JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

53歳の会社員男性です。10年前に左耳が突発性難聴になりました。すぐに入院治療しましたが、中音・高音部は戻らず、低音

解決済みの質問:

53歳の会社員男性です。10年前に左耳が突発性難聴になりました。すぐに入院治療しましたが、中音・高音部は戻らず、低音部は70%くらいに戻りました。ただ、左耳は慢性の何種類かの耳鳴りがありますし、いつからか右耳にも若干の耳鳴りが起きるようになりましたが、その まま10年を過ごしました。ところが昨日の仕事中に、これまでと違った感覚(ボーンという反響感と左頭側全体の不快感、これまでと違う種類の耳鳴りなど)が左耳に起きました。このときは比較的すぐに気にならなくなったのですが、今朝早朝、寝ているときにもっと激しい状態になり、目が覚めて不快感から眠れなくなりました。また、聞こえているほうの右耳の耳鳴りも強くなっており、テレビなどのある音が信号音のようになって聞こえます。
以前も、一時耳鳴りがきつくなったときに耳鼻科へ通いましたが、それまでと同じ治療(投薬)で改善はみられませんでした。
ただ、今回はこれまでとは明らかに違う変化なので気になります。
特に聞こえている右耳に影響が出たので、心配です。
病院に行ったほうがよいでしょうか?
そのほか、おすすめがあればご教示ください。
よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

突発性難聴の既往歴とも考え合わせると、内耳に何らかの問題が起きている可能性が高いでしょう。
耳鳴りに関するご相談はこのサイトに数多く寄せられます(1日平均1件以上)。
大多数が、「耳鼻科をあちこち受診したが耳鳴りの原因がわからず、治療しても治らないがどうしたらよいか」というものです。それだけ、一般の耳鼻科では耳鳴りの適切な診断・治療を行うことが難しいということでしょう。

全国的にも数は限られますが、耳鳴り外来を開設している医療機関がございますので、専門性の高い治療を受けられるために、そちらを受診されることをお勧めいたします。

【耳鳴り治療を行っている医療機関】
http://www.takinoma.com/senmon.html

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございました。しかし、残念ながら頂いた情報はすでに知っていることでした。その後、症状は消え、現在は通常の状態に戻っています。ただ、これまでと違った症状で、突発性難聴が発症した時と似ていたので非常に不安です。ご存じのとおり、耳鼻科に行っても同じような治療で普通に診察していただいても余り期待できません。もう少し具体的な助言を頂けないでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答ありがとうございました。しかし、残念ながら頂いた情報はすでに知っていることでした。その後、症状は消え、現在は通常の状態に戻っています。ただ、これまでと違った症状で、突発性難聴が発症した時と似ていたので非常に不安です。ご存じのとおり、耳鼻科に行っても同じような治療で普通に診察していただいても余り期待できません。もう少し具体的な助言を頂けないでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
マイナス評価を賜りまして誠に残念です。
初めに述べてありますように評価はあくまで最終評価ですので、私はこれ以上のお役には立てないものと判断いたします。

具体的な助言、と申されましても、実際に相談者様を診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談では限界があることをご理解いただければと思います。
「残念ながら頂いた情報はすでに知っていることでした」とのことですが、であればその知っていることを、「試行済み: 」の欄に記入されるべきでした。

もし相談者様が実際に専門外来を受診されたら、慢性・反復性の耳鳴りですので、TRT療法(耳鳴順応療法)の良い適応になるかもしれません。

http://www.dizzy-buzzing.com/treatment/trt.html

http://www.ueharaoto.com/trtormiminari.htm

 

この治療法は、耳鳴り外来を有している多くの医療機関で行われていますので、「TRT療法+通院可能な地域名」でインターネット検索をかければ、実施医療機関をみつけることができるでしょう(TRT療法のことも「すでに知っていること」であったならばお読み流しください)。

ちなみにこの治療法は保険が効きません。

http://home.e-catv.ne.jp/jibika/trt.htm


相談者様により有意義な情報を、他の専門家が提供できるかもしれませんので、私はここでオプトアウト(回答辞退)させていただきます。

どうぞお大事になさって下さい。
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


やはり、なかなかこれといった決め手はなさそうですね。頂いた情報をもとに、どこかの病院で相談してみます。


2回も回答いただきありがとうございました。

医療 についての関連する質問