JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山先生お願いいたします。 私の夫58歳についてのご相談です。夫は現在、フルニトラゼパム1mg/day,デパス1m

解決済みの質問:

猫山先生お願いいたします。
私の夫58歳についてのご相談です。夫は現在、フルニトラゼパム1mg/day,デパス1mg/day,半夏厚朴湯7.5gx3/dayを毎日服用しています。服用年数はフルニトラゼパム7年、デパス15年になります。薬を飲み始めた頃は仕事のストレスにより気分が落ち込んだり、睡眠不足が続いたことにより、うつ状態も考えられ、その頃の 主治医が処方したものです。その処方を現在も継続しています。現在、お薬を服用した直後に強い眠気がきますが、睡眠時間は5時間で目が覚めてしまいます。本来は7時間程の睡眠時間をとっていました。そのため本人は常に睡眠不足の感覚をもち、一日中眠気がありなやんでいます。
先生にご相談申し上げたいことは大きく2点ございます。1.フルニトラゼパムの海外持ち込みについて2.フルニトラゼパムの断薬についてです。
1.近く海外に仕事でヨーロッパ3カ国を回ります。その際、フルニトラゼパムを服用していることはもんだいにならないでしょうか?また注意する点などございましたらお教えください
2.フルニトラゼパムとデパスの長期服用が体に及ぼす影響と、睡眠不足を解消するための改善策としての先生の処方箋を具体的にお教え願えないでしょうか?自宅から通える範囲に信頼できる医師がどうしても見つかりません。また、フルニトラゼパム、デパス、半夏厚朴湯を同時に服用していることは良いことでしょうか?
3年ほど前から体のバランスを失い、自宅でも少しふらつきが目立つようになりました。また本人は記憶力の衰えを強く自覚しています。私は彼の周囲への注意力が散漫になったように感じています。これらはお薬の服用と関係しているのでしょうか?対処法も合わせてご回答をよろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご指名誠にありがとうございます。

本日少々取り込んでおります。

明日(8日)に回答させていただいてもよろしいでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

了解いたしました。8日のご回答をお待ち申し上げます。お忙しいおり、どうぞよろしくお願い申し上げます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
大変お待たせいたしました。
以下に回答させていただきます。

1.近く海外に仕事でヨーロッパ3カ国を回ります。その際、フルニトラゼパムを服用していることはもんだいにならないでしょうか?また注意する点などございましたらお教えください
よりによってフルニトラゼパムですので、国によっては問題になると思います。
ヨーロッパのいくつかの国ではフルニトラゼパムは麻薬扱いで持ち込み禁止薬物に指定されています。
http://kimura-clinic.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-0dbd.html
滞在される国名を具体的に挙げて、販売元である中外製薬のカスタマーセンターに持ち込みの可否の確認をされるべきでしょう。
http://chugai-pharm.info/hc/ss/rules/contact/index.html#article1

2. フルニトラゼパムとデパスの長期服用が体に及ぼす影響と、睡眠不足を解消するための改善策としての先生の処方箋を具体的にお教え願えないでしょうか?自宅 から通える範囲に信頼できる医師がどうしても見つかりません。また、フルニトラゼパム、デパス、半夏厚朴湯を同時に服用していることは良いことでしょう か?
3剤併用自体は、飲み合わせの問題はありません。
ただ、服用期間が大問題です。フルニトラゼパムもデパスも、化学的にはベンゾジアゼピン作動薬に属します。ベンゾジアゼピンは、耐性と依存性、長期的(8週間以上)服用時の副作用のために、国際的には処方が厳しく制限されているお薬です。
ベンゾジアゼピンをこのように無原則に使用できる国は先進国では日本だけです。このベンゾジアゼピン依存の問題は昨今では一般マスコミにも取り上げられ、社会問題化しつつあります(長期的副作用については以下のリンク先の記事をご閲覧ください)。

【抗不安・睡眠薬依存(2) ベンゾジアゼピンの害】
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60619

私であれば、セロクエルという抗精神病薬を少量、寝前に加えると思います。
セロクエルは作用時間が短いお薬で、鎮静作用は強いのですが、他の副作用は軽微です。統合失調症では300~600mg/日で用いられますが、不眠に対して用いられる用量は25~50mg/日です。
これを加えて睡眠が確保されたころで、まずデパスを細粒にして、0.1mg/月程度のペースで減量し、行きつ戻りつはあるかもしれませんが、最終的には中止します。最短で10ヶ月かかることになりますね。
次にフルニトラゼパムを、同様のペースで最低10ヶ月かけて減量・中止します。
私は漢方薬の服用に意義を感じませんし、依存性もありませんから、半夏厚朴湯はただちに中止します。
「うつ状態も考えられ」たとのことですが、それならばうつ病の一症状として不眠が現れていたわけですから、抗うつ薬をメインに使用し、睡眠薬は2~4週間の使用に留めていたであろうと思います。
睡眠・覚醒リズムの問題が薬物調整だけで解決することは稀ですから、合わせて生活指導も行うかもしれません。

3.? 3年ほど前から体のバランスを失い、自宅でも少しふらつきが目立つようになりました。また本人は記憶力の衰えを強く自覚しています。私は彼の 周囲への注意力が散漫になったように感じています。これらはお薬の服用と関係しているのでしょうか?対処法も合わせてご回答をよろしくお願い申し上げま す。
上記リンクの記事をお読みになっていただければおわかりのように、ふらつき、健忘、注意力の低下はすべてベンゾジアゼピン共通の副作用です。フルニトラゼパム、デパスの長期服用と関連している可能性は高いでしょう。対処法はこれらのお薬の減量・中止しかありません。
以下のアシュトン・マニュアルもご覧になってみて下さい。
http://www.benzo.org.uk/amisc/japan.pdf

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

猫山先生、お詳しいご回答をありがとうございました。現在の処方に疑問を持ち続けてまいりましたが、先生のご回答より一筋の光が見えた思いです。


本人に内容を知らせましたところ、いくつかお尋ねしたいことがあり、すみませんが追加質問を申しあげます。


フルニトゼバムについてですが、海外に持ち込みの際は製薬会社に問い合わせるとのご指示でした。そのようにさせていただきます。なお現在の主治医がフルニトゼバムの所持理由を英文にて作成しておりますが、その必要性はございますでしょうか?それは一般的なことなのでしょうか?


フルニトゼバムとデパスの減量はデパスから始めるようにとのご指示でした。それはどのような理由からなのでしょうか?本人はフルニトゼバムを大変気にしており、フルニトゼバムからの減薬はデパスが終わってからということに少し焦燥感のようなものを感じている次第です。猫山先生がご処方してくださいましたセロクエルというお薬を選ばれた理由は何ですか?


また、デパス、フルニトゼバムの減薬中に起こりうる離脱症状はどの程度の我慢をするべきでしょうか?抽象的なお尋ねの仕方しかできませんが、もしも何か注意することがありましたら、お教え願えないでしょうか?現在血圧を下げるお薬ということ で、アムロジピン5mg、タムスロシン塩酸塩カプセル0.1mg、オメプラゾール20mgを服用していますが、飲み合わせは大丈夫でしょうか?また主治医から昨日フルニトラゼバムの代替薬としてルネスタ1mgを提案されました。それは夫自身が様子を見ながら4分の1錠ずつフルニトラゼバムに徐々に置き換えるということでした。患者側はお薬の置換の知識も持ち合わせておりません。ルネスタというお薬は適当と思われますでしょうか?長くなり申し訳ありませんが最後にご回答をお願い申し上げます。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

> 現在の主治医がフルニトゼバムの所持理由を英文にて作成しておりますが、その必要性はございますでしょうか?それは一般的なことなのでしょうか?
一般的です。私も、自分が担当している患者様が海外旅行などをされる際には「Medical Certificate」を英文で書きます。多くの場合、これは使用されることがありませんが、何かの拍子に税関で荷物を検められた際にお薬が入っていますとその内容について問われますので、フルニトラゼパムに限らず、主治医から英文でご自分が服用されているお薬の「所持理由」を記載した書面をもらっておくことは、海外に行かれる際は必須です。

> フルニトゼバムとデパスの減量はデパスから始めるようにとのご指示でした。それはどのような理由からなのでしょうか?
就寝前薬として考えた場合、デパスの必要性の方が低いからです。デパスは、ベンゾジアゼピン作動薬ですが、睡眠薬ではなく抗不安薬です。確かに眠気が出やすいお薬ではありますが、フルニトラゼパムと比べた場合、ほとんどご主人の睡眠には寄与していないと思います。不要なお薬から切っていく方針は自然だと思います。
一方、フルニトラゼパムは、力価が強いだけに、減量にはてこずる可能性が大です。まずデパスを中止し、フルニトラゼパム単剤での睡眠状況を観察しつつ、フルニトラゼムの減量に挑む方が、ノイズが少なくなるので漸減・漸増の判断がしやすくなると考えました。
「先生の処方箋を具体的にお教え願えないでしょうか?」とのことでしたので、私ならばこうする、という方法をお示ししました。他の精神科医ならば他の方法を提示するかもしれません。

> 猫山先生がご処方してくださいましたセロクエルというお薬を選ばれた理由は何ですか?
作用時間が短くて(次の朝に残って起きづらくなることは稀です)、鎮静作用が強いために、多少のベンソジアゼピン離脱症状が出ても睡眠を確保でき、かつセロクエル自体には依存性は無いからです。これも医師ごとに流儀が違うとは思いますが、私は睡眠薬依存の患者様の治療にしばしばこのお薬を用います。

> デパス、フルニトゼバムの減薬中に起こりうる離脱症状はどの程度の我慢をするべきでしょうか?
このご質問はよくお受けしますが、ナンセンスです。
ベンゾジアゼピンの減量は、離脱症状が起こらないペースで行うべきです。そのために「0.1mg/月程度のペース」をお勧めしました。離脱症状が起きたら、すぐに元の量に戻し、離脱症状が落ち着いてから減量のペースを落として対処すべきです(例:0.05mg/月)。

> 現在血圧を下げるお薬ということ で、アムロジピン5mg、タムスロシン塩酸塩カプセル0.1mg、オメプラゾール20mgを服用していますが、飲み合わせは大丈夫でしょうか?
大丈夫です。

> また主治医から昨日フルニトラゼバムの代替薬としてルネスタ1mgを提案されました。それは夫自身が様子を見ながら4分の1錠ずつフルニトラゼバムに徐々 に置き換えるということでした。患者側はお薬の置換の知識も持ち合わせておりません。ルネスタというお薬は適当と思われますでしょうか?
これは、回答を得たいのであれば、新たなご質問として別途ご投稿ください。
JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトです。

私は当初のご質問には過不足なく回答したつもりでおります。 質問料金は最初の質問に対する回答に対して支払われるべきものです。
追加のご質問がある場合は、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。

次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された 質問料金に含まれていないものです。

追加質問に関しましては、どこかで線引きをする必要がございます。そうでなければ以下のよう な事態になりかねないからです。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html

また、私も複数の相談者様からご質問を受けておりますので、回答にかける時間や、回答の量や質において、他のご相談者様とのバランスを考えざるをえません。

ここまでお示しした回答は、今回のご質問に関する回答の適量を既に超えたものであると考えます。

試みに、私のプロフィールを辿って、他の方々が何回程度のやりとりで、どのような条件で承諾されているかをご参照ください。
http://www.justanswer.jp/profile.aspx?PF=61645565&FID=5214



以下、「返信」機能に関するJustAnswerサポートデスクの見解です。

*********************************************
JustAnswerは質問ごとに料金を設定し、「承諾」することでユーザーは支払いに同意し、報酬が 専門家に支払われるシステムです。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご 利用いただく機能です。

別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立て て、別の質問を投稿する必要があります。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問