JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2800
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

ここ1ケ月余りで急激に左目の視力が衰え、継続的に診てもらっていたN眼科医に行ったところ眼底に膜状の物が張って居るようだ言われ、とりあえず点眼

質問者の質問

ここ1ケ月余りで急激に左目の視力が衰え、継続的に診てもらっていたN眼科医に行ったところ眼底に膜状の物が張って居るようだ言われ、とりあえず点眼薬(ブロナック点眼液0.1%)と「カルナクリン錠50」という内服薬を出され、1ケ月後の予約をもらったのですが、「これで治るのでしょうか。」と質問 したところ、「腫れが退くか様子を見ましょう」と言われたのですが、私の自覚症状に照らしてとても不安だったので、初診だったのですが、T眼科へ行ったところ、眼底写真で詳細に診て下さいました。

 結果、眼底に異常な病変が見え、左目は既に黄斑部にかかっていて急激に視力が劣ろいたものと思われ、右目にも同じような病変部が現れているが、まだ黄斑部にかかっていないので、見えているのだと言われました。‘「加齢黄斑変症」でも無い様だし「?の病変で私にもよく分からない」と言われました。勿論「糖尿病」は患っていないので「糖尿病網膜症」と言う事は考えられません。

 やがて「失明」に至る恐れがあると言われ、どうして良いか分からない恐れに襲われています。その先生には来週の木曜日の予約は頂きましたが、「私にもよく分からないので紹介医を考えて見ましょう。」と言われていますので、不安でたまりません。

 話は違いますが、「脳内出血」で約一年間入院をしていた主人が、三月二十五日に肺炎で亡くなりました。毎日主人の入院していた病院に通い、心身共に疲れ、自分の目が見えにくくなって来ているのに気づかなかったというのも本音です。漸く主人の納骨も終わり、悲しみの中にもほっとした途端に、目のおかしさに気づきました。

 失明したらどうしよう!と不安の余り、このメールを書いています。どうぞよろしくお願い致します。 

    ♪♪◇◇………………………♪♪◇◇
          渡辺  怜子
    XXX@XXXXXX.XXX      
    ♪♪◇◇………………………♪♪◇◇
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:まだアドバイスが必要。
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:セカンド オピニオンを希望

医療 についての関連する質問