JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

しゃっくりが昨夜から(夜中1時半過ぎ)12時間以上止まりません。ほとんど睡眠もとれない状態です。 持病に逆流性食道

質問者の質問

しゃっくりが昨夜から(夜中1時半過ぎ)12時間以上止まりません。ほとんど睡眠もとれない状態です。
持病に逆流性食道炎があり、胃酸を軽減する薬を飲んでいます。そのほかは至って健康ですが。病院に行ったほうがいいでしょうか?    55才 男性
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

 

しゃっくり(吃逆:きつぎゃく)の特効薬はなく、稀ですが相談者様のように長時間持続することもあるため、臨床上難渋することがある病態です。

 

長時間持続する吃逆は何らかの疾患によるものである場合が少なからずあります。

中枢性吃逆は、第3~第5頸髄以上の中枢神経病変によって呼吸中枢や横隔神経(横隔膜を動かす神経です)の脊髄中枢が刺激されて生じます。

具体的には、脳腫瘍などで脳圧亢進が起こって生じている場合や、髄膜炎、脳炎などが原因で炎症が起こっているケースがあります。

末梢性吃逆は、横隔神経が直接刺激を受けて生じるものです。

縦隔腫瘍や食道裂孔ヘルニアなどが原因となります(逆流性食道炎おありであれば、食道裂孔ヘルニアが起きている可能性はあります)。

 

こうした原因となる疾患が見つからない場合は、外科的手術により、横隔膜神経の切断が行われることもあります。

 

これから救急病院を受診されても、しゃっくりをただちに止める手段はないのですが、睡眠薬の投与等の対症的な対処は期待できますので、病院に行かれた方がよろしいかと存じます。

しゃっくりが明日以降も続くようならば、まずは消化器内科で検査を受けられるべきでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

【しゃっくり(吃逆:きつぎゃく)を止める】

http://homepage3.nifty.com/harima-p/kitugyaku.html

医療 についての関連する質問