JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中
医療

高校2年生男子で身長157センチです。低身長の診断・治療を受けたいのですが、年齢的にも少し難しいと思いますが、できる

ことは、したいと思っています。山口・広島・福岡で治療可能な病院を教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
医療 に関する質問をする
返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

男女別年齢別標準身長体重表を元に計算するならば、ご子息の身長は約165cm以上無ければ低身長の定義を満たすことになりますので、低身長という診断がつくことは確かです。

ただし、仰るように、既に骨端線が閉じてしまい、骨は伸びなくなってしまっている年齢ですから「年齢的にも少し難しい」と申しますか、一般的には治療は不可能と判断されます。

少し補足情報を下さい。

どういった治療をご所望なのでしょう? 骨端線が閉じる年齢以降の方にも成長ホルモンを投与し、それで身長が伸びたことを喧伝しているクリニックもありますし、外科的処置で骨を伸ばす方法もあります(いずれも保険は効きません)。そういった治療でも受けさせたいというお考えなのでしょうか。

以前に同じようなご質問にお答えしたことがあるのですが、上記のような治療を行っている医療機関は大都市にしかありません。「山口・広島・福岡」は必須条件ですか?

ご子息はこれまで、低身長に関してまったく診断や治療を受けられたことがないのでしょうか? 低身長の原因はさまざま(成長ホルモンの分泌不全に基づく成長ホルモン 分泌不全性低身長症や、甲状腺ホルモンの分泌不全による甲状腺機能低下症など)ですが、その原因はわかっているのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者の返答 返答済み 4 年 前.
治療に関しては、骨端線が、閉じているかどうかわからないのですが、骨端線が、閉じていない場合で治療可能な病院は、ありますか? 外科的治療は、望みません。低身長診断は、負荷検査等はしたことがありません。治療もしていません。四谷クリニック、きりんクリニックで骨端線が閉じてからの治療というのは、やはり難しいですよね?

 
猫山司, メディカルアドバイザー 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

> 骨端線が、閉じていない場合で治療可能な病院は、ありますか?
検索してみましたが、全て小児科医療機関になりますので、ご子息の年齢の患者様の治療は行っていないのではないかと考えます。お問い合わせをされてみてもよいかとは存じますが。
例:http://www.tsurunoboru-clinic.com/teisin_4.html

低身長の治療は成長ホルモンの補充療法ということになります。
お名前が出た2つのクリニックは、この種のご質問ではしばしば名前が出ますが、きりんクリニックのWebサイトで以下のQ&Aをご覧になれます。
http://www.178cm.info/faq/answer/02.php
サプリメントで治療を行うという見解ですね(低身長に効くサプリメントでその効果が認可されているものはもちろんありません)。

保険診療上の成長ホルモン補充療法の適応は、成長ホルモン分泌不全による低身長が証明されていることで、承認された対象疾患以外の病気や低身長に使用すると、効果が得られないことが多く、また、有害なことが起こる可能性があります。

また、骨端線が閉鎖している場合には、成長ホルモン治療は身長を伸ばす効果がありません。 また、骨端線が閉鎖に近い状態(日本人TW2法による骨年齢で男子15歳、女子14歳以上)、または、二次性徴が進んでそれとともに1年間の身長の伸びが 2cm以下になった場合にも、ほとんど効果がみられません」というのが、日本小児内分泌学会および日本内分泌学会の見解です。
http://endocrine.umin.ac.jp/seicho_hormone/body.htm
よって、高校2年生(16~17歳)であり、骨端線が閉鎖しているご子息は真っ当に考えれば成長ホルモン補充療法の適応とはならないわけです。

しかし上記の見解に異を唱える一派もいます。それが四谷クリニックときりんクリニックです。
低身長症に成長ホルモン治療 きりんクリニック渋谷
http://www.178cm.info/height/index.php

低身長治療専門外来 | メディカルサロン・クリニック 四谷メディカルサロン
http://www.medical-salon.co.jp/menu/se.html

これらのクリニックでは本来は適応外の、成長ホルモン分泌不全を伴わない、骨端線閉鎖後の低身長に対しても、成長ホルモン剤の使用によって身長の伸びが期待できると主張し、自由診療で治療を行っています。
ただ、こうしたクリニックでも、得られる身長の伸びは2~3cm、4~5cmと記載しています。
検索した限りでは、山口・広島・福岡にはこうした治療を行う医療機関は見つけられませんでした。

医学的見地からは、ご子息の低身長の「治療」は難しいと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問