JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

55歳女主婦 声楽科を出て、現在プロ歌手ではありませんが、合唱団で教えたり歌ったりしています。 2年前から軽いぜ

解決済みの質問:

55歳女主婦
声楽科を出て、現在プロ歌手ではありませんが、合唱団で教えたり歌ったりしています。
2年前から軽いぜんそくを患い、病院にかかっています。
父が喘息でしたが小 児ぜんそくはありませんでした。

二年前の6月に発症し、1か月以上4時に咳と喘鳴で目が覚め、起きる時間まで座っている状態が続いたので、病院に行き検査の結果、軽いぜんそくと言われました。
キュバールとホクナリンテープが処方されました。
今はフルタイトを使っています。
本番前は吸入薬は声枯れがひどくなるのでやめています。

初めに喘息を発症した時は高温多湿がだめでしたが最近は1年中です。
もともと花粉症ではないアレルギー性鼻炎があり、5年位前からは副鼻腔炎にもなり、においがわからなくなり、口紅もつけられなくなり、しかも声枯れまで出てきて、長年あちこち耳鼻科めぐりをしました。
どこにいっても同じで、セレスタミンや抗ヒスタミン薬となぜか喘息がでてないのにキュバールなどの薬がでていました。
どのくすりも一時的に鼻炎は止まっても声枯れには良くなくて、歌い辛くなり結局薬を辞めてしまうことが多かったのですが。

どう考えてもアレルギー体質なのに、どんなに症状がひどい時でも血液検査でのアレルゲンが出ず、どれもよくならないうちに今度はとうとう喘息。

大きな病院に行っても鼻は耳鼻科、ぜんそくは呼吸器科で声がかれるといっても相談に乗ってくれず、耳鼻科でぜんそくのことを言ってもわからないといわれ、なかなか改善できずにいます。

救急車呼ぶほどのひどい発作はありませんが、たびたび朝4時ごろから咳と喘鳴が続き、ましになっていた鼻炎も去年秋くらいから復活して、鼻づまりと咳が同時に来ると本当に苦しくて困ります。

ちょっと走ったり、緩い坂道を少し上っただけでもあと咳がでます。
今は声楽家としては現役ではありませんが、合唱団のボイストレーナーやみんなを引っ張って歌うのも息が続かず、声の響きもなくなってきて本当につらいです。
ぜんそくと鼻炎副鼻腔炎総合的に話を聞いてくださるところを探しています。

あと母からの遺伝でリウマチの傾向もあるのですが、これは関連性はありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

喘息とリウマチは、免疫学の立場から、近年その関連性が指摘されています。
http://www.sokayama.jp/prac tice/rheumatic/detail_2.html
相談者様の場合も、喘息になりやすい体質的な素地はあったのかもしれません。

ただ、一般に、成人発症の喘息はアレルギーとの関連性が希薄であるとも言われています。

少し補足情報を下さい。

現在使用されているお薬はフルタイドだけですか?

声枯れは、現在のところフルタイドの副作用と見なされていると理解してよろしいですか?

「アレルギー科」を受診されたことはありますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによっては回答が少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。


【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 4 年 前.

今はフルタイトだけです。以前はキュバール、オルベスコなども使いましたが、


かかるお医者様によって出される吸入薬が変わりました。


アレルギーの飲み薬も相当声枯れになります。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

現在、相談者様は、喘息+副鼻腔炎を患われているという前提で、その両疾患を包括的に治療してくれる医療機関を探されていると理解してよろしいですか?

喘息の診断において、呼吸機能検査は受けられたでしょうか? 鼻栓をして、筒に全力で息を吹き込む検査です。受けられていたら、どのような結果だったでしょうか。

喘息の診断を下したのは呼吸器内科医ですか?

ここまでのご記載を拝読しますに、相談者様の「喘息」の症状は咳が主なものであるようですが、呼吸が苦しくなり、気管がヒューヒューという音を出すようなことはないのでしょうか。

鼻水が喉に落ちてくるような感覚はございませんか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


そうです。ひゅーひゅーもいいますし鼻も落ちます。


呼吸器検査もしましたが値は


たしか85パーセントだったと思います。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ここまでいただいた情報からは、相談者様のメインの問題は、5年位前から患われているという副鼻腔炎に起因する「後鼻漏(こうびろう)」である可能性が高いのではないかと思います。

【後鼻漏】
http://www.medical-certificate.net/097/102/post_376.html

後鼻漏はしばしば喘息と誤診されたり、喘息に合併し、これを悪化させたりもします(下記リンクには個人のブログも含まれますが、医学的に正しい内容であることは保証致します)。
http://drenu.sblo.jp/article/470908.html
http://nodoita.com/zensoku/kankei_gappeibyouki6.html

「呼吸器検査の結果が85パーセントであった」というのはおそらくは%FEV1.0という値が85%であったということだと思いますが、これは喘息としてはごく軽症か、正常範囲内の値と見做されます。

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/imed3/lab_2/page4/asthma.html

 

5年間にも渡る副鼻腔炎(慢性副鼻腔炎)があるならば後鼻漏が起こることは当然想定されるべきですが、これまで受診された耳鼻咽喉科において、後鼻漏の可能性を指摘されたことはないのでしょうか?


質問を重ねて恐縮ですが、上記リンク先のサイトに記載された症状と相談者様の症状との異同も含めてご返信いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

国立医療センターの呼吸器内科での診断が軽めの喘息でした。


しかも息が上がるとピーピーなるし、咳が喘息の音ですので


やはり喘息だと思います。


ただし後鼻漏もあるかもしれません。


では大学病院で検査するのが良いのでしょうか?


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

確かに、遺伝負因もありますし、国立医療センターの呼吸器内科で付けられた診断であれば喘息があることは間違いないと思います。

一方で、同時に後鼻漏も患われている可能性は高いのではないかと考えます。
前述しましたが、5年間にも渡って副鼻腔炎を患われておられるのであれば、後鼻漏が起きており、それが喘息の病像を複雑なものにしている可能性が高いと思われます(声枯れは、吸入ステロイドの副作用であるとともに、後鼻漏の症状としての起こります)。

これまでは気管支喘息に対する治療しか行われてきていませんが、抗生物質の投与など、後鼻漏に対する治療が病状を良い方向にむけてくれるかもしれません。

残念ながら1つの診療科で気管支喘息と後鼻漏を高い水準で診断・治療できることは期待できませんから、仰られるように、大学病院のような水準の高い総合病院で、耳鼻咽喉科と呼吸器内科を併診されるのが良策かと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問