JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年1月13日にヘルペスと武田病院皮膚科で診断、ウイルスの塗り薬を貰う。2,3、日後 主治医先生に点滴を3日ほど。そ

解決済みの質問:

昨年1月13日にヘルペスと武田病院皮膚科で診断、ウイルスの塗り薬を貰う。2,3、日後 主治医先生に点滴を3日ほど。その後 神経痛の痛み激しく、今日に至るも痛み甚だしい。この1年以上の間に、処方して頂いた薬は、リリカを1年以上、それと、ノリトレン、リボトリール、トリブタノール、デパケン、トラムセット、このトラムセットは、2か月程で止める。胃腸の不具合、全身かゆみ、ひざ下のしびれ感、味覚障害、でもこれらは、今までに飲んだ薬にほぼ共通の副作用、リリカのふらつきと眠気は、かなりすくなくなっていますが、腎臓えの負担軽減上、なるべく飲むのを止めようと、今は、トラムセットのみを1日三回。トリブタノールとデパケンは、目の霞が著しく止めましたが、霞はとれておりません。塗り薬は、リドカインゲル、とペンレスを、ペンレスは、効く時間が短く、リドカインは、かぶれが気になります。 もうかれこれ、一年半になります。未だ、朝に夕なに痛みとの戦いです。 何かこれぞと言った薬は何のでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の原因ウイルスによって、神経が傷つけられることで生じる痛みで、帯状疱疹後神経痛にまで発展してしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですが、最近ではこの神経痛に効くお薬がいくつか開発されています。

【帯状疱疹後神経痛】
http://toutsu.jp/nerve_pain/taijouhoushin/

具体的には、リリカ、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部、麻薬系鎮痛薬が、帯状疱疹後神経痛、の治療に用いられます。
しかし、どの薬が効くかは各々の患者様によって異なりますし、副作用の現れ方も個人差がありますので、どうしても試行錯誤が必要になってまいります。

相談者様は、既にリリカ、トリプタノール(三環系抗うつ薬)、デパケン(抗てんかん薬)、トラムセット(麻薬)を試みられていますので、主だった帯状疱疹後神経痛治療薬の中で残る選択肢としては、サインバルタ(デュロキセチン)とテグレトール(カルバマゼピン)ではないかと考えます。

サインバルタはトリプタノールから霞目や便秘といった副作用を取り除いたような抗うつ薬です。テグレトールは抗てんかん薬ですが、種々の神経痛に効果があり。通常はデパケンよりも以前に帯状疱疹後神経痛にも用いられることが多いお薬です。

この2剤の使用を主治医にリクエストされてみてはいかがでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問