JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

【両腕:ヒジから手先にかけてのシビレ】

解決済みの質問:

お忙しいところ恐れ入ります.42歳(女性)、2012年5月に第2子を出産、現在母乳で育児休業中です. 11月から現在まで、シビレの自覚症状があります(悪化も改善の兆候もナシ). 市の総合病院(整形)で診てもらいました(問診と触診)が、「筋肉痛」と診断、湿布を処方されました. 症状の状況: ・就寝後、夜中の授乳時~午前まで、しびれのため満足に指が動かせない.(パジャマのボタンも、うまくとめられない/はずせない) ・流水でひじから指先まで冷やし、ゆっくりと動かすことを繰り返せば、ある程度 動くようになる. ・ひじから指先まで、借り物のからだのように、感覚がにぶく感じる. ・別の整形(個人)にて、セカンドオピニオンを求めて受診.血液検査とレントゲンからは問題を認められなかった.(血液検査に炎症反応なし=リウマチの疑いなしと言われました) 原因はわからないまま、様子を見ることに.現在に至る. ・手首をそるように90度起こすと、手首に鋭い痛みが走る.逆方向へは問題なく倒せる. なんとか家事はこなしていますが、職場復帰まで2カ月を切っているので、非常にあせっています.このままでは、仕事になりません.どうすれば良いのか、なにをしたら良いのか、途方に暮れています. 何卒よろしくお願いいたします.

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
手根管症候群が考えられます。それは正中神経が手首の腱の部分で圧迫されることで起ります。恐らく育児のために手首を過度に使用したためと思います。その治療としては抗炎症剤の内服,手首の固定,手首へのステロイド注射があげられます。それでも改善しない場合は手術で手首の腱をゆるめ正中神経への圧迫を取り除くことが必要となります。県立病院または大学病院のような大きな病院でもてもらってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

迅速にご回答いただき、ありがとうございます.
いくつか質問させていただいてもよいでしょうか?


 


☞炎症剤の内服,手首の固定,手首へのステロイド注射


この治療法の場合、授乳に影響がでますか?


 


☞手術で手首の腱をゆるめ・・


この場合、手術にかかる時間や金額、リスク、リハビリの必要性、回復までにかかるおよその期間をおしえていただけないでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
痛み止めであるアセトアミノフェンは授乳に影響を与えません。しかし,それは痛みをとることで治療にはなりません。手首の固定,手首へのステロイド注射は有効なことが示されています。手首へのステロイドの局所注射はそのステロイドが授乳にでることは知られていません。問題ありません。
手術時間30分間で通常は外来で 手術を行ないます。健康保険の使用で3割負担で3万円程度です。外科的治療の合併症率はきわめて低いです。進行した手根管症候群では母指のつけ根の筋肉が萎縮してきます。衰えてきた筋肉に対するリハビリが重要となります。手術の前後に母指の屈曲進展の運動を繰り返し行います。自宅でリハビリを続けることが可能です。完全に回復するまでには数週間から数ヶ月かかります。
Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問