JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

認知障害について 86歳の母が先月6日に早期胃がんで開腹手術をし、胃の5分の3と胆石があった為胆嚢も切除しまし

解決済みの質問:

認知障害について

86歳の母が先月6日に早期胃がんで開腹手術をし、胃の5分の3と胆石があった為胆嚢も切除しました。高齢で したが転移もなく心臓も問題なかったので開腹手術を選択し、当初入院も余裕をみて3週間とのことでしたが、術後胃のつなぎ目の腫れがあり食事のスタートが遅れ、今月の9日にやっと退院となりました。食事については美味しく感じないといいつつも、一日に何回か分けて食べられるようになっており、身の回りのこともできる状態です。
一方、入院の日数が経つにつれ、すべてではないのですが、短期的な記憶力の低下が進み
、(時々ですが)手術したことや病院にいる理由、また家の中がどんなだったか思い出せないようになってしまいました。退院後、生活をしているうちに思い出すことも多くなってきましたが、昨日のことがすべて記憶として定着していなかったり、今まで一人で続けてきた家業のたばこ店の発注の仕方や帳簿の付け方など経営のノウハウが思い出せなずに頭を抱え込んで落ち込んでしまうこともあります。とりあえず店を再開し、お店にでているうちにたばこの名前などは思い出してきたようで、ここ数日なんとか販売業をがんばってこなしています。また、お店が開いていれば近所のかたが声をかけてくださるので、店頭で普通に会話をしています。ただ体調と記憶がもどらない不安でうつうつとしてしまうようで、一人暮らしなのですが私に毎日来てほしいといいます。入院前の母からは考えなれないような後ろ向きな態度も見られます。 
この認知障害ともとれる状態は入院中よりは良くなっているのですが、
認知症が進行しているものなのか、仮性認知症なのか、はたまた鬱なのか判断がつかず悩んでいます。ちなみに物忘れがあるので昨年9月に脳神経外科で診ていただいたときは、脳に萎縮はあるが年相応で問題ないといわれたそうです。また今回よりは酷くありませんが、2年前風邪の薬が強かったせいで、記憶力が低下したことがあり4ヶ月くらいで回復したことがあります。説明が長くなり申し訳ございませんが、アドバイスを何卒よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。
かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

「認知症が進行しているものなのか、仮性認知症なのか、はたまた鬱なのか」という鑑別はしばしば非常に難しく、診断のためには専門性が高い医療機関を受診する必要があるかもしれません。

少し補足情報を下さい。

「物忘れがあるので昨年9月に脳神経外科で診ていただいた」とのことですが、その脳神経外科は物忘れ外来など、認知症の診断や治療を行う専門性がある医療機関ですか?

今回は脳のMRI検査などは受けられていないのでしょうか。

ご記載からの推察ですが、認知症様の症状は、1日の中でも変動があると理解してよろしいでしょうか。

お母様は夜は良く眠れているようですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


脳神経外科は主治医である内科の先生からの紹介で受診をしたものです。専門性についてはよくわからないのですが、大きな病院であるこ


とは確かです。また薬で記憶が低下したときも別の大きな病院の脳神経外科で検査をしていますが、このときは問題ないとのことだったと思います。


 


入院中このような症状が心配になり、手術をしてくださった外科の先生に相談し、脳神経外科の先生が話しだけを聞きに来てくれましたが、過剰診療になるとのことで検査はしていただけませんでした。


 


一日の変化は大きくはありませんが、変動があります。落ち込むと不安が増長されます。


 


疲れていても、すぐに眠れないことがあるようです。また、一定時間眠ると目が覚めるようですが、朝食までは横になっているとのことです。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

これまでの情報を勘案しますと、脳梗塞その他の脳の器質的な問題が起きていないという前提で回答するのであれば、お母様は典型的な術後せん妄(活動低下型)を呈していると思われます。

【術後せん妄】
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/psychiatry/_userdata/delirium.pdf
http://www.tyojyu.or.jp/hp/page000000800/hpg000000773.htm

最善の対処は精神科を受診して少量の抗精神病薬を用いて鎮静を試みることです。
一般的な睡眠薬や精神安定剤は状態を悪化させます。

基盤は睡眠リズム障害ですので、薬物療法以外では、日中、意識的に日光に当たる時間を増やす、刺激を増やして覚醒度を上げる、といった方策がしばしば有用です。

せん妄の適切な治療を受けられるためには精神科を受診される必要がございます。老年期精神医学の専門施設であれば申し分ありません。
せん妄は可逆的な病態ですが、長引くと認知症に至る(もしくはもともとあった認知症が悪化する)ことがありますので、精神科受診は急がれた方がよいでしょう。特にお母様の場合は、もともと物忘れがあったということですし、風邪薬によってもせん妄(風邪薬の成分である抗ヒスタミン薬がせん妄の原因になります)を起こし、回復に4ヶ月がかかっているということですから、今回は、早目の介入で早期の回復を目指されるべきでしょう。

下記のサイトから、日本老年精神医学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設】
http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/r-H.htm

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問