JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

めまいがするので、MRI検査を一週間前に受けたのですが、隠れ脳梗塞が30~40か所有るとのこと。大量出血の可能性もあ

解決済みの質問:

めまいがするので、MRI検査を一週間前に受けたのですが、隠れ脳梗塞が30~40か所有るとのこと。大量出血の可能性もあるので、血液サラサラの薬?は処方されませんでした。難しい判断だそうです。血圧は高い時で、180台/110~低い時で110/70位、睡眠障害有、ここ数年ストレスを上手く解消できていません。
半年後に再検査をする事になっているのですが、不安です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

相談者様のご年齢を教えて下さい。

持病や常用薬があれば教えて下さい。

血圧については治療を受けられているのでしょうか。

今回のご相談でご質問になりたいことを具体的に教えて下さい。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.

ネットでのご質問ではMRI画像が見れませんので、はっきりと断定はできないことをご了承下さい。

まず、「隠れ脳梗塞」の定義ですが、かなり曖昧でさまざまな病態、病変をふくんでいます。まして、30−40カ所もあると言われているところからして、それが本当に全部、微細な脳梗塞とは言えない様に思います。いわゆる「大脳白質病変」と言いまして、脳梗塞にはなっていないような神経の傷みも含まれているかと思います。

原因としましては、一番に高血圧(あなたの場合には、記載がありませんが、降圧剤内服中でしょうか?)、糖尿病、高脂質異常症などで、特にメタボリックシンドロームであるならば肥満もよくありません。

不安であるお気持ちは良く理解できますが、もし今なさっている高血圧などの治療があるのでしたら、厳しく管理することが第一ですし、肥満があるようでしたら、真剣に体重減少に勤めるのがもっとも大切です。

追加のご質問は、遠慮なくどうぞ。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


58歳です、画像では大きなドーナツの様に白く脳を一周していました。3年前に降圧剤を服用した際に、たまに100以下になることが有ったので、2週間位で中止しました、一週間前から、アーチスト錠10Mを就寝前に1錠服用始めました。6~7年高血圧の状態でしたが、女性ホルモン減少の影響かもしれないということもあり、降圧剤は服用していませんでした。


身長155.0 体重48.5K 脂質異常症、糖尿無し。


以前に比べて、ここ数年文字が下手になり、洗物のとき食器を割ることが増えました。また、6年くらい前に撮ったMRI検査では異常なしでした。


これから何に気を付けて半年待てば良いのか不安です。


あるいは、他の病院でも検査して診てもらっても良いのでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

いわゆるメタボリック症候群に当てはまる所見には乏しいようですから、ここまでいただいた情報からは、血圧をコントロールする以外には、脳梗塞の進行を抑えるために相談者様が能動的に行える努力は無いように思われます。

ただ、そうした危険因子が無い中で、この6年間で比較的に急速に微小脳梗塞が増え、臨床症状(「文字が下手になり、洗物のとき食器を割ることが増え」てきた)も現れていることは、警戒すべき所見でしょう。

抗凝固療法(血液サラサラの薬)が本当に不要なのかどうかも含めて、他の医療機関でセカンドオピニオンを受けられることには意義があると考えます。
外科的治療の対象となる状態ではありませんので、神経内科を受診されてみるのも一法だと考えます。
以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問