JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

CVSURGERYに今すぐ質問する

CVSURGERY
CVSURGERY, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 64
経験:  医師歴20年以上、複数専門医資格、指導医資格保有
72019546
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
CVSURGERYがオンラインで質問受付中

兄弟についての相談です。 10年以上引きこもりで仕事もしていない40歳です。ほとんど母親以外の人間との関わりが無い

質問者の質問

兄弟についての相談です。
10年以上引きこもりで仕事もしていない40歳です。ほとんど母親以外の人間との関わりが無い状態です。好きな 時に起きて、好きな物だけ食べて、お風呂も毎日入らず気まぐれで入るときは4~5時間も入って家族の迷惑も考えません。
もう少し共同生活をし易くしたいのと、出来れば社会との関わりも持って精神的にも経済的にも自立して欲しいのですが、自分の都合が悪くなると昔されて嫌だったことを引き合いに出して、乱暴な言葉で攻撃して話を反らすので、まともな話し合いができません。
兄弟として以前から自立できる道を早く探す努力をしたほうが良いのではと話していましたが、母親も今までは心配だからと手元に置き、食べたい物から欲しい物も全て買い与えていました。
しかし高齢になってきて、母親も内科・整形外科に通うようになり最近は自分の体調不良も合わさってうつ状態でメンタルクリニックで薬も処方して貰っている状態です。母親も今後いつまで世話をできるか不安になり、なんとか自立して欲しいとやっと考えるようになり、メンタルクリニックの先生や保健所に相談にいってますが、本人の意志で先生に会う気持ちが無いと人権問題になるので強制的な治療は難しいと言われています。
肉体的な暴力を振るうことはありませんが、子供のころから母親に言われたりされて嫌だっつたことを何度も繰り返し話して、全て母親が悪いと責め立てて、自分が起きている時間の大半は母親を拘束しています。母親がどこで何をしていても自分が話したいと思えば大きな声で呼びつけています。精神的な病気ではと思うのですが何か治療をしてもらえる手立てはありませんか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  CVSURGERY 返答済み 3 年 前.

拝読いたしました。

大変な状況で、質問者様としてはもう精神的に疲れ切ってしまうことと思います。ご兄弟の様子から浮かぶキーワードは、共依存、過干渉、パーソナリティーディスオーダー(人格障害)、機能不全家庭です。不躾な言葉ばかりで申し訳ありませんが率直に書きます。10年以上問題を抱えているということは、皆さんが問題ありと思っていながらも手が打てずにその状態が長く継続していたわけです。おそらく成年になって急にそうなったのではなく、子供のころから兆しはあったはずです。文中にお父様のことが出てきません。ご兄弟は母親を拘束しているとすると、家の中での順位はご兄弟が1番、その下にお母様、となります。質問者様はしっかりと客観的にとらえて記載されていますので、順位の中というよりは、傍観者的立場にならざるを得ないように伺えます。一昔前の日本では、絶対的な父親がおり、母親はサポートやパートナーとしての協力関係にあり、子供たちは両親が絶対である環境に育ちました。父親の上にはさらに強力な祖父祖母がいる環境もありました。子供は、その中で絶対に守らなければいけないルールを学びました。母親にぞんざいな物言いをしたら父親が時に張り倒すこともあったでしょう。今でもお母様は心配だからとそばにいて、思うように買い与えていたということから、機能不全家庭、共依存、過干渉という状況があると思われます(過保護と過干渉は違います過干渉の方が難しい状況を生みます)。ご兄弟自身に勿論問題がありますが、子供の自立を促すためには欲しいものをすべて与えていては逆効果だという認識を持たれないお母様にも失礼ながら気持ちの問題があります。このような場合、お母様自身も、過干渉、機能不全家庭に育った可能性が高いのですがいかがでしょうか。お母様自身も不完全なお子様に何不自由なく与えることで何でもしてあげているという自己の満足で終わっており、本当に自立を促すためには母親は厳しいラインを持って子どもと向き合わなければいけないという気持ちがないのは、通常ではありません。人格障害は、このような状況で長期間いた結果とも、生まれつきもった性質とも言われていますが、現在は両者が相まっ て形成されると考えられています。兄弟で同じ環境に育っても、環境になじまず自立するものと、環境に浸かって自立の機会を失う者がいます。後者は、学習障害(LD)、注意欠陥多動(ADHD)などの生まれつきの性質を併存していることもあります。人格障害の中ではおそらく反社会型または自己愛型人格障害に相当するように思われます。また、このような環境に長くいますと、だんだん不健康と分かっていてもその状態を修正しようとすることによりひどい状況になるよりは、ご機嫌を取って何とか穏やかに過ごそうという気持ちが起きてきます。自傷他害が無ければ警察の力を借りたり措置入院も適応になりません。質問者様はそこを何とかされたいとのご相談です。子供でしたら、児童相談所や自立支援がありますが、成人するとまず本人に病識がありませんから(病気ではなく障害であると考えられ、ボーダーライン:境界型と言われますが)、本人から精神科、心療内科にかかることはまずありません。最終的には周囲のほとほと困った家族に無理やり連れてこられる形になることも多いです。というわけで、大変難しい状況ですが、ご本人を病院に連れて行って診察してもらうことは、真っ先にするのは難しいと思います。ご家族が特にお母様および質問者様が病院にいかれて、専門医にご兄弟に対する対応の方法や(例えば要求はこれ以上受け入れないというしっかりしたラインを持つことなど:勇気がいりますが)、返答の仕方を学ぶことはかなり有効です。長年かかって形成された関係は急には正常化しません。長い努力が必要となります。しかし、このような家庭やパーソナリティは、時代の変化もあり急速に増加しており、決して特殊なことではありません。専門家も少ないのですがいらっしゃり、本回答では個人的な紹介はできませんので、上記のキーワードで近くの相談医、長くお付き合いしていただくかかりつけ医を持つことが最も重要かつすぐできることだと思います。質問者様のような客観的にとらえられている方がご家族に一人いらっしゃることは、改善の可能性を高くします。面談もせずに踏み込んだことは述べられませんし、現状も十分把握できていない部分多々ありますので、誤った認識やコメントがありましたら申し訳ございません。一般論として参考にしていただけましたら幸いです。追加質問ございましたら承ります。経過などもお聞きできれば幸いです。

CVSURGERY, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 64
経験: 医師歴20年以上、複数専門医資格、指導医資格保有
CVSURGERYをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


早速の回答をありがとうございました。


率直な表現を拝見して、忘れていた子供のころからの事を思い出し、そこから始まっていたのだと納得しました。


以前は素人ながらも何か解決方法はないかと自分で理解ができる程度の簡単な心理学の本を読だりして、家族に働きかけていた時期もありましたが、年齢が一番下ということもあり、本気に受け取ってもらえず自分の仕事が忙しくなった事も理由にしてここ6年位は傍観してしまっていたことを後悔しています。


思い出したことも合わせて、今後兄弟と接するに当たり注意した方が良い事など更にアドバイスを頂けると嬉しいです、長くなりますが返信します。


 


実は、父親は2年前に他界しています。


父親と母親は折り合いが悪く、子供のころから喧嘩が絶えない家庭でした。


父親と母親はどちらも4~5人兄弟の末っ子で、喧嘩の度に親の兄弟や祖父が仲裁にくる状態で2人で向き合って話し合い問題を解決してきていなかったのでは?と思います(私の主観なので違う可能性もあるのですが・・・)


何がキッカケかは解らないのですが、私が物心がついた時には父親は私を可愛がり私が何か気に入る事をすれば、母親や兄弟に当てつけるように「兄弟と違って私はこんなことも出来るのに・・」と言っていました。そうすると母親は兄弟を庇い守る状況が続いていたので、このころから二人の共依存が始まっていたのかもと思います。


私自身はこのように贔屓されることにい心地の悪さを感じていましたし、母親や兄弟からは「父親のお気に入りだから・・・」と言われることに「自分が望んだことではないのに・・・」と悩みましたが、小学生の高学年ごろには「親も同じ人間だから感情に左右されるのは仕方が無い」と思うことでバランスを取っていたように思います。なぜそう思ったのかは?全く記憶がないのですが、可愛くない子供ではあったと思います。


今母親に聞くと


兄弟は「母親の言うことを聞いて手のかからない良い子」


私は「注意してもすぐに忘れて自分の思う様にするし、何を考えているか解らない子」


だったそうです。


 


また私から見た兄弟は、母親の前では良い子を装っていましたが母親に良く見られるために私のことを告げ口をしたり、自分を良く見せるために上手く使われていた様に思うので、私が兄弟との時間よりも友達との時間を大切にし始めると「変わった」とかなり言われました。私が離れていくことに何か不安を感じていたのでしょうか?


兄弟は繊細で他人の目をすごく意識しますが、自ら相手に歩みよることはしません。自分に害が無いと思う優しい人とのみ付き合っていたように思います。学生時代の友達も少なく、その友達とも高校卒業の進路先が違うようになり付き合いも無くなり、それからは友達と言える人はいないようです。


多分依存性が強いのだと思いますが、一緒にいる人は自分と同じ事をして同じ考えをして欲しいようで、例えば親しい人が自分が嫌いな人とと仲良くしていると、不満に思うようです。昨日まで仲良くしていた人の悪口を聞き、その考えを知ってからは、私には息苦しかったので距離をとる様にしてしまったのですが、別の方法があったのかも?と今でも答えが出でいません。


 


父親が生存中は兄弟と向き合うことをせずに「母親の育て方が悪いからだ」と母親を攻めるだけて、解決に向けての話し合いにも非協力的で引きこもり中でも「父親」対「母親&兄弟」、その他が私でした。


父親が他界したときに「父親」という上から抑えられる存在がなくなったら、変化があるかと思ったのですが、徐々に母親を攻撃して支配するようになり、母親としては「なぜ?」と理解できずに疲れ果ててる状態です。


 


今までは、母親も家庭内の事だし他人に話すのは恥ずかしいと思っている節があり親類にも相談していませんでしたが、メンタルクリニックや保健所の相談員の方にお話を聞いてもらう様になり、遅まきながらも兄弟との距離感を変えていかなければと思うようにはなっています。


しかし頭では理解していても本人を前にすると兄弟のペースに巻き込まれて上手くいかないようです。時間はかかるとは思いますが、母親が兄弟と接するときに注意したら良いことがあれば教えて下さい。


また私が兄弟と接する時に注意した方が良いことがあれば合わせて教えていただけると嬉しいです。


 


思い出すまま書いてしまったので、まとまりの無い読みづらい文章になってしまいすみません。


ご返信をお待ちしています。

専門家:  CVSURGERY 返答済み 3 年 前.

回答遅くなり申し訳ございません。拝読いたしました。通常子供は、両親が相談し、協力している姿を見ながら絶対的な安心を心の底に持つようになります。成人して困難に直面しても、心の底に安心感があれば大抵のことは乗り越えられます。両親の間に喧嘩が絶えない場合は、相談、責任、問題解決などコミュニケーションにより行われる基本的な人間関係を築くモデルが無いまま成長してしまいます。喧嘩はあったとはいえ、皆様を育て上げられたのですから、ご両親も喧嘩しつつバランスのとれた共依存であった可能性があります。質問者様が自立するころにご兄弟が不安であった様子からは、自分の思い通りにしてくれる人を善しとする自己愛的な印象を受けます。自分に対してよい状態であることのみ善しとしますから、慕っていた人でも、身内他人にかかわらず思い通りにならなくなった途端に激しく攻撃したり、自分の都合の良いように変化させるよう周囲に仕向けたりします。こきおろし、ひきはがし などと言われる行動です。黒か白かでしか判断しないとも言われま す。自分を修正してくれる人に対しても、あたかも良薬は口にしないように、難癖をつけて攻撃しませんか。故に心の成長が遅れます。お母様を非難することは自己責任感に欠けています。やはり他罰、自己愛的傾向が強いです。さて、これからのご家族の対応です。過去を振り返り、原因を追究することは治療にはあまり役立ちません。対応の基本は、「だめ」「だいじょうぶ」「」がまん」と四つの「あ」です。まずできないことはできないとルールを決めて、言いなりにならないこと、また不安そうなときには態度でも言葉でもいいので安心であることを伝え、落ち着いたらほめること、そして自分のことは自分で行い、結果も自分で取るようにすることが肝心です。そして激しい言動にしばしば家族は巻き込まれますが、威圧的にならずへりくだらず、安定した態度で、温かく(怒りに同調することではありません)接し、ふだんはあいさつを心がけることで改善をはかります。しかし個人家族には同じ形は二つとありません。面談などのできないオンラインでの回答は、どうしてもマニュアル化したものとなってしまいます。質問者様からすれば(心理学の本などを読まれていますし)、それは分かっているけれど、そうやってもうまくいかないから相談していると思われているかもしれません。ご家族全員で専門医を受診することが理想ですが、難しいと思われます。相談者様とお母様が相談する、安心して落ち着いて話をする姿を見るだけでも心落ち着く効果があります。相談者様とお母様で、人格に関する専門かかりつけ医師を探すことはできますか。オーダーメイドの対応が必要な場合もありますので。医師によっては人格関連は難治で相談にも時間を要し、保険診療範囲での対応が困難であることから対応を敬遠する場合もあります。本格的に向き合ってくれる医師を探すことは思いのほか難しい場合もあります。大変なことですが、ご家族夫々が、ご自身を見つめる良い機会であり、良い方向に向かうための努力であるとと前向きにとらえれば、決して辛い事ではありません。質問者様ご自身のさらなる発展にもつながることでしょう。これというものが提示できず申し訳ありませんが、少しでもお役にたてましたら幸いです。では。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問