JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4035
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

お世話になります。 横浜市鶴見区在住 です。長文、失礼いたします。 シビレに関する質問です。下記に詳細を列記し

解決済みの質問:

お世話になります。 横浜市鶴見区在住 です。長文、失礼いたします。

シビレに関する質問です。下記に詳細を列記しますが、要点は、以下の2点です。

① しびれている箇所は、左頬骨骨折(事故日:2012年10月09日)による手術をした箇所周辺であり、口内左上部分の歯茎(切開有り)および、鼻の表面がきついです。
  ペインクリニックがあることを知りましたが、上述の手術で万が一、神経等切れていた場合でも対処は可能でしょうか?
  手術日:プレート補強手術(2012 年10月16日)、プレート抜去手術(2013年3月18日)

② 担当医に推薦状を頂く場合に、担当医が知らない医療機関であっても、推薦状は書いて頂けるのか? 
推薦先の医療機関へは、前もって症状その他を話す必要があるのか?
また、横浜市鶴見区周辺あるいは、横浜市、川崎市周辺でお勧めの病院があれば? 
  例:港北区 ひよしペインクリニック 、 川崎区 太田総合病院 とか。
  なお、クリニックで、医師資格がないところでも、後に、加害者側損害保険会社と何らかの関係が生じた場合でも問題はないか?




ー記ー

事故内容
2012年10月09日に自転車同士の出会い頭で接触転倒(鶴見区内)、当方、「左頬骨骨折」で救急車にて川崎市内の病院へ搬送される(一部、意識のないときもあったが、基本的に意識あり)。

その後、別の病院(同じ川崎市内)へ転院(自分の意思)し、10月16日に手術(総合病院の形成外科にて、頬骨周辺にプレート2枚をネジ8本にて固定)。術後の2,3日は、切開部の痛みでわからなかったが、その後、切開部分にシビレがあることが判明。

2012年12月25日から「メチコバール錠500μg」を60日分処方される。が、効き目は不明だった。以後なし。

2013年3月18日に上記のプレート抜去手術を施行。
なお、抜去手術時に、口内へ血をドレンするためのシリコンチューブを一時的に設けた(勿論、抜糸時にチューブも撤去)。
手術中、上瞼の一部を電気メス(レーザーメス?)で米粒大の火傷を負傷する。このことは、シビレとは無関係とのこと(担当医=執刀医)。

シビレる範囲は、①切開部周辺(左眉毛尻から外方へ20mm位、左目下瞼30mm位の2箇所および口内左上側歯茎周辺)。②左側の鼻、鼻の下から唇までの間と口内の左上側(口内周辺部は、歯科医で歯茎に麻酔注射を打った感覚が常時継続している感じ)。

現在、担当医は、シビレに関しては、自然治癒を持つのみとの診断。なお、担当医は、ペインクリニック系の病院への推薦状は書くとのこと。


現在の状態
  ・左頬周辺、特に口中左上部の歯茎や、触った時の左側の鼻と唇上部のシビレがきつい。
  ・左上瞼の火傷の傷跡は、大分良くなってきたが、目やにがでる。ただし、目やには、火傷のため   ではなく、プレート除去時、下瞼の傷が腫れているためとのこと(担当医)。
   ただ、全体的に目の周辺に違和感あり。
  ・目薬の処方(2013.05.08)により、幾分、目やには減った気がするが、上記の違和感はまだあ   る。
  ・火傷の診察は、4月から4/23迄毎週火曜日に、以後5/7から2週に1回のペースで診察。
  ・4月までは、通常時に「カラヤヘッシブ」寝るときに「デュオアクテイブ」(ともに絆創膏)を貼る。か   なりウザったい。
  ・5月からは、寝るとき及び外出時に「カラヤヘッシブ」を貼り、普段は、乳液が好ましいが、「ニベ   アソフト」を塗る。


以上
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
三叉神経の末梢枝を傷つけたことが原因と思われます。それは神経が再生することで段々と直ってきます。一年後には85%が直ります。
①ペインクリニックでその痺 れをとることは可能です。カルバマゼピン,オキシカルバゼピン,ニューロンチン,バクロフェン,三叉神経ブロック等が使われます。
②担当医が知らない医療機関であっても、推薦状は書いてもらえます。受診したときにその紹介状をもっていってください。医師のいるクリニックを受診してください。次の病院を参照してください。
http://www.kounanhidamari.com/txt/intro03.html
http://www.pure-life.jp/
http://www.yokochu.jp/guidance/subject/medical/pain-clinic/index.html
http://www.pain.jp/index.html
http://yokohamapainclinic.p-kit.com/
質問者: 返答済み 4 年 前.

Dr_GATO 様 ご回答ありがとうございます。

ところで、頂いた回答についての質問ですが、紹介して頂く医療機関へは、こちらが事前にアクセスする必要があるのでしょうか?

それと、>「医師のいるクリニックを受診してください。」で、5種の医療機関のサイトをご紹介いただきましたが、
「医師=医師免許所持」というこでよろしいでしょうか?また、「医学博士=医師」なのでしょうか?

よろしくお願いします。  by ケ・セラ(PN)

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
電話をかけて紹介であることを告げて予約してください。病院のよってはかかりつけの病院から前もって直接ファックス等で紹介状を送ることも有ります。その医療機関に電話をかけて詳細を訊いてください。
医師=医師免許所持している人です。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問