JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nou-no-moribitoに今すぐ質問する
nou-no-moribito
nou-no-moribito, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 371
経験:  脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
70641304
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
nou-no-moribitoがオンラインで質問受付中

10年以上血圧降下剤を服用しています。 3月初めに軽い手足のしびれ(時々)と頭から肩にかけて重い感じを覚え、近所の

質問者の質問

10年以上血圧降下剤を服用しています。
3月初めに軽い手足のしびれ(時々)と頭から肩にかけて重い感じを覚え、近所の脳外科を受診しました。MRIの結果脳梗塞と診断されバイアスピリン錠100mgとケタスカプセル10mgを処方されましたが回復の兆しがありません。不安でうつ状態を話すとセルシン2mgの安定剤も処方されました。このままこの治療で良いのでしょうか?不安が募り前よりも症状か悪化している様に感じます。何か良いアドバイスをお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
いくつかの問題点があるので、順番に指摘して回答してみますね。
しかしながら、実際に私は診察をできませんし、MRIの画像も診る事ができません。
そして、その脳外科医が実際に言った言葉も知りません。
これらのことを含んだ上で以下の回答をお読み下さい。
あくまでも、私見ですので。

1.最も問題なのは、脳外科医の対応です。
 あなたが気にしているのは「軽い手足のしびれ(時々)」と「頭から肩にかけての重い感じ」です。その脳外科医はMRIの検査をしましたが、その時に発見した「脳梗塞」がその症状と関係あるのかどうかは極めて疑問です。もう1つは、MRIでみられた画像からその病変が本当に脳梗塞(陳旧性のラクナなどであったのかもしれないが)かどうか、いわゆる「大脳白質病変」は、脳梗塞と安易に診断されることがあるが明らかに脳梗塞とはことなったものであります。
これらは、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病の治療が非常に大切になります。

2.手足のしびれ、と言われているのは、両側(右も左も)でしょうか?
 もし、右の手と足、あるいは左の手と足ではなく、右手と左足あるいは両手足とかでしたら、頸椎の病変によって頚髄が圧迫されている可能性の方が高いかと思います。
それでしたら、頸椎頚髄部のMRI検査が必要です。

3.脳外科医は、症状に対してすぐに処方(セルシン)をしているようですが、もっと根本的なところをあなたからよく聞いてあげる必要がありますね。

私の結論としては、その脳外科医を
やめて、別の脳外科医(MRIは、最低でも1.5Tのものを有しているところ)を受診する事をおすすめ申し上げます。
また、脳ドックは受けると、損ですよ。すでに、保険病名がついていますので、保険を使ってMRI検査は受けて下さいね。

では、また追加のご質問がありましたら遠慮なくどうぞ。

nou-no-moribitoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答を有難うございました。


手足のしびれは右だけです。


アドバイスを受けて他の脳外科を受診しようと思います。


受診する際、どの程度まで話をしたら良いのでしょうか?


もちろん血圧降下剤服用は話さないといけないでしょうが、脳外科での診断結果や投薬の事、MRA・MRIの画像データを見せた方が良いのですか?


また、これから検査を受けるのに血液検査や心電図も見てもらった方が良いですか?セルシンの服用は止めた方が良いでしょうか?

専門家:  nou-no-moribito 返答済み 4 年 前.
一番良いのは、現在かかっておられる脳外科医の紹介状とCDーRに画像を焼いて持参する事です。
『セカンドオピニオンでも問題は無いです。』とその医師が言ってるのでしたら、紹介状やデータは用意してもらえると思いますよ。
せっかくお金を使ったのです、データはあなたのものですから堂々と請求したら良いでしょう。ただし、その医師のプライドを傷つけ無いようにご配慮お願いします。
セルシンはとりあえず、中止しましょう。
これからの検査で何をするかは、次の医師に任せましょう。

では、また、追加質問がございましたら、遠慮なくどうぞ(^^)

医療 についての関連する質問