JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

nou-no-moribitoに今すぐ質問する

nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 364
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

長文になりますが失礼いたします。59歳の母のことでご相談させてください。 現在療養型の病院に入院中なのですが、原因

解決済みの質問:

長文になりますが失礼いたします。59歳の母のことでご相談させてください。
現在療養型の病院に入院中なのですが、原因不明の発熱で日に日に状態が悪化しています。
採血・尿検査胸・腹のCTは明らかに熱源を示す異常が無いそうで原因がわかりません。
入院している病院ではMRI設備や専門科が無いため、熱源精査目的での転院を検討したのですが近隣の病院から断られてしまっている状態です。
現在は抗生剤の治療をし ていますが解熱する気配はなく、40度近い熱が出ています。
ここ数日は血圧も60台まで低下し、現在の主治医からはこのまま急変の可能性もあると説明されました。
点滴確保も難しく、頻会に入れかえている状態で、CVは血管がもろく、貧血もあるから出血のリスクを考えると勧めないと言われました。
(入院時はHB11現在9,2)
このままでは高カロリー輸液すら使えず、経管栄養も与えられず(以前経管栄養を入れた後に熱が出たから)衰弱していくのは目に見えます。
このまま見守るしかないのでしょうか。

経過としては
57歳まではほぼ健康で専業主婦をしていました。
57歳で軽度の脳梗塞で入院、軽度の糖尿病を指摘される(点滴治療・リハビリ後退院。その後はワーファリンなど内服治療)
     入院中に皮膚湿疹で皮膚科受診の際皮膚筋炎疑いで精査し、皮膚筋炎確定し全身精査、治療目的で転院
     パルス療法の際ステロイド性糖尿病発症しインスリン導入
     退院後ステロイドを徐々に減量しながら血糖コントロールするがコントロール不良
     また、もともと頚椎症があり麻痺の出現をきっかけに悪化があり、ペインクリニックにてブロック注射やトリガーポイント注射
     タール便が見られ、貧血出現胃潰瘍にて内服治療歴あり
58歳脳出血にて救急搬送 応急的に血腫の摘出するが意識レベルは回復せず、呼吸状態も不安定で抜管できず気切
     急性期脱出後、総合病院へ転院する頃は開眼・追視程度の意識レベル 胃管チューブから胃ロウ検討するが家族が決断できず保留
     腸膣ろうを指摘されるが現在の状態や麻酔のリスクを考慮し現在は手術する必要はないでしょうと説明される。     
     2ヶ月前に現在の療養型へ転院
すいません、何を書いたら良いのか整理できていない状態ですみません。
現在の主治医からは 転院時は全身状態は安定していたため、感染源を強いて言えば
膣から便汁がでており腸膣ろうからの感染が疑わしいのではないかとのことで、
今回婦人科のある病院に転院先を絞って検索をかけていました。
しかし紹介状持参で伺った婦人科では、なぜ指摘があったときに手術しなかったのかと言われる始末です。

婦人科に限らず、内科的に全身的に熱源を検索して治療を受けることはむずかしいのでしょうか…。
病院と名のつく所に入院していることで、逆に受けたい検査や治療が制限されているように感じてしまいます

もちろん現状から、全身麻酔で手術を…とフルコースな治療は望んでいませんが
だからといって死を待つだけと言う極端な選択肢しかないのかと思うとやりきれない気持ちになります。
人工呼吸器や心マを望みません…という承諾をする前に(今日、しましたが)
もうできることはないのかと思ってしまうのです。

現在あるデータを持ってセカンドオピニオンを受けたり
婦人科ではなく内科的な転院検索をすることは無駄でしょうか、また、無理なことでしょうか。
何かできることはないのでしょうか。

2週間前に、孫を見せに行った際に、手を伸ばして久しぶりに微笑んだ母の顔が頭から離れません。
どうか、ご意見いただけたらありがたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
あなたもご指摘の様に、熱の原因としては腸膣瘻が最も疑わしいと考えます。

(直)腸膣瘻を手術できる医師はかなり限られるという事情もあるかと存じます。

患者さんの意識状態がわるく気管切開までしておられ、皮膚筋炎を合併しているとなると、手術の難易度とも合わせて考えると、手術に自信が持てる医師をさがすのが大変だろうと思われます。
私が調べた限りの情報ですが、以下の病院が豊富な経験を持たれているようです。
相談する事は可能だろうと思います。

http://www.tsujinaka.or.jp/index.html

なお、内科的な治療法では治せないだろうと思います。
セカンドオピニオンとして、上記の病院と相談されて見てはいかがでしょうか。


あまりお力にはなれなかったかもしれませんが、お許し下さい。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早急で適切なご返答ありがとうございます。


現状として婦人科的な手術や治療の選択は難しいと考えました。


 


残る選択肢としてCVからのカロリー補液はどうかと思うのですが


内科的な治療ではもちろん治せないのは承知の上で


発熱や全身状態の改善を図ることは難しいのでしょうか…


主治医からは「貧血や出血リスクを考えると勧めない」


「こ家族が望めば行いますが…」という説明を受けています。


 


しかし主治医から「以前からあった腸膣瘻が体力の低下を引き金に


感染源になっている」と説明を受けたため、


絶飲食で末梢補液の期間が長かったことも一因なのであれば


高カロリー輸液で少しでも体力が持ち直せば


現状の改善が図れるのではないかと淡い期待を抱いてしまいます。


(これも無駄な延命と思われるのかも知れませんが…)


 


重篤な患者にもCVを挿入しているのを経験しているので


なぜ母には使ってもらえないのか、疑問を感じてしまっております。


 


ご意見を是非お聞かせください。

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
問題の根本的なところを解決しなければ、すべてが好転することはあり得ないと思います。
すでに、高熱があるということは、菌血症といって、腸膣瘻から感染した細菌が血液中に存在する可能性が高いのです。
そこへ高カロリーの輸液をすると細菌に栄養を与える様なものでおそらく、さらに菌が増殖して状態を悪くする可能性が高いかと存じます。

栄養を入れるのでしたら、経管で胃から行くか、胃瘻でしょうが、現在の様子では困難でしょうか。。。

ネットでの回答は、これ以上よい案がありません。
本当に申し訳ありません。


nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 364
経験: 脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問