JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2811
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

昨年11月頃から声帯に粘液質の無色の痰が絡まり、声がれが頻発しています。咳払いして一時的に声が通りますが、数分で喉に

質問者の質問

昨年11月頃から声帯に粘液質の無色の痰が絡まり、声がれが頻発しています。咳払いして一時的に声が通りますが、数分で喉に違和感を覚え、咳払いしないと声が かすれます。 耳鼻咽喉科でファイバースコープを使い声帯の周りを診てもらいましたが、ポリープその他の異常なし。耳鼻咽喉科では原因が分からない様子でした。
しかし、咳払いを頻発するため、職場で迷惑がられています。
61才、男、喫煙無し、飲酒無し、175cm/94kgでやや肥満傾向、杉・ヒノキの花粉症歴30年、8年ほど前に一時的な喘息発作で呼吸困難になったことがありますが、その後は症状が出ていません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。
私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへんお困りなんですね。
喘息もおありということ、アレルギーも持っておられるようで、その痰のような粘液ですが、副鼻腔から流れ落ちたものではないか、つまり後鼻漏という状態になっているのではないかと思うのですが、その可能性は否定されていますか。
副鼻腔のCT検査は受けられたことはありますか。

医療 についての関連する質問