JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今日友人から過去に解離性多重人格の診断を受けたことがあると相談されました。私も医師ではありませんが大学のとき心理学を

解決済みの質問:

今日友人から過去に解離性多重人格の診断を受けたことがあると相談されました。私も医師ではありませんが大学のとき心理 学を学んだりそのような方のいる機関で仕事をしていた経験があるので話は聞きましたが友人は幼少期に家庭環境が複雑で身体的・肉体的虐待をうけていたらしくその記憶はあるけれど9・10歳の記憶がすっかり消えていて幼少期の記憶も断片的なものが多いようです。14歳から23歳までの自分とそれ以後(現33歳)はまったくの違う自分だったといいきっています。話をしていくうちに11歳のころ私の判断では性的な虐待を受けたとおもわれます。友人(男性)はそのとき知らないおじさんがいてそれを自分が見ていてでもそのおじさんは自分の一部だったと証言しています。その話のときから手が震え始め頭痛を訴えました。 友人はお酒をのむと起きたら知らない人の家にいたり性行為をした形跡があっても覚えていないことが昔からたまにあるそうです。ここ何年かは落ち着いてるみたいなのでどんなに進めても医療機関に行きたがりません。怖いそうです。彼は今も多重人格なのでしょうか?また嫌がっても専門的な治療を進めるべきでしょうか?よろしくお願いします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

まず、基本的に相談者様はそのご友人からの相談を受けられるべきではありません。そのご友人を治療する技術は無いわけですし、ご親族でもありませんから、そのご友人に関して法的な義務も権利も無いからです。
相談されても何もできず、しかしそのご友人は相談者様に相談することで安心を得られるという状況になれば、相談者様はそのご友人にとっての「イネイブラー」になってしまう可能性がございます。

> 彼は今も多重人格なのでしょうか?
ご本人を診察できないインターネット相談では診断は下せませんが、相談者様が聴取された「病歴」が偽記憶や創作でないという前提で回答するならば、解離性同一性障害(多重人格)を含む、なんらかの解離性障害の診断基準を、現在でも満たしている可能性はあると考えます。

> また嫌がっても専門的な治療を進めるべきでしょうか?
繰り返しになりますが、相談者様にはそれをする権利も義務もありません。
そのご友人は成人男性で、現時点で判断能力が損なわれているわけではありませんから、受診する・しないの判断はすべて自己責任です。
「嫌がっても専門的な治療を」勧める権利があるとすれば、その方のご両親か、ご結婚されているのならば配偶者ということになります。

今後、そのご友人から相談を受けられた場合は、「自分はあなたを治療することはできないので、不安があるなら設備の整った精神科医療機関を受診してほしい」とだけ答えるべきであると考えます。
今回お示しになったような病歴を、十分にフレーミングされていない環境で聞き出すこと、話させることは、解離性障害を持つ方の場合は、偽記憶の形成やその強化につながり、その後の治療にマイナスに働きます。
特に、話を聞いている方が、「私の判断では性的な虐待を受けたとおもわれます」といったような予断をもっていると、それが当事者に影響を与え、それに即した偽記憶が形成されてしまうリスクもあるのです。
専門家による心理療法においてすら、偽記憶や記憶の歪曲が惹起され、それが訴訟につながるなどのトラブルがかつて米国で頻発したことは恐らくご存知かと思います。
http://jhpa.info/material/Thesis/Loftus.html

今後相談は受けられないこと、困っているのなら適切な精神科を受診すること……今後はこの2点だけを伝えることにして、そのご友人の「病歴」に関わるお話はいっさいされないことをお勧めいたします。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。先生のお話をふまえたで上で友人には接したいと思います。正直友人が誰にも話したことない友人の過去を長時間話され戸惑っていました。的確なアドバイスを頂き感謝します。本当にありがとうございました!

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。先生のお話をふまえたで上で友人には接したいと思います。正直友人が誰にも話したことない友人の過去を長時間話され戸惑っていました。的確なアドバイスを頂き感謝します。本当にありがとうございました!

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

医療 についての関連する質問