JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

高校生の娘の事で相談します。中1より双極性Ⅱ型で治療をしています。症状に波があり、高1時には調子良く登校出来、2年に

解決済みの質問:

高校生の娘の事で相談します。中1より双極性Ⅱ型で治療をしています。症状に波があり、高1時には調子良く登校出来、2年に進級しましたが体調が悪くなり留年しました。再度2年で後半体調を悪くし、今年2月に急遽通信制に編入し3年生になれました。
本人は大学進学を目指し夢と希望を持っていますが、身体が思うように動きません。
現在の症状は『過眠』だけで、ひたすら眠っています。起きた時は元気で食事もします。半日起きている時もあるし、夕方起きてまた寝てしまうこともあります。
早い時でもお昼にしか起きません。夜は12時までには寝 て夜中は眠っていると本人は言っています。
処方されている薬は、ルボックス錠50アモキサンカプセル25mを朝夕、デパケンR錠100寝る前、
ベタナミン錠10mg2錠朝。ベタナミンは眠っている状態で無理に飲ませようとするので飲めない時がほとんどで飲んでも早くは起きれません。
眠っている時に声を掛けると非常に機嫌が悪く、『うるさい、クソババア』と言い、自分で起きてくると
機嫌も良く明るい元気な子です。
もう長い病気との付き合いなので仕方がないと思いますが、何とかしてあげたい気持ちです。
何か良い方法があったら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
大学病院では児童・思春期外来を担当していました。

現在の処方では、お嬢様は良くなりません。
なるはずがありません。

「何か良い方法」は、転院ということになるでしょう。

試みにお聞きします。

「デパケンR錠100寝る前」を服用していますが、デパケン(バルプロ酸)の血中濃度はどれくらいでしょうか。

ずっと現在の心療内科(?)にかかられているのですか? 双極性障害の治療について、どのような方針を説明されているでしょう。

双極Ⅱ型障害と診断された際の症状を、お手数ですが、少し詳しく教えていただけないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

中1の時に朝時々起きれなくなり、頭痛もあり脳外科でCT検査をするも異常なく心療内科をすすめられ、神経内科・精神科のクリニックを受診。


緊張性頭痛、うつ病、元気なときは歌を歌ったり、休みの日も出掛けてしまう、などから、双極性Ⅱ型と言われました。


が、あるとき『今は双極性ですか?』と聞いたところ


『誰が言ったの?』と言われ、信頼関係もなくなり失望していまいました。


その時は、デパケン錠100を3回服用し、別の病院で血中濃度を調べたところ高かったため2回にしました。その後良くならないので『効いてないので止める』と言われ、中止しました。


 


その後一時良かったのですが、また体調が悪くなってきたのと、先生に対して拒否反応が出てきてしまったので現在の心療内科に昨年5月に転院しました。


現在の先生からも双極性Ⅱ型と思われるとの診断を受け、血中濃度も正常


と言うことでデパケンR100を服用しています。


脳波検査もし緊張が強いと言われました。


 


以前の学校の先生は、学校での娘の姿しか知らないので、本当に病気なのか、薬をやめた方が良くなるのではないか。と、とても心配してくれます。


親としてこれからの娘が元気になってくれればと願っています。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

それでは、お嬢様の診断は双極性障害(躁うつ病)で間違いが無いという前提で回答させていただきます。

 

その前に、

「脳波検査もし緊張が強いと言われました」とのことですが、脳波検査でそんなことはわかりません。

「薬をやめた方が良くなるのではないか」という学校の先生の意見は、向精神薬に偏見を持たれている方からしばしば聞かれる意見ですが、お嬢様においては部分的には正解です。

 

躁うつ病とうつ病は全く異なる病気であることが分かっており、病像が似ていても、躁うつ病の患者様のうつ状態に抗うつ薬を投与しても効果がありませんし、むしろ躁転や急速交代化、難治化といった、病状の複雑化を招きます。

つまりお嬢様の診断が双極性障害であるにも関わらず、ルボックス、アモキサンと、2種類もの抗うつ薬が処方されていることは、百害あって一利無しで、お嬢様の病状を拗らせてしまっている可能性が高いと言わざるをえません。

加えて申し上げれば、躁うつ病でしばしば認められる過眠という症状に対してベタナミンという覚醒剤を処方する安易さは、看過しかねる愚策です。

http://kimura-clinic.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-ba06.html

 

お嬢様の人生は、歴代の主治医の精神科医としての技量不足・知識不足のために狂ってしまったとさえ言えるでしょう。

躁うつ病の治療は薬物療法が中心で、気分安定薬と呼ばれる、気分の幅を一定に収めるお薬が用いられます。薬剤名としては、リーマス、デパケン、テグレトール、ラミクタールなどが気分安定薬にあたります。
これらのお薬は躁うつ病の躁状態にもうつ状態にも有効で、継続的な服薬を続けることで病相予防効果もあります。

現在のデパケン(バルプロ酸)の血中濃度がわからないので具体的な用量はお示ししかねますが、現在のお嬢様の状態がうつ状態であると判断されているのであれば、有効血中濃度の範囲内でデパケンを増量すべきですし、デパケンが効いていないと判断されるのであれば、他の気分安定薬に切り替えられるべきでしょう。

 

お嬢様は数年を無駄にしましたが、現主治医に多くを期待することは諦めて、転院されることをお勧めいたします。


双極性障害の適切な治療法や、専門医の探し方については、双極性障害治療の現状を憂慮して日本うつ病学会が作成した以下のマニュアルをご覧になってみて下さい。

【日本うつ病学会:双極性障害(躁うつ病)とつきあうために】
http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/sokyoku/

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生  様

 

大変遅くなりましたが先日は、ご意見アドバイスありがとうございました。

転院は以前から考えておりましたが、娘本人が先生との関係も悪くないためあまり気が進みませんでしたが、今回、猫山先生のご意見を見せたところ転院に納得いたしました。

地方在住のため大学病院等の受診は実際不可能なため、近隣の患者さんに学生も多く混んでいて大変評判の良いメンタルクリニックに受診して来ました。

やはりデパケンR1001錠は有効血中濃度に足りてないでしょうと言う意見でした。

前クリニックでラミクタールを追加されていたので、処方された分だけ服用し

心理テスト、血液検査を行い方向を決めましょう。と言うことでした。

また親子で前向きに頑張っていきたいと思います。

先生のご意見が聞け、転院のきっかけができ、大変良かったと思います。

本当にありがとうございました。

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
わざわざのご連絡ありがとうございます。

お役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問