JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4034
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

将来の視力低下を医師から言われたことに対する質問です。 4歳のときに医師から将来視力が低下すると言われ、13歳

解決済みの質問:

将来の視力低下を医師から言われたことに対する質問です。

4歳のときに医師から将来視力が低下すると言われ、13歳から視力1.5から低下が始まりました。
現在、視力が0.03程度です。

質問は、どうしてこの医師は将来の視力低下を予言できたのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
その時の診断名は何ですか。
質問者: 返答済み 4 年 前.
お返事ありがとうございます。

診断名を母に確認したところ、記憶にないそうです。申し訳ございません。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
診断名が分からないとはっきりしませんがその病気によって視力が段々と無くなることはその病気の進行から予測できます。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。

可能性のある病名はいくつかあげることは可能ですか。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
遺伝性網膜ジストロフィーと呼ばれる病気のグループが考えられます。その中で網膜色素変性症が最も知られている病気です。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答りがとうございます。

あらためて、母に聞いたところ、医師からは病気ではなく
近眼の要素を持った目と説明を受けたそうです。
その近眼の要素とは何のことでしょうか?
先日眼科へ行ったのですが、目の病気は無いの診断でした。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
家系に似たような症状をもつ方がいますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.
はい、
母父の両親はともに正常視力ですが、
母親と兄弟4人中私を含め3人が強度の近眼です。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
現在の目の検査で特に病気がないと診断されたことからその医師があなたの目を見た時も特に異常はなかったと思います。おそらく,その医師は遺伝的な背景から将来,視力が落ちると予測したのかもしれません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。
当時、視力が悪いのは母親一人です。それだけで、遺伝といえるのでしょうか。
また、遺伝なら、正常視力者と比較して何が違って、視力に影響しているのでしょうか。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
近視は家族性のことが多く,お母さんが極度の近視をもっている場合、将来、極度の近視になることが多いです。他としては角膜が極度の曲がっている,目が普通より長い等が考えられます。次回,眼科を受診したときに尋ねてみてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございます。

最後に質問させてください。
1、眼球が長くなるとはどういう現象でしょうか。眼球を取り巻く斜筋直筋が影響するのでしょうか?

2、眼球が長い場合の治療法はあるのでしょうか?
  また、近視の治療法はあるのでしょうか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
1眼球が長くなるのではなく遺伝的に生まれついてから眼球が長い状態です。
2それは眼鏡の矯正します。もし,難治性であるなら,目の成長がとまった時点でレーシック手術で矯正します。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問