JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4038
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

解決しました。ありがとうございます。

解決済みの質問:

高齢、透析患者が左脚付根・ 股関節骨折した場合の適切な処置。 適切な処置をしていればどういう結果が待っていたか?をお教えください。 義父の相談です。年齢当時69歳。現在70歳。 病歴は H4年 2型糖尿病 H17年 4月 前立腺がん 同年7月 白内障で手術 入院中 多発性脳梗塞 同年12月 慢性腎不全で透析導入 H23年4月 (脳卒中の疑い)呼吸不全で緊急搬送 同年5月 状態安定で転院、転院先で転倒 「痛い!痛い!」と叫び不穏が続くのでジャゼパム・セレネースの内服、セルシンの注射で沈静を行う。 副作用で意識が朦朧となり、よだれを垂らし、家族を認識できなくなる。 H23年6月 胃潰瘍 7月要介護5と認定 寝たきり・全介助・認知症 10月転院 転院先で左脚付根・股関節骨折発覚 骨折より日にちが経っているし、透析患者のため、手術は不可能といわれる。 以上が病歴です。 今更、手術もできませんし、認知症も改善できないとは思いますが。。。 質問は、 ①この病歴の父が骨折した時の適切な対処はなんだったのでしょうか? ②適切な対処をしていれば、今頃父はどうなっていたのでしょうか? ①については、 ※高齢で透析患者の場合は手術はリスクが高いのでお勧めしない。 と、言われたり ※しっかりとした麻酔医が居る病院でなら、高齢者でも透析患者でも、もともと歩いていたのなら手術しています。その場合は、このように薬漬けで認知が進むこともなかったでしょう。 と言われたり、 ※適切な処置は症例を診ないと何とも言えません。 と、言われたり。。。 どれが適切な処置だったのでしょうか? そして、適切な処置をしていれば、寝たきりで全介助・認知症になる時期が少しでも遅れていたのでしょうか? お忙しいところ大変申し訳ございませんが、お教えいただけないでしょうか? どうか、宜しくお願いいたします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
①しっかりとした麻酔医が居る病院でなら、高齢者でも透析患者でも、手術は可能です。
②くすりによる痴呆であるなら薬を止めた後回復するはずです。その痴呆は脳塞栓による痴呆かもしれません。脳塞栓は骨折の手術で避けることが出来たかもしれません。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問