JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

平成23年、24年の前立腺ガンのPAS検査が0.47と0.48の数値であったものが今年は3.7もありました。正常とい

質問者の質問

平成23年、24年の前立腺ガンのPAS検査が0.47と0.48の数値であったものが今年は3.7もありました。正常といわれましたが気になります。
前立腺は腹部のエコー検査では少し大きい(正常高値)と言われているのですがこれはどう判断すればいいのでしょうか。
頻尿も残尿感等、これっといった症状はないのですが。定期的にPSA検査(経過観察)を受ければよいのか。専門病院へいき更に詳しく調べればよいにか
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

一般論として回答を書かせていただきますね。

PSAが高い理由は前立腺ガンのほかにも前立腺肥大症だったり前立腺炎だってありえます。
しかし前立腺ガンでほとんどの場合上昇しますね。

一般的にPSAの正常ラインは4です。
これ以上の場合は精密検査を行うことになっていますが、4-10であればグレーゾーンで4人に一人の割合で前立腺ガンが見つかり、10以上ですと2人に一人の割合でガンが見つかります。PSAは高くなればなるほど前立腺ガンの確率は高くなります。

そこで世の 中で使われている画像診断といわれるもので初期の前立腺ガンを発見できないかと言いますとお答えはNOです。
初期の段階であればあるほど超音波やMRIなどには何もうつらないです。
この世の中に残念ながらガン細胞の小さい小さい細胞をうつしきれる画像診断法は存在しないわけです。
ですから生検をします。

http://www.youtube.com/watch?v=krSz5XTEUZI

このYoutubeの画像を参照にされて下さいね。
生検のいい点はもちろん早期発見につながるということ。
進行の遅いと言われている前立腺ガンであっても早期発見であればあるほど治療はしやすいですよね。

生検手術のリスクは感染症、生検のサイトからの出血、精液に血液が混じる、排尿困難などがあげられます。稀に排尿困難でカテーテルを一時的に挿入することもありますが、以上のリスクは一般に一時的なものです。

今後のお話ですが、前立腺肥大の気があるようですのでそのためのお薬を飲みながらPSAを繰り返し検査されてそれでも高かったら生検を考えられるかと言われればそれはそのリスクを十分ご承知の上であれば可能であるとは思います。
あなたの場合はPSAが例年に比べて何十倍も上昇していますのでPSAの再検査をされるべきです。これは現在の数値が4位下であってもです。
3ヶ月後にもう一度検査をされて、それでもまだ高ければ、主治医とご相談の上生検をされた方がいいと私は思います。

https://www.urol.or.jp/specialist/inst/index.html

これが泌尿器科学会の認定施設です。
ここなら質の高いケアが受けられると思います。
参考にされてくださいね。



医療 についての関連する質問