JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

骨粗鬆症について悩んでいます。 私は数十年前に喘息でステロイド注射をしており、その後セレスタミンを続けていたことに

解決済みの質問:

骨粗鬆症について悩んでいます。
私は数十年前に喘息でステロイド注射をしており、その後セレスタミンを続けていたことにより副腎機能が低下しました。
その際に医師に将来的に骨粗鬆症になる可能性が高いから、閉経前には検査した方がいい と言われており半年前に一度超音波の機械で足の踵で測定したところ70%と骨粗鬆症と診断されるぎりぎりの数値でした。
そして、半年後の先日測定すると71%と横ばいだったので次は4ヶ月に測定して下がってるようなら投薬を開始するということになりました。

そこで数点の疑問がありますので、教えてください。


1つ目
足の踵で測定する超音波式は精度としては低いと知人に聞いたのですが本当ですか?
DXAという機械がある病院で測定し直した方が正確でしょうか?


2つ目
次回の検診は4ヶ月後ですが、骨密度というのは1ヶ月や2ヶ月でいきなりがくんと下がってしまったりするものではないですか?
71%という骨粗鬆症一歩手前の数値なので不安です。


3つ目
長時間の運転で負担がきた翌日などによく背中が痛くなり肋間神経痛のように激しく痛くなることがあります。痛みは仰向けに、平らなかたい地面に横になって少しすると和らいできます。
筋違いなども考えられるのかな?と思っていましたが、まさか骨密度の低下による痛みもあり得ますか?
骨密度71%辺りでもこんな急激な痛みは現れるのか疑問です。

ちなみにこれとは別件で、少し前に首筋から肩を痛め整形外科で脊髄をX線で撮影してもらった時は医師から特に何も指摘はされませんでした。


以上、3点をお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
1超音波の精度はDEXAに比べ低いのでDEXAで検査してもらってください。
2急に悪くなることはありません。
3骨粗鬆症は骨折を伴わなければ痛みは生じません。骨折であればいつも痛いはずです。筋肉痛のように思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.
先生、初めまして。とても的を得た回答をありがとうございます。回答について数点疑問がありますのでよろしいですか?まず急に悪くなることはないとのことですが、今71%として半年前とでは確かに変化はないの ですが悪くなっていくとしてステロイドを服用している患者だとどれくらいの期間を経て変化していくのでしょうか?ステロイドは副腎機能が低下しているので、それの補充としてコートリルを毎日15mg服用しています。もう1点として、超音波は精度が低いとのことですがそれで測定した結果より実はもっと低いという可能性もあるのでしょうか?それともその超音波の結果より、実は高い場合がほとんどでしょうか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
ある報告では閉経後の女性で副腎機能低下のために8年間コートリルを服用した場合,DEXAの結果は腰椎では-1.21であり,大腿骨頸部では−0.57を 示しました。0は正常で−2.5以下を骨粗鬆症と定義します。恐らく,その場合,骨粗鬆症となるのは20年前後と思います。閉経後に卵巣からのホルモンが無くなるため骨粗鬆症は促進します。48歳ですから閉経(平均52歳)は近いと思います。カルシウムとビタミンDを内服してください。DEXAの結果で骨粗鬆症ならビスフォスフェイトを服用する必要があるかもしれません。
超音波は精度が低いとのことですがそれで測定した結果より実はもっと低いという可能性もあります。DEXAで確認する必要があります。また,その骨量の変化をフォローすることが超音波では難しく,私たちは超音波ではなくDEXAの検査をすることをお勧めします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
なるほど。ありがとうございます。
やはりDEXAの検査を受けた方がいいとのことですが、DEXAが置いてある病院は現在超音波で測定している病院とは別になり2ヶ月先ほどまで忙しくて行けそうにありません。
2ヶ月先まで今の71%という数値を基準に、食べ物や運動に気を付けていれば劇的に減少することはありませんか?
それとも、とりあえず2ヶ月先までは長いので現在通っている病院でカルシウムとビタミンDの内服薬を貰っていた方がいいですかね?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
食べ物や運動に気を付けていれば劇的に減少することはないと思います。カルシウムとビタミンDは薬局等で処方箋がなくても買えます。現在通っている病院でカルシウムとビタミンDの内服薬を貰ってもかまいません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
そうですか。ビタミンDは高カルシウム症などの副作用、後は合わない人もいると知ったので少し怖いのですが、例えばその代わりに最近よくある骨密度アップに効果的なダノンヨーグルトなどのビタミンDが入ったヨーグルトや、魚などを意識して毎日食べるのでも意味合いは同じですか?一日に必要なビタミンD、5.0ugらしいので。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
ダノンヨーグルトなどのビタミンDが入ったヨーグルトや、魚などを意識して毎日食べることで良いと思います。一日,カルシウムを1000mgとってください。カルシウムは2500mg以上とらないでください。ビタミンDはカルシウムの腸からの吸収を促進します。ビタミンDは一日,600−800IUとることから初めてください。一日,4000IUまで安全にとることが出来ます。運動をすることは骨を強くします。早足で歩くことやウエイトを使った運動をしてください。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問