JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, ER救急医 准教授
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4173
経験:  医師
61793059
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

秋田市在住 妻 64歳 右親指と薬指の爪の根元が腫れて紫色・ずきずきする痛みがあります。爪は厚く黄土色です。10年ぐ

質問者の質問

秋田市在住 妻 64歳 右親指と薬指の爪の根元が腫れて紫色・ずきずきする痛みがあります。爪は厚く黄土色です。10年ぐらい前からです。5年前から開業医の皮膚科に診ていただきましたが原因不明で治りません。よって、3年前開業医の形成外科に診ていただきました。ここで二度爪を抜く手術をしましたが一向によくなりません。爪を抜いても爪は抜く前と同じ爪が生えてきます。この先生も原因不 明でした。この先生の紹介で大学病院の皮膚科を紹介され、数人の先生に診ていただき、四ヶ月経ちましたが、やはり原因不明。細菌の検査・血液検査等一通りは検査したようです。特殊な例のない病気なのか。何度も写真は撮ったようです。痛み止めの薬を処方されておりますが、腫れは一段とひどくなり痛みも増しております。原因がわからないので治療の仕様も薬の処方もできないとは思いますが、このままにしておける状態ではありません。考えられる病名もしくはどちらに専門医がいらっしゃるかお教えください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

爪のお写真をまずは添付していただけますか。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.


写真をお送りしようとしたら、この部分にアイコンがはいりません。よって、写真の送付方法をお尋ねしておりますが返答がありません。Just Answerには写真をお送りしました。


ここに、写真を載せるにはどうすればよろしいのでしょうか。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
これからサイトの方に写真を転送してくださるように私からもお願いのメールをいれておきますね。
そのままお待ちください。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お写真受け取りました。
それで、検査をされたことや何人もの専門家にみてもらったことはわかったのですが、今までに受けられてきた治療法を痛み止め以外に教えて下さいませんか。
抗生物質や抗真菌薬のことが特に知りたいです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

以下の通りです。よろしくお願いします。


お薬手帳から


A開業医


19.07.27~20.12.31パスラロン20ソフト ネドリール錠125㎎ ミノマイシン錠100㎎


      フロモックス100㎎ ゲルナート軟膏0.1%1㎎ イトリゾールカプセル50


 


B開業医


21.03.03フロモックス100㎎ ロキソニン錠60㎎


21.03.11ヒルドイドローション


23.12.07クラリチンレディタブ錠10㎎ オイラックスクリーム10%


24.01.23ジスロマック錠250㎎ ロキソニン錠60㎎


24.01.26リンデロンーVGローション10mL


24.01.30タリビット錠100㎎


24.08.21~24.10.19タリビット錠100㎎


24.11.02~25.01.05クラビット錠500㎎(レボロキサシンとして)


 


大学病院


24.12.26セフゾンカプセル100㎎  イソジンゲル10%


25.01.09ミノマイシンカプセル50㎎  イソジンゲル10%


25.01.23ミノマイシンカプセル50㎎ カロナール錠300 300㎎


25.01.31ロブ錠60㎎


25.03.14ミノマイシンカプセル50㎎ カロナール錠300 300㎎


 


 


 


外に血圧の薬 ノルバルクOD錠5㎎を服用してます。 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
詳しい情報をありがとうございます。
この中で気がついたのは、数々の抗生物質ですが、これに反応されていないということになりますと、一番最初の治療で使われたイドリゾールが唯一抗真菌薬ですね。
これを50mgを半年近く服用されたことにな るのですが、爪の色や形は変わらずとも、痛みや腫れはその当時どうだったか覚えておられたら教えてください。
あと、ステロイドは一度も使われていませんね。
ステロイドは強力な抗炎症剤なのですがどうしてなんでしょうか。私なら痛んで腫れている部分にステロイドの局所注射を施すのにと思ってしまいます。

お返事をお待ちします。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
訂正ですが、ステロイドは使われていても内服薬や注射ではなく、塗り薬としてだけ使われているようです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 お薬手帳にイドリゾールが記録されておりますが、妻の話ではこの当時痛みも腫れもよくならず、原因不明のためしばらく我慢をしていたとのことです。


 ステロイドはお薬手帳に記録ありません。妻はこの薬は聞いたことがないと言っております。したがって、塗り薬としても処方されたことがありません。


 よろしくお願いします。


小柳

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
リンデロンがステロイドなわけです。

さて、乾癬による爪の変化であると言われたことはありませんか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 乾癬 と言われたことはありません。


 どんなものか、ネットで乾癬の写真を見ました。(素人の目ですが)違うように思います。妻の場合爪の根元が大きく紫に腫れております(先にお送りしました写真では光のせいか腫れが小さく色も薄く見えます)。


 また、リンデロン(ステロイド)を塗ってもまったく変化なかったです。


お願いします。


小柳 紀孝

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
それでは、奥様の関節の何処かに痛みや腫れが出たことはありますか。
おそらくこれで質問したいことは終わりだと思うのでよろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 関節 に関しての病気は一切ありません(記憶がありません)。


 私、素人が口にするにははぼったいですが、ネットでいろいろ探してるうち、皮膚非結核性抗酸菌症 というのが目に付きました。・・・妻が金魚を飼っていること・抗酸菌はわかりにくいらしいとのことから・・・でもこれなら6~7人のお医者さんが診てるからとうにわかりますよね。


 今日も痛がってかわいそうです。


よろしく


小柳紀孝

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お答えをまとめたました。
送ろうとしましたらアクセスがうまく行かず送れていません。
お待ちくださいね。
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.

痛くて困っておられてほんとうにお気の毒です。

私も一生懸命いったい何ができるか考えました。

たくさん質問をさせていただいたのにもかかわらず、我慢強くほんとうにありがとうございます。

さて、乾癬による爪の変化ではないかと思うのです。

乾癬は通常とても特徴のある皮膚の状態が伴うのですが、実はそのうちの5%の方は皮膚に問題がでずに爪だけに症状が出ます。

いくつか検索されて爪の写真を見てくださったようですが、実にいろいろな形で爪の変化が現れることをお忘れなく。

奥様の爪は抗真菌薬にも反応しない、そして抗生物質にも反応していません。

菌も見つかっていないわけです。

ですからこの時点で感染症であるとは思えません。

もし感染症であったのなら抗真菌薬や抗生物質で改善していたはずです。たとえ少しでも改善したはずなのにまったく反応がないわけです。

そこに私は目をつけました。

そして5%の乾癬患者のうち爪の変化だけが症状で現れるケースがあるというのを知っていたのでそうではないかと思ったわけです。

乾癬は感染症ではないのでうつりません。

ですから近くにおられるあなたには症状がないわけです。

そしてなんとそのうちの53%-86%の患者さんに指の関節炎が出るとか。

つまり関節炎は炎症ですから痛みが出るということです。

左右対称に爪の変化が現れない場合もあることを確認しています。

この写真をご覧下さい。

http://www.hopkinsarthritis.org/arthritis-info/psoriatic-arthritis/clinical-manifestation/

乾癬による関節炎は指の先端を攻撃します。

そしてソーセージのような指になるんですね。

現在乾癬に関しては完全にやっつける治療法は見つかっていません。

クリームや軟膏は爪の周りに塗っても爪の中に届かないのでほぼ効き目がないです。

リンデロン軟膏に反応されていないのはそのためです。

爪の下の皮膚にステロイドの注射を打たれること、それを強くお勧めします。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18454890

英文ですが2008年に出された論文です。

これによりますと、トリアムシノロン(日本にもあります)を指のブロック注射のあと10mg/mlの分量を爪の下に注射してまた2ヵ月後に繰り返し、71%の改善率を認めたそうですよ。

http://www.skintherapyletter.com/1998/3.6/2.html

同じような論文がここにもあります。

そこで、かかっていただきたい皮膚科の大家がおられます。

日本乾癬学会の理事をされている中川先生です。

http://jspr.umin.jp/

奥様の指の感じに近い写真(いずれも乾癬による爪の変化と関節炎の例です)をここにあげてみますね。ページを下の方までくってご覧下さい。写真が出てきますよ。

http://www.flakehq.com/archives/flakeconf-5.htm

http://torneoblogs.uandes.cl/zoom/4_21.htm

さて、皮膚非結核性抗酸菌症ではちょっと説明がつかない部分があります。

でもこれに関しても中川先生のご意見を伺ったらどうでしょうね。

いずれにしても炎症は痛みを与え続けていますからステロイドの治療は必須であると思います。

時間がかかってしまいましたがこれが私の意見です。

ぜひ参考にされて前へ進まれてください。

docmmartをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


丁寧なご意見に感謝します。


ありがとうございました。


いま、診ていただいている大学病院にも話してみます。その結果を見てからご紹介いただいた先生に相談してみます。


ありがとうございました。


小柳

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
そう言って下さると頑張ってお答えを書いた甲斐があるというものです。
あなたはほんとうに献身的に奥様のことを思って頑張っておられるのでその努力はきっと報われる日が来ると信じます。
そのお手伝いが少しでもこんな私でもできたのであればこんなうれしいことはないです。
おそらくあなた方のことを忘れることはないと思います。
どうかお体にお気をつけになってこれからもお互いに前向きに生きていきましょう。
こちらこそありがとうございました。

医療 についての関連する質問