JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私は59歳の男性で現在、糖尿病の治療で近くの医院へ通院しています。投薬治療をしています。 ほかには治療を受けていま

解決済みの質問:

私は59歳の男性で現在、糖尿病の治療で近くの医院へ通院しています。投薬治療をしています。
ほかには治療を受けていません。通院はありません。
私の健康状態はHbA1cが7.6で血糖139、尿糖(-)です。これ以外は凡て良でした。
毎日3Kmの早足ウォーキングで汗をかいています。ほぼ毎日1万歩以上歩いています。
今回のご相談は糖尿病ではあ りません。耳の相談です。
4月に受けた会社の健康診断では聴力は1000左右異常なし、4000左右異常ありでした。
5月の連休の時に旅行帰りの飛行機に乗っているとき、右耳の奥で今まで感じたことのない強い痛みがありました。時間にして数秒位で、数回繰り返しがありました。痛みは飛行機に乗っている間に消えていきました。左耳はなんともありませんでした。痛みが遠のいてからは音や声は膜がかかったような聞こえ方になり3日くらい経過してようやく普通に聞こえるようになりました。医者へ行って診察は受けていません。理由は様子見でした。本日、しばらくぶりに軽い痛みがありましたが直ぐにとまりした。こうしたことで心配がぶり返してきました。
家族では父親(77歳死亡)は60才頃から方耳(左右不明)がほぼ聞こえず、母親は90歳(93歳死亡)近くになる頃はほとんど両耳ともに聞こえませんでした。私は日常生活では仕事でも家庭でも右耳は聞こえ易く左耳は聞こえ辛く補聴器の購入の検討したときの診断でも同様の検査結果でした。
妻からは何度も聞き返すと言われ、会社でも同様です。現在、補聴器は使用していません。2年前に会社近くの耳鼻科医院へ通院しましたが効果が得られない時に、糖尿病の疑いが発覚したのをきっかけで他の総合病院へ紹介され耳治療が中断し通院はなくなりました。このまま耳が徐々に聞こえなくなっていってしまうのでしょうか?良い治療法や良い病院、医師のご紹介があれば助かります。
住まいは愛知県西尾市です。職業は会社員で管理職です。ストレスはあります。旅行中はストレスがまったくありませんでした。今後は飛行機に乗らないほうが良いのでしょうか。耳栓でもすればいのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

職場の定期健診などで行われる聴力検査は、オージオメーターという機器から出る音をヘッドフォンで聞き、聞こえたら手元のボタンを押すことで、難聴がないかを調べるものです。相談者様が受けられたのもこの検査だったのではないでしょうか。
「1000左右異常なし、4000左右異常あり」という所見は、日常会話に必要な聴力(1000Hz)は保たれていたが、聞こえなくてもニ日常生活に支障のない4000Hzの音は十分に聞こえなかったということです。4000Hzの周波数の音の聞こえが悪いことは、高音域から始まる難聴を示唆する所見です。

4000Hzの検査で両耳に異常があり、年齢が50歳以上の場合、まず考えられるのは 老人性難聴です。その場合は、治療の方法はありませんから、補聴器を使用して聴力を補っていく必要があるでしょう。

気圧変化時(飛行機に乗った時の耳痛)については、難聴とはまた別の問題(時間狭窄症)などである可能性が高く、これはこれで治療が必要です。

耳鼻科を受診されるべきだと思います。
日本耳鼻咽喉科学会認定の補聴器相談医がいる医療機関を選ばれるとよいでしょう。

補聴器相談医は「聞こえが不自由に感ずるようになった人 に対して、耳の状態を診察し聴力検査を行い、難聴の種類を診断します。治せる難聴に対しては治療を行います。治せな い難聴に対しては真に補聴器が必要なのかどうかを診断し、必要があれば専門の補聴器販売店を紹介し連携してその人に合った補聴器を選びます。もちろん補聴 器が適正に選択調整されているかを判断し、販売が適正に行われているかを判断し、疑問があれば販売店を指導します。また、補聴器が決まった後も、聴力が悪くなっていかないかの経過観察を行い、適切な補聴器の使い方の指導も行っていきます」(http://www.jibika.or.jp/citizens/senmon/hochouki.html より引用)

以下のサイトから、日本耳鼻咽喉科学会認定の補聴器相談医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医名簿】
http://www.jibika.or.jp/members/nintei/hochouki/hochouki.html

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問