養の結果、あなたの膀胱炎の菌がMacrobidでよく効くことがわかればそのままMacrobidを使用して治療を続けることが可能です。もし効かないことが判明したら効果のあるものに変更しないといけません。
Macrobidがよく効くタイプの菌を持っておられて、Macrobidで治療後も腰痛が続くなら今度は別の観点から腰痛の原因を探るべきです。
このようにして培養の結果を見て治療を進めますのでその培養をしてもらうことが先ずは先決です。
ぜひそうされてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。 当初の質問は:

”今回(2件)のように「頻尿、残尿感、排尿時の痛み」が全く無く、背中や腰の痛みを伴う膀胱炎は初めてです。 歳をとるとそういう膀胱炎もある、ということでしょうか?  怖れているのは腎盂炎の疑いで・・・”

という点です。 培養検査をしてみればわからない、というのは十分理解しておりますが、先生のこれまでのご経験の範囲内で結構です。
こういった”膀胱炎の主な症状とは無縁の腰痛を伴うもの”もおありでしたでしょうか? 前回は確か、”(救急医療現場において)膀胱炎の症状として失神してしまう女性がかなり多い”というお話でしたが。。。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
腰痛と膀胱炎、かなりありますよ。
腰痛でみえる患者さんは一応尿検査を女性の場合はします。
100%ではないですが、膀胱炎が見つかる場合はあります。

もし膀胱炎がしっかり治療されていなかったらもちろん腎盂炎のなる可能性はある訳であなたのご心配も当たっている可能性はあります。ですからしっかり検査を、と最初から強調しています。

膀胱炎の症状ですが、結局は尿路感染症の一部なわけですから、腎臓から尿管、そして膀胱ま での間に感染症が起きるわけですよね。それらの臓器のうち、腎臓と尿管の上部は背中にあります。ですから腰痛として出るんでしょう。
歳をとったから症状が変わったということではないでしょうね。

ただし、もちろんこの腰痛ですが、膀胱炎や腎盂炎からのものではない可能性だってあります。
最初のとき、Macrobidでいったんよくなっておられるので、膀胱炎からの腰痛の可能性は高いですが。。。

説明不足ならおっしゃってくださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

よく解りました。
検査(尿の培養検査)について一つ確認させてください。


仕事との兼ね合いもあり、Labに行くスケジューリングをする必要があります。


今回”感染症”が起こっている間にLabに行くべきでしょうか? それとも、Microbidで症状が軽くなって(または完治して)からでもいいのでしょうか?

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
症状があるうちに行かれてくださいね。
心配されていることが早くすっきりしますし、腎臓を傷つけない前にしっかり治療をされてください。
本来なら膀胱炎の治療をされる前にラボに行かれていただきたかったです。
部分的に治療された場合、培養してもなかなか原因菌が見つからないことが多いです。
でも、まだまだ症状があるうちに検査すれば原因菌は見つかる可能性は少しでもありますので一応検査を受けられてくださいね。
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験: 医師
docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問