JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4055
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

ペインクリニックについてご質問です。 下記のような症状の患者を、ペインクリニックとして 見ていただけるものかどうかを、まず確認したいと 思い、投稿した次第です。

解決済みの質問:

ペインクリニックについてご質問です。

下記のような症状の患者を、ペインクリニックとして
見ていただけるものかどうかを、まず確認したいと
思い、投稿した次第です。

【患者と症状】

患者は、76歳の女性、私の母になります。

半年ほど前より腰の痛みに悩まされております。

痛みは、日中には全く発症しませんが、夜に寝ていると
目が覚め、腰の痛みで寝ているのが辛くなり、
しばらく起き上がていると、痛みが引く
という事が毎日発生しているようです。

夜中に目覚めるのも、半年前は、朝の5時くらい
までもったものが、今は、2時くらいに目覚めるようです。

神経的に弱いものがあり、よい睡眠が得られない事に
よる、神経の疲れが、通常の人よりは大きい状態
となっております。

マットレスを変えたりしたみたのですが、症状が
全く軽減されず、先日、病院でMRIを取ったところ、
痛みが発生していると思われる箇所の神経が
部分的に細くなっており、その部分に、寝ることにより
圧迫がかかっているのではないかとの診断でした。

特に骨折などはなかったようです。

当該病院は、手術をする程でもないということで、
漢方薬を出してくれたようです。

しかし、当人は、このままの状態が続くと
精神的にきつい。。。と申しており、このような
状態を解消する治療方法はないものかと
悩んでおります。

このような場合、
ペインクリニック療法で
改善の余地があるのかどうか、
HPのご説明を拝読しただけでは
判断がつかず、初診していただく
べきかどうか悩んでおります。

ご教示いただければ有難いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
身長と体重を教えてください。体重に変化がありますか。
腰の痛みの他に脚の痺れ、弱さがありますか。
いつその症状が始まりましたか。段々と悪くなってきてますか。
横向きに寝るとその痛みはどうですか。
痛み止めを飲むとその痛みは軽減しますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

身長156CM 体重 49KG


腰の痛み脚の痺れ 弱さは特にないです。


2~4ヶ月前くらいから始まりました。


段々痛みが強くなっているようですが、圧迫しないよう、少し腰を浮かした形でベットを工夫すると、少しましになってきているようです。


 


横向きに寝ると痛みはないようですが、正面に寝てから横向けに寝ると、既に痛みがあるため、その痛みが続くようです。


 


漢方薬は処方されましたが飲んでおりません。痛み止めの薬は特に処方されておりません。


 


よろしくお願いします。


 


 


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
インターネットのコネクションが悪く遅くなって申し訳ありません。神経が細くなっていることがどのような現象かはっきりわかりませんが理学療法、ニューロンチンのような神経用の痛み止め、ステロイドの局所注射等でその痛みは軽減すると思います。それと横向きに寝て痛みを出来るだけ避けてください。ペインクリニックで対処してくれると思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

つまり、根本的に直すには、外科的手術しかなく、ペインクリニックで対応してくれるのは、一時的に痛み止めをうつだけ という施術になるという事でしょうか?


 


一度うった場合は、どれくらい痛みがやわらぐ状態が続くのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
年齢的に考えて脊椎の変形性関節症により脊髄の狭窄を起こしていると思います。49ヶ月の手術以外の治療で70%は変わらず、15%は改善、15%は悪化が認められます。排尿困難、排便困難、脚の感覚の異常や弱さがない限り、直ぐには手術はしません。
その効果は数日以内に起ります。しかし、必ずしも効くとは限りません。その効果は数種間間で効きます。1年間で少なくとも1ヶ月の間隔をあけて3回まで射つことが出来ます。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問