JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5年前に受傷 受傷時には外傷性鼓膜穿孔と自己判断し放置 近年、コミニュケーションに不安を抱き受診 外傷性耳小骨

質問者の質問

5年前に受傷
受傷時には外傷性鼓膜穿孔と自己判断し放置
近年、コミニュケーションに不安を抱き受診
外傷性耳小骨離断との診断で手術希望

手術に伴うデメリットが御座いましたらごご教示頂きたいのですが・・・・

宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある 場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

人工耳小骨置換術を行われることを勧められているのだと推察しますが、報告されている合併症は手術の外傷による術後の感音難聴、修復製肉芽種、外リンパ瘻、迷路炎、眩暈、砧骨壊死、鼓膜穿孔、中耳炎、プロテーゼの変位、卵炎窓瘻です。

もっとも危惧され、注意喚起がなされているなされている合併症は感音性難聴ですが、頻度は高いものではありませんので、既に相談者様がコミュニケーションの問題を有していることを考慮すれば、大きなデメリットとは言えないと考えます。

糖尿病の重症度のご記載がありませんが、診察医がそれを承知の上で手術を勧めているのであれば、問題は無いのだと見なしてよいでしょう。

深刻に迷われているのであれば、他院でセカンドオピニオンを受けられることをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問