JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

44歳 既婚子供なし 主婦です。10年ほど前に帯状疱疹を左腕に発症し、その時点では薬で治りましたが、5年まえに仕事を

解決済みの質問:

44歳 既婚子供なし 主婦です。10年ほど前に帯状疱疹を左腕に発症し、その時点では薬で治りましたが、5年まえに仕事をするようになってから、寒さ、雨のふるまえ、疲れ、ストレスがあると、発症した場所、左手の親指のつけねが神経痛がおきるようになりました。会 社はうつ病になり、去年7月末でやめましたが、まだ神経痛がいたみます。心療内科にリリカをすすめられましたが、眠気で夕方まで寝てしまうので、家事もままならず、現在ガパペンをのんでいます。

心療内科の薬との関係もあるので、ペインクリニックに再度みてもらったほうがよいでしょうか。

神経痛はズキンとするのとぴりぴりしたいたみです。現在抑うつ神経症でなかなか家事もままなりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
ガパペンは特に今飲んでいる心療内科の薬の薬とは相互作用しません。ペインクリニックに再度みてもらう必要はありません。サインバルタもその神経痛にきているかもしれません。その部分へのリドカインパッチも一時的に痛みを軽減します。また,カピサ イシンパッチもその副作用である焼けるような感覚に耐えることができるならば3ヶ月まで有効です。それらのパッチに関してはペインクリニックで相談してください。それらのパッチは今飲んでいる薬と相互作用しません。
心療内科の薬ですが似たような作用の薬であるベンゾダイアゼパン系であるユーパン,メデタックス,リボトリール,フルニトラゼパム,ジアゼパム,アルプラゾラムと選択的セロトニン再摂取阻害剤であるサインバルタとジェイゾロフトを飲んでいます。
選択的セロトニン再摂取阻害剤は抗うつ剤としてそれらは良いですがベンゾダイアゼパン系は習慣性があり長期使用で重篤な副作用が出るので徐々に減らしていき止めた方が良いと思います。担当医と相談してください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問